フードシステムソリューションという、食品に関する技術の展示会を見に、先週に引き続いてビックサイトまで行って来た。もともとは8月下旬に行う予定であったのが、節電のためこの時期に延期されたらしい。


人民艦船的特許事務所奮闘記

 今回の展示会では、割と名刺交換に応じてくれた(というか求めていた感もある)し、各ブースの人とも多少話ができてよかったと思う。

 この展示会では、自分がこの業界に入る前に、短いながらも勤めていた食品検査機関のブースもあった。最近は、ユッケの大腸菌の問題や、原発事故による食品の放射能汚染の問題で忙しいようである。ここを辞める頃は、弁理士になって見返してやると思っていたものだが、今の特許業界の現状を見ると、我慢して残っていた方が安定していてよかったのではないかとも思ってしまう。

 しかし、どうであろうか?当時お世話になった上司の動向を聞いてみたところ、現在は総務部長をされているそうである。この検査機関は、余程のことがない限り、男性は理系出身者しか採用せず、そういったことからすると、総務は閑職的要素が強い部署だ。

有能な人であったが、上の人にも言うことは言う一方で、あまりパフォーマンスをせずマイペースであったから、上層部からは受けが良くなく、いわゆる出る釘は打たれる的な扱いを受けたのかも知れない。それを考えると、いにくいところであり、こうやって独立できる資格をとったことが正解だったのかも知れない。


 この展示会の他に、中小企業の産業交流展もやっていた。元はと言えば、こちらを見ようとしていたところ、上記の展示会をやることを知り、行くことにしたのである。

 しかし、上記の展示会をメインで見ることにして正解だったと思う。技術的に関心が強い内容だったし、どのみち中小企業のブースも多かったからである。


 日本ブログ村のブログランキングに参加してます。読んでいただいた方は、下記のボタンをクリックしてください。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ