DV・児童虐待予防・防止などに「キャラ」活用できませんか?(函館、七飯、北斗市) | HakodateONのブログ

HakodateONのブログ

LINEでおなじみの、クリエイターズスタンプを作っている人です。
おもに北海道(函館)ネタでスタンプ展開中!


テーマ:
函館、七飯、北斗市とその周辺の「要保護児童対策・DV防止・授産所(授産施設)・ペット保護、里親」などの活動をされている方へ



結論からいいますと…
今、LINEクリエイターズスタンプで販売している「イガッタくん」のキャラクターを活用し、社会的弱者救済・児童虐待予防・防止・減少に関係する事業を考えております。


誰か一緒にやりませんか?


たとえば…

・授産施設と提携し、商品を開発し、販売。その収益を子供虐待防止活動をしている「オレンジリボン」に寄付する。

・キャラクターを使ったグッツ販売をし、そのグッツに児童虐待防止に関する情報を載せる。

・DV・児童虐待防止キャラとして、運営する

など



これらはあくまでも一例で、同じ思いのあるアナタの得意分野と私の得意分野を癒合させ、女性へのDV・児童虐待防止、他社会的弱者救済や殺されそうなペットの里親探しなどの一環を担えればと思っております。



私のできること
・広告代理店勤務なので、広告・広報活動が、かなり得意
・イベント企画運営が得意
・マーケティングの立案を専門としているので、販売力を強化できる。
・イガッタくんシリーズのスタンプ販売が控えている。
(シリーズ1は現在600個程度販売中)
・Twitterのフォロワーが3500近いアカウントを複数持っている。
・イラストレーターやフォトショップをプロ並みに使える。
・商品撮影も自前でできる。




売れることは一つの指針
収益を目的としてはおりませんが、収益を追うことで、活動(商品)の質は確実にあがります。
高いレベルの商品・企画を世の中に提供することで、より「各種防止活動」が目立つ・認知される結果になります。
そして、活動費用も得られ、より多くの方々の力になることができます。


中長期的な活動に。
ボランティアは単発で終わることが多いですよね?
ビジネスモデルとして立ち上げることで、中長期的な活動が可能になります。


結果
多くの「DV、児童虐待、捨てられているペット達、社会的弱者の方々」に手を差し伸べ続けることが可能となります。




今、この瞬間も苦しんでいる子供、女性がいます。

捨てられ、殺されているペットもいます。

しかも、アナタのすぐそばにも。

函館の児童虐待数は増加の一途



少しでも興味があれば、お話しだけでもしてみませんか?



私からのお願いは一つ。

函館ご当地妖怪の「イガッタくん」
 ※バージョン2審査待ち
 ※イガッタくんTwitter

函館ご当地妖怪の「がごめっち」
 ※LINEにてスタンプ審査中

でこれば、このどちらかのキャラクターに
関連する商品であることです。


函館ご当地キャラ



例えば…
・がごめ昆布を練り込んだ「がごめっちパン」
・キャラクターのぬいぐるみ
・キャラクターグッツ
などなど

でも、このブログだけでは想像するのは難しいと思いますので、まずはご連絡頂ければと思います。


長くなりましたが、まずはメール下さい。

ここをクリック(gmailです)

※gmailからのメールを受信できるようにお願い致します。


函館、七飯、北斗市とその周辺の「要保護児童対策・DV防止・授産所(授産施設)・ペット保護、里親」などの活動をされている方からや、それらに興味関心がある方からのメールお待ちしております!

















HakodateONさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス