暑い、暑い、今日も真夏日の函館 | 第一ゼミナール塾長のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

第一ゼミナール塾長のブログ

1982年創立、函館の予備校・学習塾第一ゼミナール代表者のブログです。
小・中・高・高卒生の学力向上、志望校合格のため、日々全力で奮闘しています。
勉強のこと、校舎の出来事、身の回りの出来事、その他気の向くままに書き連ねたいと思います。

函館は日中の気温が高くなり、函館にしては珍しく、7月にして早くも真夏日となりました。

夏期講習会が始まりましたが、校舎のエアコンの「涼を求めて」大賑わい(??)です。

 

個人的には仕事を終えてからのビールのあまりの美味しさに、「年中この季節がいいな」と思ってしまいますが、実は暑さは大の苦手の「北方民族、冬になれば寒さは苦手の「南方民族」、要はわがままなだけです。

 

とうとうオリンピックが開幕します。

国民の大多数が「反対か延長」と思っている中での開催はまさに「強行」です。

このオリンピックに大義など1ミリもありません。

IOCとその貴族たち(バッハ会長は1泊300万円の東京オークラにご宿泊)、スガさんたち、オリンピックをやらないと困る人たちだけの思惑で突っ走っています。

 

大会期間中の感染拡大は必至です。

終了後については予測もつきません。

オリンピックで盛り上げて、スガさんは総理・総裁の再選だそうです。

竹中平蔵のパソナや電通は儲けすぎて笑いが止まりません。

国民の大多数はコロナ感染拡大に恐怖し、相次ぐ「緊急事態宣言」やら「まん延か防止策」で疲弊しきっています。

この東京オリンピックはおそらくオリンピックの負の歴史として末永く記憶され、「オリンピックの終わりの始まり」となるでしょう。

 

オリンピック反対はアベ氏に言わせると「反日」なんだそうです。

してみると国民の大半は「反日」という大いなる矛盾を承知での発言なのでしょうか。

「ポツダム宣言」を読んだことがないアベ氏が「戦後レジュームの精算」、法学部卒でありながらまともに憲法を読んだことがないアベ氏が「憲法改正」を唱えるのですから、「反日」の矛盾など気にもかけないかもしれませんが。

 

ともあれ、始まる以上は感染が拡大しないことをただただ祈るほかはありません。

 

にしても、暑い函館の今年の夏です。