私自身はうそをつかないこどもでした。


1.うそをついても、現実は変わらない。


2.うそをついてまで現実を隠そうとしない。


3.うそをつく可能性のある相手が、現実を受け止める許容量が、大きい。


4.うそをつくところに脳みそを使うより、変わらなかった現実をどうするかを考える。


5.現実をどうするか、自分で何とかなるときには誰にも聞かず、何とかする。


  自分の力では何とか出来そうにないときには、相手の力を借りるために、


  現実の情報を共有して、何とかしようとする。


6.よって、うそはついてる暇がない。


という思考回路を持つように教育されたからです。


そのメインの人は、祖母でした。


昨日の記事の、ジャガイモ畑の、おばあちゃんです。


彼女は、仕事をしながら、私の話を聞いてくれる人でした。


基本的に、座ってする作業のときです。


床の拭き掃除とか、目線をどこに持っていかなければらないかが


はっきりしているときにしゃべると、びしりとしかられました。


二人でする、座ってする作業。


洗濯物をたたむとき。


もやしの根っこを取るとき。


いりこのわたをとるとき。


大豆小豆類の虫食いの選別のとき。


そういうときに、私の状況をひたすら聞きだすわけです。


そんな意識はなかったけれど、


学校でどんな勉強をしてきたか。


クラスの中での人間関係(私は喧嘩の行商人だったので、ここは念入りに)。


学校の行事は次はなにがあるか。


彼女自身の話は一緒に住んでいる間はほとんど訊いたこともなく、


祖母は私の状況についての情報共有に


命を懸けていたような気がします。


そうすると、私は現実を全て握られているから、


うそをつく余地は基本的にない。


でも、自分を受容してくれていることがよくよくわかっているので、


そこに不満を持つことはなかったのでした。



さて、祖母も亡くなり、私は家庭教師になりました。


私は教え子のうそに乗っかります。


どこまでも。


見え透いていても、見え透いていなくても。


ひたすら、その話を前提として話を進めます。


すると、疲れてきた教え子が、


うそであることを暴露してしまいます。


「おつかれ」


と私はいいます。


私は大丈夫だよ。


大人だし、君の家族じゃないんだから、


なにがあったって驚かない。


大体のことはね。


でも、驚いたとしても怒らない。


怒れないよ。


もっと本当のことを言っちゃいなさい。


もしご家族のかたに話を通す必要があれば、


うまく通してあげる。


もし君が私と話をすることで、自分で何とか出来るなら、


いわないから大丈夫。


ほかの人に話すときにはあらかじめ君にも言うからね。


とにかく大事なのは、


うそをつかなくても済む状態にすることだから。


そのための協力体制を敷きたいんだ。


私はね。


だって、うそって、疲れるし。


ね?


そう、言うかな?


そんなときに、どこかにいるかもしれないしいないかもしれない、


祖母のことをふわーと思うのです。


おばあちゃんの教育のDNAは、こんなところにも息づいてたねえと。