相続手続きには、どんなものがあるの?

 

 

 

主な相続手続きを紹介していくけど、

すべてやる必要はないんだ。

該当するものだけやれば大丈夫だよ。

 

 

死亡届

死亡診断書または死体検案書を用意し、

7日以内(国外で亡くなったときは、3ヶ月以内)に、

市町村役場に提出してね。

 

 

世帯主変更届

届出人の印鑑と身分証明書などを用意し、

14日以内に、市町村役場で、手続きをしてね。

 

 

児童扶養手当認定請求書

戸籍謄本・除票を含む住民票の写し・

所得証明書などを用意し、世帯主変更届と

一緒に、市町村役場で手続きをしてね。

 

 

・国民健康保険資格喪失届

健康被保険証などを用意し、14日以内に

市町村役場で、手続きをしてね。

 

 

後期高齢者医療資格喪失届

後期高齢者医療被保険者証などを用意し、

14日以内に、市町村役場で、手続きをしてね。

 

 

介護保険の資格喪失届

介護被保険者証などを用意し、

14日以内に、市町村役場で、手続きをしてね。

 

 

印鑑登録証の返却

印鑑登録証は、早めに、市町村役場に返却をしてね。

 

 

住民基本台帳の返却

住民基本台帳カードは、早めに、市町村役場に返却をしてね。

 

 

運転免許証の返却

運転免許証は、戸籍謄本など持参し、

早めに、警察署に、返却をしてね。

 

 

パスポートの返却

パスポートは、戸籍謄本などを持参し、

早めに、都道府県旅券課に返却をしてね。

 

 

年金受給停止

年金証書と戸籍謄本などを用意し、

14日以内(国民年金は10日以内)に、

年金事務所で、手続きをしてね。

 

 

未支給年金請求

年金証書と故人と請求者の戸籍謄本・

世帯全員の除票を含む住民票・

振込先の口座番号などを用意し、

早めに、年金事務所で、手続きをしてね。

 

 

国民年金死亡一時金裁定請求書

年金手帳・故人と請求者の戸籍謄本・

世帯全員の除票を含む住民票・

振込先の口座番号などを用意し、

2年以内に、年金事務所で、手続きをしてね。

 

 

国民年金遺族基礎年金裁定請求書

年金手帳・故人と請求者の戸籍謄本・

所得証明書・死亡診断書

世帯全員の除票を含む住民票・

振込先の口座番号などを用意し、

5年以内に、年金事務所で、手続きをしてね。

 

 

国民年金寡婦年金裁定請求書

年金手帳・故人と請求者の戸籍謄本・

所得証明書・死亡診断書

世帯全員の除票を含む住民票・

振込先の口座番号などを用意し、

5年以内に、年金事務所で、手続きをしてね。

 

 

遺族厚生年金裁定請求書

年金手帳・故人と請求者の戸籍謄本・

所得証明書・死亡診断書

世帯全員の除票を含む住民票・

振込先の口座番号などを用意し、

5年以内に、年金事務所で、手続きをしてね。

 

 

国民健康保険葬祭費

葬祭費支給請求書・健康保険証・

振込先の口座番号・葬儀社の領収書などを

用意し、葬儀の日から2年以内に

市町村役場で、手続きをしてね。

 

 

健康保険の埋葬料

健康保険埋葬料請求書・健康保険証・

事業主の証明書・死亡診断書・

振込先の口座番号などを用意し、

2年以内に、年金事務所または

健康保険組合で、手続きをしてね。

 

 

・労災保険葬祭料

葬祭料請求書・死亡診断書などを用意し、

葬儀の日から2年以内に、

労働基準監督署で、手続きをしてね。

 

 

労災保険遺族補償給付

遺族補償年金支給請求書・死亡診断書・

故人と請求者の戸籍謄本・世帯全員の

除票を含む住民票・所得証明書などを用意し、

5年以内に、労働基準監督署で、手続きをしてね。

 

 

高額医療費支給申請

高額医療費支給請求書・高額医療費払い

戻しのお知らせ・健康保険証・医療費の領収書・

振込先の口座番号・戸籍謄本などを用意し、

医療費を支払った日から2年以内に、

市町村役場(国民健康保険の方)、年金事務所

または健康保険組合(健康保険の方)で、手続きをしてね。

 

 

簡易保険

保険証書・身分証明書・死亡診断書・

会社所定の死亡証明書・受取人の戸籍謄本・

世帯全員の除票を含む住民票などを用意し、

5年以内に、郵便局で手続きをしてね。

 

 

生命保険

死亡保険請求書・保険証券・身分証明書・

死亡診断書・故人の住民票の除票・

受取人の戸籍謄本と印鑑証明書・

保険の領収書などを用意し、3年以内に

保険会社で、手続きをしてね。

 

 

不動産の名義変更

申請書・遺産分割協議書(または遺言書)・

故人と相続人全員の戸籍除籍謄本・

故人と相続人全員の除票を含む住民票・

相続人全員の印鑑証明書・取得者の住民票・

固定資産評価証明書などを用意し、

法務局で、手続きをしてね。

 

 

預貯金の名義変更や払い戻し

依頼書・遺産分割協議書(または遺言書)・

故人と相続人全員の戸籍除籍謄本・

相続人全員の印鑑証明書などを用意し、

各金融機関で、手続きをしてね。

 

 

株式の名義変更

株式名義書換請求書・株券・

遺産分割協議書(または遺言書)・

故人と相続人全員の戸籍除籍謄本・

相続人全員の印鑑証明書などを用意し、

証券会社で、手続きをしてね。

 

 

・自動車の名義変更

申請書・手数料納付書・自動車検査証・

使用者の車庫証明書・自動車税納付済証・

自賠責保険証・遺産分割協議書(または遺言書)・

故人と相続人全員の戸籍除籍謄本・

相続人全員の印鑑証明書などを用意し、

15日以内に、陸運局で、手続きをしてね。

 

 

固定電話の名義変更

電話加入権等承継届・故人と相続人全員

の戸籍謄本などを用意し、日本電信電話

株式会社で、手続きをしてね。

 

 

遺言者の検認

申立書・遺言書・故人と相続人全員の

戸籍除籍謄本などを用意し、早めに、

家庭裁判所で、手続きをしてね。

 

 

相続放棄

申立書・故人の住民票の除票と戸籍除籍謄本・

申立人の戸籍謄本などを用意し、3ヶ月以内に、

家庭裁判所で、手続きをしてね。

 

 

準確定申告

確定申告書・確定申告書付表・

給与と年金の源泉徴収票・配当通知書・

社会保険料控除証明書・生命保険料控除証明書・

医療費の領収書などを用意し、4ヶ月以内に

税務署で手続きをしてね。

 

 

相続税の申告

相続税申告書・故人と相続人全員の

戸籍除籍謄本・住民票・印鑑証明書・

相続関係図・所得税準確定申告書・

贈与税の申告書・遺産分割協議書(または遺言書)・

贈与財産の明細・相続財産の明細・債務の明細などを

用意し、10ヶ月以内に、税務署で、手続きをしてね。

 

 

 

 

 

どう? 相続の主な手続き、伝わった?

 

 

 

 

う~ん。伝わったけど、まさか、こんなにあるとは・・・

 

 

 

 

そうだよね。

手続きごとに、あちこち行かなきゃ行けないし、大変だよね。

 

 

 

 

それにさ、聞いたこともないような書類もいっぱいあったし・・・

 

 

 

 

もしかして、戸籍除籍謄本とかのことかな?

相続人を確定するために、必要な書類だよ。

 

 

 

 

相続人の確定? 確定が必要なの?

 

 

 

 

うん。相続人の確定は、必須だよ。

 

次回は、相続人の確定について、紹介するね。