医療ミスの定義

テーマ:

 娘が一ヶ月程前から、よだれかぶれで、口元やあごの周りが真っ赤になり一部は皮がむけており、ここ数日は夜かゆくて起きては泣き叫ぶぐらいで気の毒であった。

 もちろん、行き着けの小児科医に塗り薬を処方してもらっていたのだが、いっこうによくならず、再度行ってみると、薬のつけ方が足りないということだった。そこで、薬を塗る量を増やしたものの、改善のきざしが見られないので、自分もアレルギー皮膚炎を見てもらった立川の皮膚科医まで連れて行った。

 そうしたところ、これまで処方してもらっていた薬では効果がなく、むしろ悪化するばかりで、全面的に変えることとなった。


 小児科医は、よだれで雑菌がわき、それにより赤くなっていると判断し、保湿剤と抗菌剤を処方していたのだが、皮膚科医によると、雑菌は常在しており、それが赤くしているのではなく、抗菌剤により排除すると却って悪くなるので、湿疹を治す薬をつけるしかないとのことだった。

 もし、雑菌が原因とするなら、どのような雑菌がいるか顕微鏡でみなければならず、そんなことは内科医や小児科医の施設では不可能だとのことだ。


 自分も経験があるのだが、医者の素人目にもおかしいと感じる見解により、むしろ症状が悪化したり、もともとは病気ではないものを本当に病気にされたりして、多大な損失を被ることがある。そして、こういうときに症状の改善が見られないことを話すと、こちらが悪いような言い方を、どちらが客なのかわからない態度でしてくる。仕方がないので、他の医者に行くと、それまでの医者がとんでもない診察をしていたことが判明する。


 診察や手術によって患者が死に至ったり、重大な障害や病気を患うようになった場合には、さすがに医療ミスとして医者の責任が認められるが、そうでもなければなかなか責任は認められないのが現状だと思う。

 医者に言わせりゃ、素人にはわからねえよ、という話しになるのだろうが、一般業界で素人でもわかりそうなことでミスをしたら、とても許されるものでない。それが医者にだけ許されるというのは解せない話しだ。


 一般の人からしたら医者も士業も威張っているように感じられるのだろうが、一応士業の端くれにいる自分からみると、よくこんな態度で商売やってられるなと感じる医者をよく見る。

 士業は、様々な規制撤廃や度重なる不景気によって競争が激しくなり、接客態度も相当に改善せざるを得なくなったが、医者は景気に関係ない上に不足している現状では、殿様商売をしていてもやっていけるのだろう。


 医者がより適切なサービスを患者に対して提供するように、より広範に医療ミスによる責任が認められるよう、弁護士の方々には頑張ってもらいたいものだ。


 ともあれメリークリ○○ス!

 (誰ですか?変な想像したのは?)

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ