大谷君の二刀流は是か非か | 第一ゼミナール塾長のブログ

第一ゼミナール塾長のブログ

1982年創立、函館の予備校・学習塾第一ゼミナール代表者のブログです。
小・中・高・高卒生の学力向上、志望校合格のため、日々全力で奮闘しています。
勉強のこと、校舎の出来事、身の回りの出来事、その他気の向くままに書き連ねたいと思います。

高卒クラスの夏期講習が昨日から始まりました。

 

普段は教室のライブ授業と東進本科コースで学んでいますが、夏期講習は演習を主とした「アウトプット」学習です。

大量のプリントをどんどんこなしていきます。

知識の定着と答案作成の習得を目指しています。

7月26日からは、これに本科コースの夏期講習講座が加わります。

 

受験の天王山=夏に我が浪人生は来週の合格を賭け必死です。

 

大リーグの大谷翔平君は、ホームランで、あの松井秀喜さんに並ぶ31号をかっ飛ばしました。

目下、大リーグのホームラン王です。

このところヒットのほとんどがホームランです。

一体どうなっているんでしょうか。

まさに怪物です。

 

ピッチャーとしては3勝、外野席のぜいたくですが、確かに少し物足りません。

そろそろ打者に専念した方が、という声が出始めました。

いくら26歳の若さとは言え、打者としてほぼ毎試合出て、その上、投打の二刀流で出場しているので、かなり体力は消耗しているはずです。

疲労からの怪我が心配です。

 

ですが、大谷君は「投げて、打って、走って、守って」を心から楽しんでいるのだと思います。

心底野球が好きなのです。

投げるのを止めたら、ヒットさえ出ないかもしれません。

 

今少し、大谷君の好きにさせましょう。

シーズン60本のホームランを打つピッチャー大谷翔平、もうこんな選手は出ないでしょう。