2008-07-31 10:51:15

OPEN DOOR

テーマ:JAPAN
とうとう明日から8月。
とうとう、アルバム発売まで2週間。

インタビューも今日で一段落。

掲載予定の雑誌とWEBsite。
LOUD
REMIX
FLOOR
JAZZLIFE
MEDIA SPICE!
KEYBOARD MAGAZINE
CLUB JUICE
ADLIB
SWING JOURNAL
以上雑誌
どうぞ書店などでチェックしてみてください。

J-JAZZ NET
JT STYLE CAFE
以上Webインタビュー

さて今日から
アルバム収録楽曲について、
曲作りから出来上がりまでの思い出話をしようと思います。

まず1曲目のOPEN DOOR。
この曲は10年ぐらい前
「カイマ」というバンドで演奏していた
「縄文」という曲をリニューアルしたものです。
当時の「カイマ」のメンバーは、
岡淳(ts)杉本智和(b)藤井伸昭(ds)吉澤(P)
いわば裏スリープウォーカーのようなバンドでした。

今回、初めて世の中に出すにあたって、

得体の知れないスピード感、
そして
溢溢としたエネルギーの咆哮

この二つにこだわりました。

富士山が見える山中湖のスタジオで録音しました。
まだ外は雪が残っていて、
夜はからだの芯まで冷えそうなほど寒かったです。
でも、昼間は天気もよく、
透き通った空気がとてもおいしかったな。

五十嵐一生は、
この曲に限らずオファーした曲を、
みっちり練習してきてくれていました。
ブレスやタンギングなどのニュアンスを
ある程度伝えてから、緑川氏と打ち合わせてもらいました。
ソロも含めた構成は、
沖野修也コ・プロデューサーの意見を参考にさせてもらいました。
彼のスタンスは、あくまでもDJの立場を貫きつつ、
場の空気を読んでいい意味で中和する、
という本来のプロデューサーの役割も担う、
というものでした。
スタジオでは、プレーヤーとして集中したい僕としては、
とても助かりました。

ベースのパターンや、ドラムのビートの出し方、
五十嵐のソロの後半などでバックがどうやってプッシュするか、
などなど、
みんなが意見を出し合ってくれたおかげで、
とてもいい緊張感のなかあっという間にOKテークがとれました。

珠也のドラムソロは、
この曲の暴発的な疾走感を象徴していて、
とても好きです。

明日は2曲目のTIMEについて書いてみます。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-07-29 11:40:36

ピーマン大好き

テーマ:Cook
子供の頃から、ピーマンは好きでした。

夏以外でも売られていますが、
やはりこの暑い季節に食べると、
元気が出てきます。

ここ最近、青椒肉絲みたいに
長い細切りにするのが気に入ってます。

じゃこや桜えびなんかを入れて、
食感にアクセントを付けたりします。

ピーマン特集の次は、
夏野菜をいくつか。


きゅうりの皮はむきます。
ブルーチーズを散らせます。
ギリシャ風サラダ、というメニューで
外で食べたものをアレンジしました。
バジルは自家製のものです。
匂いが市販のものより全然くるんです。

次は、オクラ山芋なめこのネバネバサラダ。
これも、スーバーで売っているやつを見て、
あれが食べたいなー、と思ってつくりました。

茄子もとてもおいしい季節になりました。
下に敷いた肉みそは、
ネットに転がってたレシピを参考にしました。
中華調味料のウェイパーを使用しています。


鶏もも肉。三品。

豆腐入り親子丼

鶏もものオレンジソース煮


一枚肉のソテー。バルサミコソース。


ここからはアラカルトです。

炒りコンニャクと若竹の煮物

牛肉のしぐれ煮

銀鮭のムニエル

アスパラともやしの炒めもの

ビフテキ入りほうれん草のパスタ。アボカドソース

いっぱい食べて、
夏バテせずにがんばりましょう!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008-07-28 12:23:44

たまや〜

テーマ:Blog
毎日、暑い日が続きますね。

土曜日の夕方、
家からすぐ近くにある昭和記念公園で、
花火大会がありました。

打ちあげ直前に小雨が降り始めたんで心配だー。
打ち上げが始まると、不思議なことに、
雨はほとんどやみました。

一緒に花火を見てた、俳優のGさんが
「花火見てると自然と”ウルッ”とくるよね。」
といいました。
身長2メートル近い大男の彼が、
花火を見ながらウルッと涙を流している絵を、
想像して思わず吹き出しそうに。
いろんな花火の種類があって、
人によってそれぞれ好きなタイプが違うのも、
面白いなー。
僕は、導火線が長くて、
どかーんと大きな一発花火
(色がない方がよりいいかな)
それから、放射状にひろがったあと、
しだれ柳のようにゆっくりと落ちていくもの。

たまや~。
ちなみに僕のコンピュータで「たまや」と入力すると
即座に「珠也」と変換されてしまいます。(笑)
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2008-07-26 12:14:45

憧れの人々に会いにいく

テーマ:Blog
昨日は、朝10時からレコーディング。
詳細はまだおつたえできないのですが、
今回のアーティストから、
僕の前作の中から一曲カバーしたいという、
ありがたい申し出があり、
プロデュースを引き受けました。

3曲分のピアノを録音し、
午後4時前に田町のスタジオを出て、
うだるような暑さの中、
今度は椿山荘に向かいました。

実はこの日、
将棋界の大きなイベントがありました。

先頃、羽生善治氏が名人に返り咲いたのですが、
そのお祝いパーティがあったんです。

将棋の大ファンの僕ですが、
実はナマの棋士を見るのはこれが初めて!

普段、めったに緊張することのないぼくが、
とてもドキドキしてしまいました。

初めてお会いした羽生さんは
とても爽やかでかつ堂々としていました。

それにしても、
700人ぐらいの列席者全員をおもてなししてまわるのは、
本当に大変そうです。
それでも嫌な顔一つせずに、しっかり相手の目を見て
話しを聞かれていたのが印象的でした。

会場はまるで宝の山。
神武天皇以来の天才とうたわれた
加藤一二三先生にもお目にかかることが出来ました。

一緒にうつっているのは僕の代理人の寺石さん。

さらに現在、王位戦で羽生さんと死闘を繰り広げている
深浦王位にも遭遇。
この就位式の前日は第2局を戦っていたんです。


このかたは女流棋士の早水千沙先生
東京西部の道場の情報を大変親切に教えていただきました。
将棋チャンネルなどでみると、少しこわもてな方なのかな、
と思っていましたが、とても柔和な女性でした。


こちらは中川大輔先生。

国立に住んでいたこともあり、
個人的に頑張って欲しいな、
と思っている棋士です。
最近は将棋連盟の仕事のかたわら、
棋士としても素晴らしい成績を残されています。
今期こそはB1に昇級されることを願っています。
(将棋界には順位戦があり、
C2→C1→B2→B1→A級と昇級して、
A級で優勝すると、やっと名人に挑戦出来る、
という仕組みになっています。)


窪田義行六段と。

彼も前期、C1からB2へとあと一歩だったのですが、
今期こそ頑張って欲しい方です。
写真の出来上がり具合を確かめてくださったり、
とても親切な先生でした。

最近は、コンピュータ将棋ばかりで、
人を相手に将棋をする機会がめっきりなくなっていたので、
また道場に通ってみようかな、と思いました。

将棋が出来るミュージシャンも激減しましたしね。
今回、パーティの参列者を見ても、
50代以上のかたや年配が占めていました。

パーティの式次ひとつとっても、
連盟は本当に将棋を普及することに関しては
「へたっぴ」だなと思いました。

せっかくこんなに魅力的なゲームなのに、
もったいないなー!

いろいろありますが、
僕としては、夢のアミューズメントバークを体験したような、
至福のひとときでした。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008-07-07 15:27:05

THE ROOM

テーマ:Live report
土曜日。
THE ROOMでプレリリースパーティがありました。

ほんとに久しぶりのルームでのライブ。
最高に楽しかったです。
世界逸産のメンバーにレイモンドが加わった5人編成。
ちなみに、上の写真で座っているのは、
珠也のローディーのカナモリくん。
一生のショットは朝方おさえました。

久しぶりに会えた方もたくさんいました。
鹿児島からはyappyさん、北海道からはjoeくん、
インドネシアからはayaちゃん。
前君、だいち、チルちゃん、cats、ヨータ...
まだまだいっぱいいて、書き出せないほど。
みんなほんとにどうもありがとう!

朝方には、テキーラの猛ラッシュでへべれけになりながら、
ブースで歌っちゃったりしました。

8/2は六本木ALFIEで同メンバーで盛り上がります!
どうぞ宜しくお願いします!
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2008-07-01 18:19:01

恵比寿の駅前で

テーマ:Blog

昨日はビレッジアゲインの事務所で、
インタビューを受けました。
Juice、Adlib、Loud、Floorとノンストップでした。
前日、ほとんど寝ていなかったので、かなりばてました。

帰りに、恵比寿の駅前でレイモンドと待ち合わせ。
レイモンドは、今回のアルバムで2曲演奏しています。
今週末のルームでのギグの打ち合わせなどをしました。

道ばたで話していたら、
若い二人組の若い男性に声をかけられました。

突然のことなので、少しびっくりしましたが、
「外国人に
絵筆で
あらかじめ
私たちが用意した
文章を
日本語で
書いて欲しいんです...」
といわれ、
面白そうなので
お手伝いすることにしました。

「Nadiff」という新しい本屋さんの
こけら落としに飾るのだそうです。

お!JAPANぢゃないですか!

レイモンド。なかなかの達筆。

「日本のアートは10年おくれいてる。」
おくれている。をわざと間違えて書きました。

10年遅れているかどうかは、
正直わかりませんが、
日本の政府、行政のアーティストへの対応は、
ヨーロッパのそれと比べると、
100年は遅れているかもしれません。

それから、
インタビューでも偶然話したのですが、
コンビニの歌謡曲とか、
居酒屋などで流されているジャズって、
一体なんなのかなー?
って思うことがあります。

内容にこだわって流しているとは到底思えないですから。

国が、街が、人が、
自然に、かつ密接にアートと関わらないと、
なかなか状況は変わらないのかな?
とも思います。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース