函館2歳ステークス2018の予想と傾向データ。

函館2歳ステークス2018の予想と傾向データ。

第50回 函館2歳ステークス(GIII)2018【2歳オープン 1,200m (芝)】 レースの傾向、軸馬、レース傾向などなど、函館2歳ステークスに関する情報を配信中。


テーマ:

7/22(日)函館11R・芝1200mにて
《函館2歳S》が開催されます。

 

 




JRA2歳馬による最初の重賞戦。

各馬の力関係を計る上でも重要な一戦だ。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

==========
函館2歳Sの出走馬
==========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ラブミーリッキー 54.0 松岡正海
1 2 ガイセン 54.0 藤岡康太
2 3 スズカカナロア 54.0 池添謙一
2 4 トーセンオパール 54.0 勝浦正樹
3 5 カルリーノ 54.0 藤岡佑介
3 6 アスターペガサス 54.0 小崎綾也
4 7 イチゴミルフィーユ 54.0 伊藤工真
4 8 エムティアン 54.0 三浦皇成
5 9 ロードワンダー 54.0 中井裕二
5 10 ラブミーファイン 54.0 丸山元気
6 11 ナンヨーイザヨイ 54.0 岩田康誠
6 12 ラブリロンリロンス 54.0 菱田裕二
7 13 レコードチェイサー 54.0 阿部龍
7 14 ヒストリコ 54.0 横山武史
8 15 ホールドユアハンド 54.0 C.ルメール
8 16 ニヴィアン 54.0 古川吉洋


以上、出走馬16頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ナンヨーイザヨイ

新馬戦で地力の高さを見せつけた。

馬場のいい開幕週だったとはいえ
今年の函館の2歳戦で最速となる
1分9秒4というタイムを叩き出した
走りは評価できる。

3,4着馬も既に勝ち上がっていることを
考えれば強い競馬だったと言えるだろう。

新馬戦並みのパフォーマンスを発揮し
父エイシンフラッシュに重賞タイトルを
届けられるかにも注目したい。


スズカカナロア

今年の牝馬二冠馬である
アーモンドアイなどを輩出した
ロードカナロア産駒。

初年度産駒がデビューした昨年は
JRAの2歳戦で30頭が勝ち上がり
仕上がりの早さにも定評がある。

前走のメイクデビュー函館を勝った
本馬にも父親を思わせるようなスピードと
パワフルさが受け継がれている。

気になるのは中1週というローテーションだが
疲れは感じられない様子。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


アスターペガサス

父は12週の間にG1を5連勝し
アイアンホースの異名をとった
Giant's Causewayで
母はアメリカ・ダート1400mのG1勝ち馬。

本馬は両親から非凡なるスピードを
受け継いだ将来性豊かな素質馬で
新馬戦では2馬身半の差をつける圧勝。

調教でも軽快な動きを披露するなど
状態面にも不安は感じられない。


ホールドユアハンド

福島ダート1150mの新馬戦を快勝。

父は2009年、2010年度の
JRA賞最優秀ダートホース。

今回は芝替わりがポイントだが
6週連続開催の最終週で時計のかかる
決着になれば、上位争いに食い込む
シーンもありそうだ。

鞍上は今夏函館リーディング首位の
ルメール騎手との新コンビ。


カルリーノ

母は現役時代にラベンダー賞
(函館・芝1200m)2着の成績があり
繁殖入り後もデビューした7頭の
産駒全てがJRAで勝ち上がっている。

本馬は新馬戦こそ4着に敗れたが
メンバーがそろった2戦目で
きっちりと勝ち上がってきた。

スピード能力が高く
重賞でも引けは取らないはずだ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-3-0-3】
2番人気【4-1-2-3】
3番人気【1-1-1-7】
4番人気【1-0-2-7】
5番人気【0-2-1-7】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【0-1-1-28】
10番人気以下【0-2-2-57】


1番人気、2番人気の複勝率が70%と
人気サイドは堅実な成績。

ただし、2,3着には二桁人気馬が
4年連続で馬券に絡んでおり波乱含み。

今年もヒモ荒れに警戒したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-2-0-12】
2枠【0-0-3-13】
3枠【0-3-2-11】
4枠【0-2-1-15】
5枠【2-0-0-16】
6枠【4-1-1-11】
7枠【1-1-0-15】
8枠【1-0-2-15】


勝ち馬は4枠から内は1頭のみで
あとはすべて5枠より外から。

5枠よりも外枠の好走率が高く
特に6枠が最多の4勝をあげており
勝率・連対率・複勝率でトップ。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-1-0-8】
先行【3-4-3-23】
差し【4-3-5-37】
追込【1-2-1-40】


洋芝が使われているのが特徴で
非常に時計がかかるコース。

最後の直線は約260mと非常に短く
ある程度前にいないと厳しい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========


2歳戦が始まって約1か月半。

この函館2歳Sは2歳世代最初の重賞競走だ。

 

面子を見ていくと16頭中12頭が無敗で
そのうち地方から参戦の1頭は2勝馬。


ただし、函館の芝1200mで新馬戦を
勝ち上がったのは4頭だけ。


昨年は、2着3着に入った馬がこの組で
勝った馬は未勝利勝ちだったものの
新馬に続いてこのコースでの戦いだった。


オーバーペースになりがちな
レースであることから
後方からの馬にもチャンスはあるが
基本的には前目で戦える馬が有利。


主力を形成するのが1戦1勝馬ということもあり
人気に拘りすぎると痛い目に遭う。


何事もバランスが大事といったところか。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【アスターペガサス
=============

先行集団でレースを進めた
新馬戦の内容がよい。

前を見据えて直線に入ると
ライバルたちが力尽きる中
後方から脚を伸ばす馬を尻目に
2馬身半の差をつける圧勝だった。

十分に重賞級といえるだろう。


対抗は【トーセンオパール
=============

牝馬限定の新馬戦で2馬身千切る
圧巻の走りを見せた。

タイムが平凡なのは、
相手が弱かったからではなくペースのせい。

あのペースであの走りを見せられては
ココでも期待しないわけにはいかない。


そして【ナンヨーイヨザイ
=============

3kg軽い相手をしっかりと差しきったところに
可能性を感じる。

タイムもメンバーで1番。


最後に【スズカカナロア
============

雨馬場でしっかりとしたレースを見せてくれた。

週末の予報は曇りだが
降っても晴れても前進しそう。


以上を加味した馬券戦略は

◎ 6.アスターペガサス
○ 4.トーセンオパール
▲11.ナンヨーイザヨイ
☆ 3.スズカカナロア


上記4頭のボックスで勝負予定。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSにて
競馬の最新ニュースをリアルタイム配信しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス