コーチがコーチングマインドで生きてみた★
  • 25Apr
    • 日本親子コーチング協会HPに載せてもらいました★

      こんにちは、コーチの友香です。初めましての方はこちらをどうぞ♪★大森友香のプロフィール★コーチングメニュー★ピットインカードとは?★日本親子コーチング協会HP本日はお知らせ☆つ、ついに!!!我らが「一般社団法人 日本親子コーチング協会」のHPに追加してもらいました〜!!!こんな感じ♪♪※画像をクリックしたらHPの「コーチ一覧」に飛びますよ〜★うふふ、嬉しい〜💓💓💓今日はこれだけ〜、では寂しいので、ついでにお知らせ☆まだ確定ではないのですが、5/12(日)に大阪近辺でピットインカード体験会を開催するかも!?時間や場所など確定したらまた告知します^^ではっ♪ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー*ー<次回イベント告知>ピットインカード体験会 in 豊岡♪ピットインカードの体験会【概要】ピットインカード体験会とは、ピットインカードを使った2時間の楽しいワークショップで、子どもの隠れた悩みが『パッ』と解決する!魔法のピットインカードを体験できる会です^^私が大事にしているのは、「笑いながら学べること」♪関西ノリたっぷりでお届けします☆カードの使い方や問いかけの声のトーンなどはなかなか文字情報でお伝えしきれないですからね!!コーチング初体験の方でも大丈夫!実際にカードを使って楽しくコーチングをしてみることで効果などを実感していただけるようにガイドします。ご安心くださいね!上記のような気持ちのすれ違いは、誰も悪くないんです。ただ、まだやり方を知らないだけ!自分や、大好きなはずの我が子を責めるよりも、知ってほしい!一緒に楽しみましょう^^Amazonの児童心理ランキング第1位にもなった「魔法のピットインカード」(日本親子コーチング協会 代表理事の著書)をぜひ体験してみてください!<開催日時>2019年4月28日(日)開場 12:10開始 12:30終了 14:30<場所>ブックストア・イチ 2階兵庫県豊岡市城崎町湯島605<参加費>①体験会参加のみ 5,000円(税込)②体験会参加+ピットインカード(正規)のセット 10,000円(税込)※いずれも、お席の確保が必要なお子さんとご一緒に参加される場合は、お子さんお一人につき別途3000円が必要です。 <定員> 最大6名くらいの規模でゆったりワイワイやります^^ <申込み方法> こちらからお申込み手続きをお願いいたします。 https://resast.jp/events/332864 お手続きと入金確認を以ちまして、お申込完了となります。 ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー*ー 初めましての方も、お問い合わせ大歓迎です★ お子様がいるお父さん・お母さんに限らず、子どもと関わる仕事をされている方・これからしたい方、コーチング自体に興味のある方など、どなたでもご参加いただけますのでご遠慮なく〜♪ また、「今回は行けないけど興味ある!」「ここでも開催してほしい!」等のお問い合わせも大歓迎です^^ ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー  LINE@   E-mail起動 日本親子コーチング協会HP

      NEW!

      テーマ:
  • 24Apr
    • 「しょぼい喫茶店」が気になって・・・✨

      こんにちは、コーチの友香です。初めましての方はこちらをどうぞ♪★大森友香のプロフィール★コーチングメニュー★ピットインカードとは?★日本親子コーチング協会HP先日、東京へ旅行に行ってきました✨旅の目的は「会いたい人に会いに行く」💕💓その中でも、以前このブログでも紹介した『しょぼい起業で生きていく』という本の中で紹介されていた『しょぼい喫茶店』がどうしても気になって・・・行ってきました🎶以前の記事:ワクワクさせてくる本!「しょぼい起業で生きていく」今回はそのときのお話をご紹介!最寄の「新井薬師駅」に着いた時点でもうウキウキ💕5分程歩いた辺りで「ん?この辺なんやけどな~」あ!ありました、2階に。段ボールの切れ端に書いたような、「しょぼい喫茶店」✨✨ウキウキ階段を上がると「準備中」・・・ネットの情報では11時開店とのことでしたが11時40分現在も「準備中」。。。仕方ないか~・・・と思いつつ、諦めが悪い私。笑駄目元でコンコンとノックしてみると、中から音が!ガチャッと開けてくれた男性は予習してきたページに載っていた方とは違ったけれど、「準備中ですけど良ければ…」と中に案内してくれました!やった!!!どうやら今日は店長のえもてんさんはイベントかなにかで不在のご様子。代わりに仕事終わりに駆けつけたさかなさんが今日はお店番をされてたそうです✨実はこの日は、ここに来るまで何をやっても裏目に出ること続きで、予定より40分遅れで到着したのです。「40分も時間無駄にした〜」と、心の内はこんな感じ。ところが!幸運にも遅れて来たことが功を奏して入店できたという!!「そういうふうにできてるんだな~」と都合の良い解釈をして、そこまでの裏目たちを愛でました。笑そしてそして面白いのが、えもてんさんとさかなさんは雇用関係にあらず!「暇だったんで店番しに来ました〜。」とさかなさん。笑食事の注文は「ちょっとまだ来たばかりで準備できてないので…」とさかなさん。笑笑良い。このゆるさがたまらない。笑同じようにお手伝いに入られる方は他にもいるそうで。今どき感があって、肩肘張っていないというか必要以上に「背負ってない」感じが私にはとても好印象🎶「飲み物ならできる」とのことだったので、飲み物を注文し、雑談タイム♪『しょぼい起業で生きていく』でこのお店を知ったわけですが、どうやらここに訪問する4日前に『しょぼい喫茶店』の本が発売されたそうで、在庫があったので、即購入~♪色々たわいもない話をしていると目に入ってくるのは、カウンター際に置いてある、うまい棒の何やら見たことのない味・・・。ド、「ドラゴン味」・・・???1ついただいて挑戦して見ました。うぅ~ん。。。なんとも攻めた味。感想としては「うまい棒さん、よく販売に踏み切ったなぁ笑」というところ。そして話題は「お仕事は何を?」に。コーチングの話をすると、「面白い」「いいなぁ!」ととても興味を示してくださり、「東京にこそ今必要なんじゃないか、東京でやって欲しい」と言ってくださいました!嬉しいぃい~~💕💕しょぼい喫茶店を交流の場に使ったらどう?とのご提案も、本当ありがたいとしか言いようがない!!!実は同じ90年生まれ午年だということが判明したさかなさん。ご自身も近いうちにカフェの経営を始めるとのことで、同じように攻めた生き方をしている方に出会えて、嬉しかったです^^また東京に来た際は寄りますね、と約束し、お店を後にしましたが、なんだか満たされた気持ちでいっぱい!わざわざ旅行の予定に組み込んでよかったなぁと思えました。こうやって少しずつでも人脈というか人と人との輪って広がっていくのだなぁと、今回の行動の成果を実感し、ホクホクの気持ちで関西に帰って行きましたとさ🎶大したことをしているわけではなくて、「行ってみたい」と動いた心に正直に行動してみただけ。したことは、お店に足を運んだだけ。そこにいた定員さんに、自分のやりたいことや想いを少し話しただけ。その代わりにいただいたのは巨大に広がっている未来へのきっかけと輪。ここから何が起こるかはこれからの自分次第だけれど、とても楽しい有意義な時間になりました♪まとめは、「やっぱ行動って大事だわ!」ということでした!改めてさかなさん、ありがとうございました~!!!気になった方は、「えもてん」とか「しょぼい喫茶店」で検索すると色々情報出てくるので見てみてください〜^^★ということで、今回の「コーチングマインドで生きてみた」終わりです★おまけに、しょぼい喫茶店内(2階)からの風景〜✨ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー*ー<次回イベント告知>開催まであと3日!楽しみだ〜〜〜^^ピットインカード体験会 in 豊岡♪ピットインカードの体験会【概要】ピットインカード体験会とは、ピットインカードを使った2時間の楽しいワークショップで、子どもの隠れた悩みが『パッ』と解決する!魔法のピットインカードを体験できる会です^^私が大事にしているのは、「笑いながら学べること」♪関西ノリたっぷりでお届けします☆カードの使い方や問いかけの声のトーンなどはなかなか文字情報でお伝えしきれないですからね!!コーチング初体験の方でも大丈夫!実際にカードを使って楽しくコーチングをしてみることで効果などを実感していただけるようにガイドします。ご安心くださいね!上記のような気持ちのすれ違いは、誰も悪くないんです。ただ、まだやり方を知らないだけ!自分や、大好きなはずの我が子を責めるよりも、知ってほしい!一緒に楽しみましょう^^Amazonの児童心理ランキング第1位にもなった「魔法のピットインカード」(日本親子コーチング協会 代表理事の著書)をぜひ体験してみてください!<開催日時>2019年4月28日(日)開場 12:10開始 12:30終了 14:30<場所>ブックストア・イチ 2階兵庫県豊岡市城崎町湯島605<参加費>①体験会参加のみ 5,000円(税込)②体験会参加+ピットインカード(正規)のセット 10,000円(税込)※いずれも、お席の確保が必要なお子さんとご一緒に参加される場合は、お子さんお一人につき別途3000円が必要です。 <定員> 最大6名くらいの規模でゆったりワイワイやります^^ <申込み方法> こちらからお申込み手続きをお願いいたします。 https://resast.jp/events/332864 お手続きと入金確認を以ちまして、お申込完了となります。 ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー*ー 初めましての方も、お問い合わせ大歓迎です★ お子様がいるお父さん・お母さんに限らず、子どもと関わる仕事をされている方・これからしたい方、コーチング自体に興味のある方など、どなたでもご参加いただけますのでご遠慮なく〜♪ また、「今回は行けないけど興味ある!」「ここでも開催してほしい!」等のお問い合わせも大歓迎です^^ ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー  LINE@   E-mail起動 日本親子コーチング協会HP

      テーマ:
  • 28Mar
    • マイナスの出来事からの学び★

      こんにちは、コーチの友香です。初めましての方はこちらをどうぞ♪★大森友香のプロフィール★コーチングメニュー★ピットインカードとは?★日本親子コーチング協会HPまた前回からしばらく空いてしまいました・・・そして久々の記事は、こんなことを書く予定ではなかったのに!!!実は先日、交通違反の切符を切られてしまいました。1日のうち2時間だけ右折禁止になる交差点を、気づかずスイスイ右折してしまい、気づいた時にはバックミラーにサイレン鳴らしたパトカーが・・・「え!何!?私!!?」状態ですよ。笑お陰で30分に1本の電車をあと3分のところで逃し、27分の待ちぼうけ・・・。  その後しばらくは運転しながらモヤモヤモヤモヤ。。。ちなみに私は普段あんまり怒らない方、ですがモヤモヤモヤモヤモヤモヤ。。。頭の中も、グルグルいろんなことを考えるのですね。出発時間があと5分早かったら…あのショートカットコースをわざわざ使わなければ…どうせ電車間に合わないならひとつ用事済ませてくれば良かった…ていうか遅れたら大変なのに…気がつかない警察官だったら良かったのになぁ~笑などなど。タラレバお化け発動中!分かっているのです。標識を見逃した私がいけないのです。ちゃんと見ればあったはず。・・・だけどな~~んか素直に認められない。つい、往生際が悪くなったり悪態をついてしまう!こんな気持ちのままは嫌だなぁ〜スッキリしたいなぁ〜〜〜はい!こんなときにはセルフコーチング♪笑ピットインカードの、「質問カード」を使ってやります。質問カードの内容はプロのコーチがよく使う質問集なので、パラパラとめくっていくだけでセルフコーチングになるという優れものなのですね〜^^ある意味自問自答よりも精度の高い「他問自答」ができるわけです♪♪早速やってみましょう!ピンと来ない質問は飛ばしてOK★質問の順番はランダムでやりますので、ヤラセなしの出たとこ勝負で行きますよ~✨✨まずは「フィーリングカード」で現在地の把握と目的地の設定から♪今どんな気持ち?(現在地)モヤモヤモヤモヤ。素直に反省できない!イライラする!タラレバお化け発動中!どんな気持ちで家に帰りたい?(目的地)楽しい気分ルンルンで帰りたい!モヤモヤがスッキリすると嬉しい!「そんなこともあるさ」と割り切りたい!ここから「質問カード」の登場です。カードの言葉そのままだと当てはまらないこともあるので、意訳もしていきますね〜♪(意訳はこの小さい文字で書きます♪)①「うまくいった時」=「素直に認められた時」とします♪素直に認められるときは、「気持ちを受け止めてもらえた」と感じる過程があったとき。そうか、有無を言わさずピシャッとされる感じが心に反感の芽を生んでたんだな~!②「なんで有無を言わさずピシャッとされたら反感の芽が生まれるの?」とします♪急いでた、気づかなかった、等の事情も、この後の予定もあるのに、あしらわれて一方的に罰を突きつけられる感じにムッとするからかなぁ。③時間を戻して、走るルートを変えたい。笑④「それ」=「走るルートを変える」とします♪タラレバは言うけど結局同じことになってた気がする。笑⑤「同じことにならないためにはまず、どんなことをやってみたい?」とします♪時間には余裕を持とう。⑥「時間に余裕を持ったらどんな気持ち?」とします♪穏やかな気持ちで、今回のようなヘマはしないはず。あと、視野も広くなると思う!⑦走るルートを変える。笑たまたま既出の答えになってしまいましたが、改めて確認になるのでOK!⑧過去には戻れないので、他にできることとしては・・・はなから1本後の電車に乗る予定にしてれば良かったかな~「やりたい?」違反して罰則くらうくらいならやりたい。笑「できそう?」それならできるなぁ。「やったらどうなりそう?」やったら気持ちに余裕がある状態で運転できそう。⑨これはピンと来ないのでスルー!⑩素直に自分が悪いって反省して再発しないようにしたい!11う〜ん、なんかピンと来ない!ので、スルー!12「はなから1本後の電車に乗ると決める以外、他にどんなアイディアがある?」とします♪時間に捉われずに運転して、早く着いたら読書する!間に合えばラッキー的な感じで✨「絶対この時間!」て予定を決めきらなければいいのかも!13これも合わないかな!スルー!14「夢」は今回大袈裟なので、「時間に捉われずに運転する習慣を身につけられた自分だったら、どんな風にアドバイスする?」とします♪「その方がイライラもしないし、楽だよ~」って言うかな!15「その方が自分の性格に合ってるって分かってるでしょ笑」16うん、予定を決めきってそこに照準合わせて動こうとすると気持ちが焦る!そういうの、確かに性格的に合ってないかも!17ここでは「尊敬するあの人」=「協会理事の潤さん」とします♪「うんうん、いいねいいね~^^」っていってくれると思う笑18「合ってない、っていうことは?」とします♪ゆる~く動く方が合ってるから、時間が決まってる予定のときはそれなりに余裕持って動こう。その方が合ってる!19「それが完全に身についている状態を10点としたら、今の自分は何点くらい?」とします♪今は・・・3点かも笑結構いつも時間カツカツのギリギリ行動しちゃうから。20(10点に近づくために)「これからはどうしていきたい?」とします♪結局、早く着いた時間を「無駄」とか「もったいない」って思っちゃうから早め行動ができないんだけど、隙間時間にできること(例えば読書とかブログの内容をメモ書きするとか)を持っておけば良いから、これからは隙間時間タスクを用意して、早め行動を心がけようー!・・・なんて素晴らしいラストなんでしょう。笑まさか交通違反をしたことをきっかけに、普段の時間の使い方を見直すことになるとは・・・笑笑家に着く頃には初めに設定した目的地通り、スッキリ✨ワクワク✨になりました。モヤモヤ、イライラなんかは取るに足りない小さなことのように感じられるくらい!ほんとは文句たらったらの記事になるかもって思って書き始めたのに、コーチング恐るべし。では、今日の「コーチングマインドで生きてみた」これにて終了!ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー*ー<次回イベント告知>ピットインカード体験会 in 豊岡♪ピットインカードの体験会【概要】ピットインカード体験会とは、ピットインカードを使った2時間の楽しいワークショップで、子どもの隠れた悩みが『パッ』と解決する!魔法のピットインカードを体験できる会です^^私が大事にしているのは、「笑いながら学べること」♪関西ノリたっぷりでお届けします☆カードの使い方や問いかけの声のトーンなどはなかなか文字情報でお伝えしきれないですからね!!コーチング初体験の方でも大丈夫!実際にカードを使って楽しくコーチングをしてみることで効果などを実感していただけるようにガイドします。ご安心くださいね!上記のような気持ちのすれ違いは、誰も悪くないんです。ただ、まだやり方を知らないだけ!自分や、大好きなはずの我が子を責めるよりも、知ってほしい!一緒に楽しみましょう^^Amazonの児童心理ランキング第1位にもなった「魔法のピットインカード」(日本親子コーチング協会 代表理事の著書)をぜひ体験してみてください!<開催日時>2019年4月28日(日)開場 12:10開始 12:30終了 14:30<場所>ブックストア・イチ 2階兵庫県豊岡市城崎町湯島605<参加費>①体験会参加のみ 5,000円(税込)②体験会参加+ピットインカード(正規)のセット 10,000円(税込)※いずれも、お席の確保が必要なお子さんとご一緒に参加される場合は、お子さんお一人につき別途3000円が必要です。 <定員> 最大6名くらいの規模でゆったりワイワイやります^^ <申込み方法> こちらからお申込み手続きをお願いいたします。 https://resast.jp/events/332864 お手続きと入金確認を以ちまして、お申込完了となります。 ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー*ー 初めましての方も、お問い合わせ大歓迎です★ お子様がいるお父さん・お母さんに限らず、子どもと関わる仕事をされている方・これからしたい方、コーチング自体に興味のある方など、どなたでもご参加いただけますのでご遠慮なく〜♪ また、「今回は行けないけど興味ある!」「ここでも開催してほしい!」等のお問い合わせも大歓迎です^^ ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー  LINE@   E-mail起動 日本親子コーチング協会HP

      12
      テーマ:
  • 19Mar
    • ピットインカード体験会 in 豊岡 開催決定☆

      こんにちは、コーチの友香です。初めましての方はこちらをどうぞ♪★大森友香のプロフィール★コーチングメニュー★ピットインカードとは?★日本親子コーチング協会HPこの度、ピットインカード体験会 in 豊岡の開催が決定しました〜★ ピットインカード体験会とは、 子どもの隠れた悩みが『パッ』と解決する!魔法のピットインカードを体験できる会です^^その「ピットインカード」が⬇︎こちら。度々ブログの挿絵として登場しているうさたちです。 F1レースにおいて、サーキット上で車両整備やガソリン補給、作戦会議などを行う場所を「ピット(pit)」と言いますよね。この「ピットインカード」は、家の外で嬉しいことや悲しいことなど、たくさんの経験・冒険をして帰ってきた子どもが、心を落ち着かせたり、エネルギーをチャージしたり、明日はどんな日にしようとワクワク考えたり、言わば「ピットイン」できる場を家庭内に作りたい!という意味を込めて名付けられました。体験会に参加して、ピットインできる場とはどんな場で、どんな気持ちでどんなふうに子どもと接すれば良いのかを知って実践すれば、子どもが安心して気持ちを伝えてくれるようになります。ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー「一番力になってほしい!相談に乗ってほしい!」と思う人は誰?今まで1,000人ほどの小学生に聞きました。すると子どもたちは照れながらも「親」と答えます。しかし、子どもたちは年齢を重ねていくにつれて、親に相談をする回数は減り、信頼できる友達に話すようになります。親に相談しなくなる3大理由①心配をかけてしまうかもしれない。②悲しませてしまうかもしれない。③迷惑をかけてしまうかもしれない。小学校の高学年になるほど、その傾向は高まります。ところが親としては、「子どもに本音を言ってほしい」と願います。だから、話を聞こうとしますよね。「今日はどうだった?」と。しかし、返ってくるのは子どもから3大返答①まあまあ②べつに③ふつうこの返答にイライラしてしまう親御さんは少なくありません。私が勤務する学童でも、お迎えの時に「〇〇くん、今度の大会、気合い入ってますね〜!」とお伝えすると、「そうなんですか!親にはそんな話全然してくれませんよ…。」と切なそうに伝えてくださるお母さんがいたり、「〇〇ちゃん、今日は掃除手伝ってくれましたよ〜!」とお母さんにお伝えすると、「うそー!家では全然してくれないのにね〜。」と褒められるどころか皮肉を言われてションボリ顔になる女の子がいたり。こんなコミュニケーション、ありがちですよね。そう。親は、もっと子どもの気持ちを知りたいと思っている。だけど実は、子どもの方も、もっと話を聞いてもらいたいと思っている。それなら、じゃあどうしてこんな気持ちや思いやりのズレが起こるの?そしてそれを解消するにはどうしたら良いの?そんな疑問やモヤモヤを解消できて、しかも、子どもたちが大好きな「カード」を通して気持ちのやりとりができる!!そんな親子で楽しくコーチングをするための【ピットインカード】。その使い方を体験できる会をご用意しました。ヒントを言いますと・・・、子どもの感受性は非常に豊かで、いろんな気持ちが心の中を渦巻いていますが、それを上手に言葉にして表現できるだけのボキャブラリーがないのです。感じていることはあるけどうまく言えない・・・だけど、今の気持ちにピッタリなカードを「選ぶ」ことならできるのです^^「じゃあ、どうしてこのカードを選んだの?^^」そこをきっかけに会話は展開して行くのです♪ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ーピットインカードの体験会【概要】体験会はピットインカードを使った2時間の楽しいワークショップとなっています。私が大事にしているのは、「笑いながら学べること」♪関西ノリたっぷりでお届けします☆カードの使い方や問いかけの声のトーンなどはなかなか文字情報でお伝えしきれないですからね!!コーチング初体験の方でも大丈夫!実際にカードを使って楽しくコーチングをしてみることで効果などを実感していただけるようにガイドします。ご安心くださいね!上記のような気持ちのすれ違いは、誰も悪くないんです。ただ、まだやり方を知らないだけ!自分や、大好きなはずの我が子を責めるよりも、知ってほしい!一緒に楽しみましょう^^Amazonの児童心理ランキング第1位にもなった「魔法のピットインカード」(日本親子コーチング協会 代表理事の著書)をぜひ体験してみてください!<開催日時>2019年4月28日(日)開場 12:10開始 12:30終了 14:30<場所>ブックストア・イチ 2階兵庫県豊岡市城崎町湯島605<参加費>①体験会参加のみ 5,000円(税込)②体験会参加+ピットインカード(正規)のセット 10,000円(税込)※いずれも、お席の確保が必要なお子さんとご一緒に参加される場合は、お子さんお一人につき別途3000円が必要です。 <定員> 最大6名くらいの規模でゆったりワイワイやります^^ <申込み方法> こちらからお申込み手続きをお願いいたします。 https://resast.jp/events/332864 お手続きと入金確認を以ちまして、お申込完了となります。 ー**ー*ー*ー**ー*ー*ー**ー*ー 初めましての方も、お問い合わせ大歓迎です★ お子様がいるお父さん・お母さんに限らず、子どもと関わる仕事をされている方・これからしたい方、コーチング自体に興味のある方など、どなたでもご参加いただけますのでご遠慮なく〜♪ また、「今回は行けないけど興味ある!」「ここでも開催してほしい!」等のお問い合わせも大歓迎です^^   LINE@   E-mail起動 日本親子コーチング協会HP

      12
      テーマ:
  • 17Mar
    • キンコン西野さんの講演in 豊岡にボラスタ参加★

      こんにちは、コーチの友香です。初めましての方はこちらをどうぞ♪★大森友香のプロフィール★コーチングメニュー★ピットインカードとは?★日本親子コーチング協会HP去る3/14、地元の近畿大学附属豊岡高等学校にて、キングコング西野亮廣さんの講演が行われました〜^^友人の誘いでボランティアスタッフとして参加することに♪私は昔から変なポリシーがあって、「ボランティア」に苦手意識を持っていました。本人も何かしらのメリットがあるからやっているであろうに、こう、「無償でやってあげている」みたいな上から目線的な響きを言葉の中に感じてしまい、「ボランティアをしています」って言う方を穿って見てしまうという・・・まぁひねくれなのですが。しかし、今回は違いますよ!チケット代に500円を上乗せした形でボランティアに参加するという、謎の参加費!笑しかも平日15時から集合という、限られた職種や職業でないと参加しづらい状況!つまり、『ちょっと変わった意識を持った方々と関わりを持てるかもしれない』という大きなメリットをたったの500円で買った、という意識の元、参加を決めました^^★当日、役職を発表されたのですが、私は「西野さんアテンド」役に。「うぉあ!」ってなりました!主催者の三山さん(LOVE & FREE company 『SUNZ GROUP』代表)とは面識がなく、参加を決めてからFacebookを通じて挨拶をした程度・・・それなのにこの重役!40名近くのスタッフさんがいるうち、アテンド役は私ともう1人だけ。なんとありがたい!事前準備、事前打ち合わせはこんな雰囲気で行われました。   ・・・なんか、授業してるみたいですよね。笑そして少し遅れてもう1人のアテンドさん登場。・・・キャラ強めッッ!笑このちゃーりーさんは、金銭的な理由で参加が危ぶまれていたところを、プチクラウドファンディングで59名の方から総額52,500円の交通費支援を受け、この場に来られたそうです。そしてその支援してくれた方々(スポンサー)のお名前をこんな風にガムテープに書いて、感謝の意を込めて全身に貼って活動しているという、なんともファンキーとクレイジーのちょうど中間を行く方。笑でもちゃんとアテンド隊も打ち合わせしましたよ〜!^^ちゃーりーさんをもっと知りたい方は、Twitterで「#ガムテの人」と検索すれば出て来ますよ^^準備は、会場である近畿大学附属豊岡高等学校の生徒さんたちもたくさん手伝ってくださいました!先生の指示も光る〜!! この美しい椅子の並び!笑この日はとっても寒かったので、こんな気遣いもさりげなく・・・♪会場の準備はバッチリ♪そしてついに西野さんが伊丹からコウノトリ但馬空港に到着され、お出迎えの時間に。実は私そこそこのお笑い好きで、「?マジっすか!」とか「オンバト」とか「WESTSIDE」とかを当時小学生ながらに見ておりましたので、お会いできること自体けっこうテンション上がっておりました^^その後、舞台までご案内するというアテンド任務を無事終え、西野さんの講演開始〜! 食い入るようにして聞く生徒さんや、懸命にメモを取られている保護者の方も。それに呼応するように、身振り手振りも交えながら、時に腕まくりをしながら、大事なところは「立って喋りますね!」と熱くお話ししてくださった西野さん^^ 西野さんはパラダイムシフトの天才!固定概念や先入観といったものを片っ端から疑問視して見直して不要なものはぶち壊して、新しい価値を生み出して来られた方だなぁと感じました。お話の中で、私が特に面白いと思ったことをいくつかご紹介★●競争した時点で負け当初はお笑いの世界でTOPを取ろうと思っていたそうですが、「TV」というレール上ではさんまさんやタモリさんに追いつくことはできない!とある時気づいたそうです。例えば、「さんま○殿」の番組で頑張れば頑張るほど、さんまさんの手柄になっていき、さんまさんの株をあげることになるだけだ、と。つまり、競争しようとした時点で、TOPが築いて来たレールに乗ったに過ぎないため、どこまで行っても勝てっこない!ということを学んだそうです。これは私も感じることがよくあって、誰かの真似をしたりアドバイスを乞うているうちはそれ以上にはなれなくて、比較できる枠の外に出て初めて新しいものを生むことができる、と意識するようにしています^^●絵本「えんとつ町のプペル」で勝てた理由ズバリ、「複業」であったから。絵本作家が生計を立てるための仕事であったなら、3〜4年もひとつの作品に時間をかけることは不可能。制作中の3〜4年間収入がないなんて、食べていけないですから!他の仕事でお金が賄えているからこそ、絵本に時間をかけることができたのです。かける時間の長さ(作品の凝り度とでも言えますかね)では勝てると踏んで、既出のものとは全く違う質の絵本を仕上げたそうです。5,000部売れたら「ヒット作」と言われる絵本業界では、金銭的な問題から部分的にも外注することは難しく、「1人で作品を作る」ことが通例になっていたところを、クラウドファンディングを利用することで、複数人で分担制にして、各々が得意分野だけを担当できる形で作り上げることができたそうです。これまでの時代を創って来た世代は、往々にして職業はひとつに絞る方が良いと思いがちだけど、複業だからこそ勝てる道があると知った方が良いし、これからの時代、その考えは重要になってくる、とのことでした。この考え方には「目から鱗」! でも確かにその通り。勝負のレールからいかに外した道を見つけるか、ってところをあれこれ試行錯誤されたんですよね。●四面楚歌からの勝率が高いワケ新しいことを始めようとすると爪弾きにあったりバカにされたりするけれど、四面楚歌の状況にこそ高い勝率はある!そうです。例えばオリンピックのエンブレム。白黒が1つ、カラフルが3つになった時、勝率は1/4・1/4・1/4・1/4ではなく、人はまず「白黒かカラフルか」でカテゴリー分けをするから、白黒のものの勝率が1/2、カラフル3つを合わせた勝率が1/2。つまり、4つの勝率はそれぞれ1/2・1/6・1/6・1/6(1/2×1/3)となり、一見不利に見えた白黒のものが実は圧倒的に有利だったりするのです。そのロジックが分かっていれば、爪弾きも怖くない。と西野さん。これまた目から鱗。「そんなことうまくいきっこない」とバカにされ続けていると、いくら自信があって始めたことでもそのうち心が折れそうになるけど、その時必要なのは「強い気持ち」などではなくて、そのロジックを持てているかどうか、だそうです。●バカ売れさせるには、いかにして「お土産」ポジションを確立するか良い作品を作っても売れなかった。なぜだ!生活必需品でないものを売るにはどうすれば良いのか。西野さんは考えました。冷静になると不要なものでも、つい買ってしまうものがある。それは何か。それは、遊びに行った帰りに買ってしまう、思い出の詰まった「お土産」だと思いついたそうです。つまり、ものを売るにはいかにしてそれを「お土産」ポジションに持って行くか。「えんとつ町のプペル」は、西野亮廣の原画個展会場のお土産というポジションを確立して売れたのです!それが分かってからはプペルの原画を無料で貸出して、全国誰でも自由に個展を開いてもらい、その会場にお土産として絵本を置くという仕組みを作ったところ、売れた、ということでした。良い作品でも、作ればひとりでに売れるわけはなく、売れるためのレールを作って初めて届くのだと。天才かッ!と思う一方で、集客の考え方にもよく似ているなぁと感じました。●「お金=信用」とした時、クラウドファンディングは「両替機」のようなもの今の時代、「お金=信用」であり、信用があればお金が集まる。のだそう。信用があればお金が集まるのであれば、信用の貯蓄を持っておくと、好きな時にその貯蓄して来た信用を換金することもできる、と。その換金方法として、今の時代にはクラウドファンディングという方法があるのだそうです。「信用できる」「何か起こしてくれそうだ」「この人に投資したい」そんなふうに人の心を動かせる人(信用の貯蓄がある人)がクラウドファンディングで呼びかければお金が集まる、いわばクラウドファンディングは両替機のようなものだ、ということですね。これからの時代はお金を稼ぐのか信用を稼ぐのか、選べます、「良い人」が生きやすい時代が来たんです、という言葉には胸を打たれた気持ちでしたね〜。面白い話をありがとうございました^^最後にみんなで集合写真♪♪♪そしてプペルのみならず、西野さん著の書籍はここでもお土産として好評でした笑片付けも全て終え、一日一緒に準備してきたスタッフ間にも、絆のようなものを個人的には感じました。みんなでパシャリ★☆みなさま、ありがとうございました^^またどこかでご一緒しましょう〜♪♪お疲れ様でしたッッ!!今日の「コーチングマインドで生きてみた」これにて終了〜♪

      2
      テーマ:
  • 08Mar
    • 今ドキの就活生事情

      こんにちは、コーチの友香です^^初めましての方はこちらをどうぞ♪★大森友香のプロフィール★コーチングメニュー★ピットインカードとは?★日本親子コーチング協会HP⬆︎こんな技を身につけました♪でも凝り性ゆえ、凝り過ぎたらブログの内容より見栄えにこだわり始めそうなので、あまり派手にしない努力をしてみます。笑さて。今回は「今ドキの就活生事情」と題してみました★こんなアプリをご存知でしょうか?マッチャー。簡単に言うと、就活生が社会人とマッチングできるアプリです。人材系の会社で働く友人に教えてもらったのですが、初めて聞いたときは頭に「???」が浮かびまくり。主な利用目的は、就活生が社会人に話を聞くため。「・・・って、社会人側のメリットは!?」となったのです。現役人事や経営者、人材系のお仕事の方なら分かる。いい子がいれば自分の会社にアテンドしたり、数字とかではなくよりリアルな就活生事情を登録企業や潜在顧客にお伝えすることができたり。まぁでも百聞は一見に如かず。千聞は一体験に如かず(私の造語です笑)、と言うことで、やってみました。私の場合は、自分のコーチングが役に立つ場所を見つけたい、という目的もあるし、相手に伝わる話し方をするトレーニング、という点で言えば、同年代や歳上の方よりも学生と話す方が頭の中の情報を噛み砕いて口に出す必要があるので、より勉強になるかなと思ったこともあります。それからもっと言えば、自分の書いた文章に魅力を感じてアクションしてくれるのはどんな子なのか検証したいという若干のマーケティング要素も。(・・・あら、けっこうメリットあったわ。笑)ここ数日で2人の学生さんにお会いしました。①まずは、シェアハウスの紹介&見学を軽く。(・・・あれ、このブログで私がシェアハウスに住んでること紹介してたかな?笑)暮らし方・住み方のパラダイムシフトをまず体験してもらいました^^②今日は何を期待して来てくれたのかを聞き、目的地セッティング。③体験コーチングで使う私の自己紹介をすると、聞いてみたいことがむくむく。④その後は自由にお話。 知りたいことや聞いてほしいことなどなどたくさん話してくれました★⑤そしてせっかくコーチの私と出会ってくれたので、 普段体験コーチングで使用する質問シートを特別に♪♪♪ その回答をもとに、コーチングとティーチングの混ざったような内容をガシガシと展開!そしたら価値観が出るわ出るわ!7〜8年長く生きている者のできることとして、伝えられることはたくさん伝えました。●私にとって就活は「無難はあっても正解などはなく、本当に、不安でも自分で舵切りをしていかなきゃいけないんだな」と強く実感した時期であったこと。(社会人0年目の感覚)●弱みだと思っていることは意外と視点を変えると弱みではないこと。(単純に裏返しの言い換えをする、ということではなく、「計画性がない」と思ってるけど長期的に見ると、今日も含めここまで計画しながら動いて来たであろうことなどを実感してもらった)●会社員以外の選択肢もあるという働き方のパラダイムシフトと、独立して変化したお金に対する価値観。●どういう組織かを知りたければキャッシュフローと、それぞれの人が置かれている立場から見える視点を考えてみること。(同じ「営業」でも、課されている指標が違えば生まれる感情や見ている視点が大きく異なることなど)●それから、私からのリクエストとして、【自己分析】は過去よりも未来に焦点を当てて膨らませてみてほしいと伝えました^^「どう生きたい?」「どんな人生を送りたい?」は難しくても、「やってみたいこと」「人生で必ず実現したいこと」ならけっこう出るんです。例えば「起業してみたい」なら、それは会社?個人事業主?従業員は何人くらい?従業員同士はどんな関係であってほしい?自分(社長)と従業員は?何歳で実現できたら良い?じゃあ就職するのはなんのため?雇われ時代に何を見て知っておきたい?などなど・・・。正解はないから、なんとなくのイメージでOK♪じゃあ従業員が100人くらいの会社の社長は、どんな視点や考え方を持っているんだろう?実際に会ってみるのも良いかも。とかね。そしたら、そうした夢を持つきっかけになった出来事ってある?ここで初めて過去を掘りに行きます。これまでの生い立ちをただ振り返るよりも、「こう考えるようになったきっかけの出来事や価値観は?」を探るために過去を見るのです。なぜならそこに想いが埋まっているから^^!!!面接でうまく言おう、綺麗にまとめようとして時間をかけるより、未来をどんどん明確に、想いをどんどん深く強くする方が相手には伝わります。⑥そして最後に、「今日期待して来た内容はクリアになった?」と聞いてラスト。「どうだった?」と感想を聞いて「考え方を教えてもらった感じ」と言ってもらえたのはとても嬉しかったです★「やり方(方法)が分かった」と言ってもらうよりも、深いところにアプローチできたかな、と。話しながら頭の中が整理されるとはこのことで。私の方が整理する機会をもらった感ある。笑いっぺんにたくさん話したので、どれくらい受け止めてもらえたかは分からないけど、少しでも役に立てたなら嬉しいなぁと^^「社会人側のメリットってなんだろう?」なんて言ってたけど、めちゃめちゃあったし、アドラー心理学でいうところの【貢献感】も上がった気がする♪♪♪ただただ思いつきだけど、【自己分析講座】なんて面白いかも?未来を想像・創造する癖づけができたり、目的の実現のために適した会社を選ぶという基準を持てたりもするし、受け身な子よりも自発的前進思考な子の方がニーズが多いだろうし。実現するか否かは置いておいて、自分のコーチングや役に立ちそうな場所を一つ広げられたというか、そんな可能性を見させてもらえたことも収穫でした^^ほんと、千聞は一体験に如かず。会いに来てくれたお2人、ありがとうございました★今日の「コーチングマインドで生きてみた」でした〜♪ LINE@ E-mail 日本親子コーチング協会HP

      8
      テーマ:
  • 06Mar
    • ドタキャン相次ぐ!

      おはようございます、コーチの友香です^^初めましての方はこちらをどうぞ♪★大森友香のプロフィール★コーチングメニュー★ピットインカードとは?★日本親子コーチング協会HP今日のテーマは少しばかり愚痴っぽくなってしまうかもしれません!笑『ドタキャン』について考えてみようと思います。というのも、ここ最近のドタキャンの多さに少し傷ついてしまったことがきっかけなのです。仕事&プライベート問わず、キャンセル&予定変更の嵐!手帳を1月に変えたので、変えてからの分をちょっと数えてみました。予定を入れたのに実行されなかったものに「×」をつけているので、その数を^^なんと・・・、1月 2件(自分も1件やってました笑)2月 8件3月 5件てなわけで、2ヶ月ちょいで15件という有り様!3月なんて、今日まだ3/6なのに、驚異的なペース・・・笑これは一体何故なのだ!!!!普段コーチングでは、「目的論」を大切にしているのですが、ここは「原因論」でも見ていきましょう。笑例えば、私がやった1件は、年始の集まり。家族が唯一集まる日と、高校の集まりの日が被ってしまったのです。家族で話し合いたいこともあったので、優先しました!そう、みんなそれぞれにドタキャンせざるを得ない理由があるのです。そして気持ち的には「私1人キャンセルしても会に支障はないでしょ」という状態。(ハッキリ書いちゃいました、すみません笑)はてさて。ここで考えてみたいのは、もしその予定が大事な試験や高額旅行、やっと取り付けた大きな商談、夢にまで見たオーディション、高校最後の大会の決勝戦、などなど・・・だったとしたら?「ごめ〜ん、ちょっと行けなくなっちゃった・・・」って言えるかな!「体調崩しちゃったから仕方ないか〜」で全部がパァ、って正気でいられるかな!笑友人との約束と、大事な試験や商談。何が違うのでしょう?ちょっと考えてみてください。本気度? 優先度? 金額?開催頻度? 約束までの大変さ?キャンセルする罪悪感の大きさ?次回の予定の組みやすさ?「ドタキャンくらい大丈夫」って思ってる?浮かんだもの全部正解だと思います。そしてそれがドタキャンの原因ですね^^友人との約束などに対しての認識がきっとそこなのです。良い悪いではなく、ね♪その認識が行動に表れるのです。行動が積み重なって習慣になるのです。どうしても外せない予定がある!となると、食事や睡眠にだって気が回りますよね^^では!ドタキャンで起こるまずいことを3つの視点から挙げてみましょう〜♪1つめは相手へのご迷惑。キャンセルして予定が空くということは、単純に「暇にさせてごめんね」ということだけではなくて、そこに別の予定を入れられたかもしれない!ということ。なんなら既にこっちが先約だからって別の予定を断ってくれてたパターンもあるあるですよね。予定の変更っていうのも、もう1回分、別の予定を入れられたかもしれない時間を取ってもらう、ということですよね。リスケジュールはよくあることなので、罪悪感を持つ必要はないかもですが、時間とはそういうものだと分かっていた方が◎ですね♪また、時間のことだけに留まらず・・・キャンセルした当人はそうでもなくても、された側が本気度高く予定調整してくれていたパターン。スケジュールの調整もそうですが、そこに照準を合わせて動いてることって意外と多いですよね。ワクワクしてるからこそ、嬉々として準備していたのに急に予定がなくなった!となると、断られたという事実よりも、そのワクワクがポキっとなった感じにシュンとなるものだったりします。こっちが勝手にしてることだって認識があるから、責めるわけにもいかず虚しさを飲み込むしかなかったり。。。2つめは信頼関係の崩れ。謝る、許す、のやりとりを経たとて、大なり小なり影響は出ます。というのも、断られる方には意外と⬆︎で考えた理由が透けて見えてたりするものなので><優先度が低かったり、断っても平気と思われてたりって、態度や発言とかから読み取れちゃうのです。先日スキーに行ったのですが、一緒に行く仲間の中に、前日に足を捻挫した方がいました。「またドタキャンきたかっ!」と思っていたのですが、怪我を押して来てくれたのです。本人は自分が楽しみたいだけと言ってましたが、私はこっそり尊敬してました^^見えない信頼関係の蓄積をしてくれたように感じました。無茶をするのは考えものですが、「それでも来てくれた」感がむくむくと。ってアレ?怪我したことで結果的に評価上がってる?おかしいな。笑3つめは機会の損失。実は上の2つよりもこっちを言いたい!!ちょっと話が変わりますが、コーチングと出会う前と後で私は別人のように考え方が変わりました。ここに来るまでたくさんの奇跡や偶然が重なり、今があります。一つでも行動や予定が違っていたら、ここには来ていないかもしれません。今でもずっと自分のことを嫌いで、文句をブツブツ言いながら、周りに反発しながら、重苦しい空気の中で生きてる28歳だったかもしれません。怖。⬆︎これはちょっと話が大きいですが、「あのとき飲み会の席がたまたま隣になったことがきっかけ」で仲良くなった人、「話してみたら思ってた感じと印象が変わった」人、「何気なく言われたあの一言が自分を変えてくれた」言葉、そういうものにはいつ何時出会えるか分かりません。そういう些細なことって、些細な約束の中にごまんとあるわけです!!ドタキャンを繰り返すと「あの子誘ってもドタキャンするしな〜」と呼ばれなくなり、そういう機会からも遠ざかってしまうわけです!!!逃すなかれ!!!・・・ということで、まとめると、何気ないドタキャンが及ぼす影響って、意外と大きいと思います。そして、軽くドタキャンしちゃう人ほどそれが見えてなかったりします。結局、長い目で見るとドタキャンする人が損をしていきます。自分の今後の可能性を狭くしないために、控えるのがオススメです^^そのために、その予定にワクワクしましょう♪そしたら予定への本気度が変わってきます★そのために、その予定がどんな発見や兆しをくれるのか、その予定から何を得たいのか、その予定を終えた先に見たいもの、感じたい気持ちは何か、自分の中で膨らませるのがオススメです♪騙されたと思って一度やってみてください★・・・良かった!ただの愚痴になりそうなところを、ちゃんとコーチングっぽく書けました^^笑今日の「コーチングマインドで生きてみた」、終わり♪♪♪

      6
      テーマ:
  • 01Mar
    • 大阪にて!協会メンバー集合♪

      こんにちは、コーチの友香です^^・大森友香のプロフィール・コーチングとは?・コーチングメニュー・日本親子コーチング協会HPは⬆︎のリンクから♪♪♪昨日は、日本親子コーチング協会の代表理事である<原潤一郎さん(以下、潤さん)>が大阪に来られているということで、関西メンバー<おとちゃん>と一緒に会いに行ってきました〜♪場所は南海なんば直結のスイスホテル★到着すると、そこには・・・な、な、な、なんと昨年9月に産まれた理事の長男、湊くん(以下、みなとん)も!!!もうもうもう、可愛すぎる〜!!!お父ちゃん(潤さん)はもうメロメロ。なんせお顔がそっくりだもんで、「みなとん、可愛い〜♪」って言葉に自分が褒められてる気持ちになるのだとか・・・笑なんせ、お顔がそっくりだもんで。笑「コピペ、コピペ!」って笑「目的論で育てるのが楽しみ!」と、教えを自身の子育てで実践されて行くそうです。ミルクもあげられて、私も癒されました。手を離しても、セルフで飲んでくれるみなとん。可愛いぃぃい。そして潤さんが素敵な写真もとってくれました〜♪iPhone Xsが欲しくなった今日この頃・・・。さてさて。集まったからにはお仕事の話も♪現状をお話をしたり、これからの展望をお伝えしたり。この記事のTOPにも載せている、プロフィールやコーチングメニューの件も、「こんなの作ってみたんです〜」と共有。まだまだこれからだ、と思って「あ〜、頑張らないと〜!」って言うと潤さんは「友香ちゃんは絶対大丈夫だから」と言ってくれます。そこにこもってる本気度が、本当に私の背中を押してくれるんですよね。自信が全くなかった中高生〜数年前の私は、いつも期待や応援がプレッシャーというか重荷でした。できる自分じゃないと評価してもらえないんじゃないか、できない私でも受け入れてもらえるんだろうか、というような。だからつい、できない自分を証明しようとしてしまったり。だからうまくいかないと安心する、という屈折ぶり。笑でも今思うとちょっと歪んだ考え方ですが、それだけ「結果」ではなく「ありのままの自分」は人に認めてもらえるだけの人間なのか、不安な気持ちがあったのだと思います。しかし今では期待や応援を掃除機のように(笑)吸い込んで、むくむくと嬉しい気持ちややる気が膨らんでいきます。もらった「絶対大丈夫」は、「どんな選択肢を選んでも、ちゃんと辿り着くべきところにいけるから安心して決断して」という意味だと自分なりに解釈して、行動するエネルギーにしています。こんなふうに考え方を変えられたのは、やっぱり自己基盤を整えたからだって思います^^まずは自分を信じること、好きだと認めてあげること。そこから始めてみましょう♪ということで、今日の「コーチングマインドで生きてみた」でした♪すくすく育ってね、みなとん!まったね〜♪♪最高の笑顔でラスト★    LINE@ E-mail

      3
      テーマ:
  • 27Feb
    • コーチング講座 in 城崎 終了しました★

      こんにちは、コーチの友香です。いやぁ・・・前回の更新から日にちが結構経ってしまいました!反省!!!!!でも、ご報告できることがたくさん増えました★まずは、ずっとやろうと思っていたプロフィール♪大森友香のプロフィールはこちら★パッと見で分かるものが欲しい欲しいと思っていたのを、やっと形にできました^^そして、現在私が提供できるサービス一覧も♪コーチングメニューはこちらそしてそして、ピットインカードとはなんぞやも♪(体験会のチラシですが・・・)ピットインカードとはこれでかなり伝わりやすくなったのではないかと!!!コンタクト取る方法もたくさんありますのでお気軽に〜♪LINE@、E-mail、日本親子コーチング協会HPなどなど・・・(HPには名前まだ載せてもらってないから申請せねば、なのですが。)ということで、本題へ〜♪先日、こんなイベントをやって参りました★毎度毎度お世話になっている、城崎の本屋(兼 交流カフェ)さんにて。ブックストア・イチの店長はこんな方♪(勝手に載せてすみません笑)こちらの書は大森作でございます^^いつも私の輪を広げてくださる、ビジネスパートナーという名のお兄ちゃん的存在!まさに人脈作りのプロ。。。今回もお声かけ頂きありがとうございました^^★さて。『コミュニケーション愛』と題しまして、・コーチって何?コーチングって何?・コミュニケーション上手って一体どういうこと?・相手に心を開いてもらうコツ(やってしまいがちなコミュニケーションと効果的なコミュニケーションの事例ワーク)・スキルよりも大切なものとはというような流れでお話をさせていただきました^^いやぁ〜。もう来てくださったみなさんが良い方達すぎて・・・めちゃくちゃ楽しかった!!!!!お話ししてる雰囲気はこんな感じの、かなりゆったりアットホーム♪後ろのTV気になるな・・・笑そうそう。最後にピットインカードの宣伝も忘れずに。ここ、本屋さんなんでね!いつも忘れがちだけど笑何冊か売れたようですよ〜♪前で話すと分かることがたくさんあります。頷きがめちゃくちゃ深く多くなると「あ、ここ共感してくださってるな〜」って分かるし、さらに「へぇ〜」って思うことは、わざわざ手帳を取り出してメモにも残してくださる。逆も然り。「ん?伝わってないな・・・」って空気が漂うときも笑そういうときは頷きが出てくるまで補足を繰り返してみたり。そして、笑って良いのか微妙〜な空気は絶対逃さない!笑笑笑できるだけ拾って笑いに変えていくと、面白い回答を心置きなく言える空気が作れるから、質問で当てたときもなんでも言ってもらえちゃうわけです♪今回も、大声でちょっと怒鳴った後の「今どんな感じがしましたか?」という質問に、「僕けっこうドMなんでアリかも」って答えた方いました笑(他の方は「うざっ!って思った」とか「怒られてる感じ」って答えてくれましたよ笑)「おうむ返しで返してください」って言うてるのに、当てた人3連続で、独自で思いついた質問で返してきたり。笑一瞬「あれ。笑い取るためのサクラ仕込んだっけ?」って考えた程。笑でも、ひととおり話しが終わった後の「質問ありますか?」に、たくさんの質問が出てくれて、本当に嬉しかったです!!!興味を持ってもらえなかったり空気感が重いと質問てしづらいですもんね。聞いてくださってる方たちから本当に、たくさん勇気いただきました!!!体験コーチング(有料)を申込んでくださった方も複数名・・・!「勉強になった」「面白かった」「まずいコミュニケーション取ってたって気づけた」「グサグサ刺さった」「コーチングで私のことも引き上げてほしい」などなどたくさんご感想いただいて・・・まじで嬉しいっっっ!!!!!今回のご依頼を受けて、ありがたいことに、30〜40分のコーチング講座(導入編)というパッケージ商品ができました★継続サポートももちろんたくさんの方にさせていただきたいですが、まずはもっともっとコーチングってどんなものかをたくさんの方に知ってもらいたい^^♪ご要望があればこの内容を以ってしばらくは無料でプチセミナーさせていただきますので、ご興味がある方は呼んでいただければ駆けつけま〜す★☆★(兵庫・大阪に限ります。また、無料期間は予告なく終了することがありますのでご了承ください)では今日も読んでいただいてありがとうございました♪     公式LINE@      E-mailでのお問合せ 日本親子コーチング協会HP

      2
      テーマ:
  • 15Feb
    • ピットインカード体験会@心斎橋 レポート

      こんにちは、コーチの大森友香です^^かな〜り時間が経ってしまいましたが、今日は先日開催した「ピットインカード体験会@心斎橋」の様子をちょこっとだけご紹介します★参加してくれたのは学校の先生をされている方3名^^♪まずは改めて自己紹介をさせてもらい、私がどんな想いでコーチングをしているのかなどをお伝えしました。「今日は私が1番楽しむのでついてきてくださいね 笑」も忘れずに。笑早速コーチングとはなんぞや、であったり、ピットインカードを魅力をお伝えしたり。とっても反応の良い3名で、宣言した通り、とっっっっっっても楽しめました!!特に美術が専門の先生がいたので、ピットインカードの背景にすごく興味を持ってくれていました♪実はこのカード、色彩心理が用いられてるのですね〜!!また、学校の保健室でもこんなの使ってるよ〜と教えてくれた方も。確かに、「気持ちを選ぶツール」という点が似てますね!でも、ピットインカードのこだわりポイントを聞いたら違いがとってもよく分かります^^文字を入れていないことうさぎ(人間以外)であることカードであることとその素材色彩心理の利用などなど、ほんと様々ですが★似たように見えても、異なる仕掛けがたくさんなのですね^^♪そしてメインイベント!プチ★コーチング体験をペアでしてもらいました〜!『百聞は一見に如かず』ならぬ『千聞は一体験に如かず』ってな。勝手に言葉作っておりますが。語呂悪め。笑クライアント(役)も初めてなのに、いきなりコーチ役をやれなんて〜!って感じですが、ほんと、その人その人それぞれに異なる学びがあるから不思議なんですよね〜。ペアワークを見た感じ、「つい話を遮って自分の意見を言いたくなってる自分に気づいた!」とか、「自分の思う方に導きそうになるのをグッと堪えてみたら自分で気づいてくれた!」とか、「次は何を質問しようとか考えちゃって、相手の話が聞けなくなる〜」とか、やってみたからこその感想がたくさん出ていました^^すべて、素晴らしいその人だけの気づき!では、日頃どんな場面や状況で使えそうだと感じてもらえたか、ちょこっと感想もご紹介★(許可をいただいた上で掲載しております♪)★最近は進路相談が多く、生徒からの悩みを聞くことが多いです。 そのときに、自分が思う解決策をすぐに提示するのではなく、じっくりと生徒の話を聞けるようになればいいなと思います。★教育現場で働いていることもあり、普段生徒と接する姿を見直そうと思いました。★子どもと関わる仕事をしているので、今日の話をきいて反省する部分もありました。その方法として、「こうすれば良いのか!」というヒントを得た方も。★誘導するのではなく、内発的に子ども達が動けるよう意識していこうと思います。★ちょっとガマン!何十人もの前に立つ先生がこんな風に気づきを得て、日常の現場に活かしてくれれば、いっぺんに何十人という子どもへの対応が一段ずつ良いものに変わります。これってすごいことじゃない!?って思います。子どもにとって、なんでも話せる、心を開放できる、どうしようもなく悩んだときに相談できる、そんな大人が1人ずつ増えていくきっかけを作れる。コーチとはそんな仕事だと、改めて実感しました。いきなり完璧にコーチみたいな振る舞いをしろというのは難しいですが、今まで気にもしていなかったことが、たったひとつでも変わったら?関係性に変化は起きます。必ず。例え表面に現れなくとも、相手の心の中で起こっているかもしれない。気づくのが今じゃなくて数年先になったとしても、です。だから、信じてこれからもどんどんこの輪を広げていきたいなと感じました^^最後に、体験会を受けてみた感想もご紹介して終わります♪・少人数でアットホームな雰囲気でよかった・自分の気持ちを表現するのは、大人になると機会が減るし、ためらいます。 そういうときにピットインカードがあれば、気持ちを整理できそうだったので、 子どもだけでなく大人も使えそうな気がしました。是非みなさまも興味があれば〜♪次回日程が決まり次第お伝えします^^※ご連絡をいただければ、都合の良いお日にち・場所で開催することも可能です。お気軽にご連絡くださいませ♪メール:info@qumcreate.comLINE@

      11
      テーマ:
  • 07Feb
    • 「俺にも怒ってよ」と言える関係

      こんにちは、コーチの大森友香です^^(写真は割愛!)今日は、先日私の勤務する学童で起こった出来事をご紹介。感動8割、ちょっと笑っちゃった2割のほっこりストーリーです★(オチはタイトルに既出なのですが・・・笑)高学年の男の子2人がペチャクチャとしゃべりながら宿題をしていました。彼ら自身はしっかり宿題をこなす子たちだと私は信頼しているので、百歩譲って、しゃべりながらやっても良いのですが、彼らが話すことで室内がザワザワすると、他の子たちに影響が出て集中力を欠く子が増えてしまいます。結局宿題をダラダラやる、という状況が積み重なっていくと、「宿題=なかなか終わらないもの、面倒なもの」のイメージが強く張り付いてしまい、どんどん嫌になっていく負のスパイラルに陥ります。個人的には、宿題はスピーディーに終えて「やり終えたら気持ちいいもの」と認識してもらえたら理想的だなぁと考えています。・・・と、少し脱線してしまいましたが、ここからが本題です。「しゃべらずにやりなさい!」なんて、耳タコのはず。効果的な声かけかといえば、工夫もないその言葉は最早姑の小言の如し。(例えが合っているのかは際どいところ 笑)友香コーチは考えます。どう伝えれば響くだろうかと。まず、2人の関係性に注目して見ました。基本話しかけるのはAくん。Bくんはそれに答える形で盛り上がってしまう。Aくんはパワー系で開けっぴろげな性格。Bくんは頭脳派でなんでも器用にそつなくこなすタイプ。普段怒られている割合でいえばきっと8:2だな、と踏みました。そこで、ものは試しだと、Bくんにだけ注意をする作戦をとってみました。Aくんが話かけ、Bくんが乗っかろうとするまさにそのとき!「Bくんが答えるから盛り上がっちゃうんやで、答えたらあか〜ん!」と。※ここでそもそもですが、私は怖くないです。 雷を落とすようなこともありますが、使い分けているので、普段は基本楽しい感じで注意します。「Bくん、もうええって、集中して!」「Bく〜ん、3回めやで!」と同じタイミングを見計らって2〜3度注意を繰り返すと、Bくんが「なんで僕に言うん」とうんざりしてきます。そこですかさず「Aくんに言っても聞かんから〜。これが効果的なんよ〜、ごめんね!」とひと言。Bくんは頭脳派なのですぐに理解してくれます。Aくんに話しかけられたらチラッと私の方を見てくれます。笑これは私のお試しだったので、Aくんはどんな反応をするだろうとワクワクしていました。「Bくんだけ怒られてやんの〜笑」「俺怒られへんのや、ラッキー♪」「怒られないならもっと騒いでやろ〜!」とでも来るかもなー、と思っていたのですが、「なんでBくんにばっかり怒るん?」とAくん。「その方が効果的かなと思って〜」と伝えると、返事はポソッと「俺にも怒ってぇ〜」。おぉ!そんなふうに感じていたのかと、これには私も笑ってしまいました。私は普段から子ども一人一人にあった「個別化」した接し方はしていますが、それだけではなく、全体の場を見たとき、それを上手〜くアレンジする必要もあると思っています。高学年だけ怒らない、ということをすると低学年に不満が出ます。逆にそんな大したことではなくても、高学年に協力を仰いで低学年への釘刺しの意味で大げさに注意させてもらうこともあります。気をつけているのは、子どもに理不尽さを覚えさせないこと。大人の言い分を通したい時ほど、いかに普段から信頼関係が構築できているかが重要になってきます。普段から理不尽に理不尽を重ねていると、どうなるでしょう。反発や憎しみ、嫌悪を生んだり、根に持たせてしまったり、場合によっては仕返しを企むような思考を育ててしまったりします。子どもの素直な気持ちや本音からはどんどん遠ざかってしまうんですよね。だからこそ今回「俺にも怒ってぇ」と言ってくれたことは、「素直な気持ちが表現できるだけの信頼関係ができているよ」と教えてもらえた気持ちになり、感動が8だったのです^^Aくんにとって私は、きっとなんでも許してくれる優しい先生ではありません。だけどなんでもかんでも頭ごなしに叱ってくる先生でもないはず。「言ったら伝わる」ときっと思ってくれているのだと思います。Bくんにとっても、きっと簡単に欺ける先生ではないはずです。笑(私は子どもの頃、たくさんの大人を欺いている自覚がありました。嫌な子〜笑)口数が少ないので、「Bくんも〇〇だったとか?」とあえて仮説をぶつけてみたりはします。「違う!」と言った後に伝えてくれる言葉は、分かって欲しいことの表れなので、そこをとっても大事にしています^^こちらがちょっと対応を間違えると「もういいわ」とプイッとさせてしまうので、そうさせないよう意識して関わっています。子どもは毎日たくさんのことを教えてくれます。大人に比べると経験や知識が乏しいだけで、大人と同じだけの感情はもう持っているなぁと、本当にそう感じさせられることが多いです。子どもが学びをくれる分、こちらからは大人としてあるべき接し方をこれからも続けていきたいなぁと思います^^なんだかしんみりしてきたところでおしまいっ!!

      8
      テーマ:
  • 20Jan
    • 子どもが「相談できない」のはどうして?

      こんにちは、コーチの大森友香です^^ピットインカード体験会でいつも質問することがあります。「あなたは子どもの頃、周りに相談できる人でしたか?」これを読んでいるあなたはどうですか?^^私は相談できない人でした。体験会ではこう続けます。「なんで相談できなかったのか、思い出してみましょう」私も、子どもの頃の気持ちに成りきってそれらしい回答は自分の中で持っていたのですが、最近その頃の気持ちを再体験することがあって、「あー、これだったか!」と感じたので共有してみようと思います^^仕事でちょっと困ったことがあって、「今日こんなことがあったんよ〜」と両親に話してみたのです。相談のつもりではなかったのですが、世間話程度に。父は、「それくらいのことはよくあるよ。もっとこんなことだってあるのに・・・」と。母は、「それじゃ、こうしたら良かったんじゃない?」と。それに対して私が「いや、それだとこうなっちゃうからなぁ〜」と言うと、「じゃあ知らんわ〜。」と。ほほぅ。となりましたね。笑こんなやりとりみなさんも周りでありますか?きっと父は私が文句を言っている、と判断して、「お前の体験したことなんて大したことではない」という誰かとの比較で返してくれたのだと思います。そしてその発言に「そんな程度のことでグチグチ言うんじゃない。」という否定的なメッセージが乗っているように私には受け取れました。それに対して、母はアドバイスをしてあげることが必要だと判断して、母なりのアドバイスをくれたのだと思います。でも私に渋られたので、「じゃあ知らんわ〜」と来たのですが、きっと「私には解決できないわ、自分で考えれば?」という意味だと感じました。子どもの頃の私にとっては、悩んでいることがあっても、相談したら文句だと受け取られ「この程度のことで・・・」と否定されるかと思うと、口に出すことなく耐えることが正解だと感じてしまっていたのです。例え自分にとってはとても深刻なことでも、大人に言うと「大したことない」と捉えられるという、固定概念が出来上がってしまい、小さなことで騒いでいる自分を恥ずかしいとすら思ってしまっていました。また、周辺情報が少ない状況では、一方的なアドバイスがバチッと来ることの方が難しいのです。つまり、もらったアドバイスを「違うな〜」と思っても「それいいね!そうする!」と言える器用さを持っている子はそういないと思うので、ほとんどが「う〜ん」となってしまうんですよね。せっかくのアドバイスに対して「それは違う」と言わないといけない方も、実は気を遣ったりもします。私の場合は「知らん」と言われてしまうと「放棄された!私がアドバイスを受け入れなかったからだ・・・」と自分を責めたりもしました。総じて言うと、・・・なんかこのやりとり疲れません?私の中で相談することは、「=疲れる・しんどいこと」だったのです。さらに「疲れる」だけに留まらず、悩みを口に出すことで、こんなことで悩んでいる自分はダメなやつだとさらに自己否定感が膨れ上がるという一連の流れが出来上がって、耐えることが美徳になっていたのですね。そりゃあ相談できないわ。という感じですよね。※もちろん、これは私の場合ですが!こんな気持ちを知っている自分だからこそ、同じ想いをしている子どもの力になりたいし、知らず識らずのうちにそんな想いをさせてしまっている親や先生の力になりたいと思えるのです。ピットインカードを使ったコーチングは、まさに「未来のワクワク作戦会議」です。悩みを相談することが、楽しくなって来るのです^^相談後はこんな気持ちが出てくるイメージ♪前半に出てきたカードたちとはえらい違い!    大人がちょっと勉強してポイントを知るだけで、この差があるとしたら・・・子どもの未来に大きな違いができると思いませんか?^^子どものために、大人が勇気を出して一歩踏み出すときですよ♪開催まであと1週間♪ピットインカードの体験会にご興味がある方はぜひお越しください★<1/26(土)10:00〜 @心斎橋>https://resast.jp/events/311171ではまた☆

      10
      テーマ:
  • 19Jan
    • コーチングとはなんぞやを知る!「マンガでやさしくわかるコーチング」

      こんばんは。コーチの大森友香です^^今回は、レビュー記事でございます。先日、ネットでコーチングを知るための本8選、的な記事を読みました。知識がない方からコーチ上級者向けまでランク分けして掲載されていましたが、これも勉強だ♪と思い、読んでいくことにしました^^そして、もっとコーチングをたくさんの方に知ってもらいたいので、その本の中から「この内容いいね!」と思ったものをご紹介します〜!私の癖で文章がけっこう合理的というか理論ぽくなるので、そういうのが好きな方にはスッと入りやすいかと思います♪まずは第一弾として、「マンガでやさしくわかるコーチング」!マンガの部と文章の部で構成されていて、マンガでストーリー的に具体例を挙げ、文章で解説・深掘りをしている感じで理解がしやすいので「ふむふむ、なるほど」感のある本でした☆CTIジャパンが提唱しているのは「コーアクティブ・コーチング」。「コー(Co)」は協力する、「アクティブ(Active)」は前に進む、という意味があるので、つまりはコーチとクライアントは「協力して前に進む」関係であることが最重要だということです。目指したいのは先生と生徒のような「リードする・される」の関係ではないということですね。また、お互いが疑心暗鬼的に警戒したり探り合っては、目指すべき協働関係から離れてしまうので、コーチングにおけるこの関係性の重要性を前提として理解しておくことが大切です。・・・と言ってもここはコーチの腕なのですが。さてここで、コーチングの定義として有名なものに「コーチングとは、対話を重ねることを通して、クライアントが目標達成に必要なスキル、知識、考え方を備え、行動することを支援し、成果を出させるプロセスである」というものがあります。また、「コーチングとは最も欲しい結果を明確にし、1人では絶対に行けないであろう速さでゴールに向かうことを助けるものである」というものもあります。そしてこの本の中では、「コーチングとは、行きたい場所につれていくための手法である」とされています。この辺りまでをまとめると、こんな感じ。コーチとクライアントが協働関係を築いた上で(または築きながら)、まずはクライアントの「本当に欲しいもの」を明確にする。そして、クライアントがそれを手にするために必要な考え方を得て行動を起こせるように、さらには成果が出るように、コーチは対話を重ねることで支援する。その一連のサポートをコーチングと呼ぶ。目標達成は1人でもできるかもしれないが、コーチングの効果は、達成をより速くより効率的にできるよ、ということ。これがコーチングの概要です。ここから、「じゃあ具体的に何すんねん」となるのですが、コーチは「しっかり聞いて良い質問」をし、クライアントは「聞かれたことを自分の中に求めにいく」ことを繰り返す。ほんと、これに尽きるというか。これ以上のことは、人によって様々、ってことになっちゃうのです。そう、コーチングはオーダーメイドなんですね。コーチ×クライアント×悩みの数だけやり方・進め方が異なるわけです。それを一言でまとめるのは至難の技ですね!では、クライアントに行動してもらいやすくするためのスキルを4つ紹介して終わります^^①期日と行動目標を提案する「要望」のスキル 例えば、「勉強のために本を読んでください」と言われるのと、「今月中に○○の本を読了してください」と言われるのと、どっちが実行しそうですか?ということです。ちなみにコーチングの場合、できなさそうとかやりたくないと思ったら断ってOKです♪②クライアントの目線のはるか上の提案をして、枠超えを図る「挑戦」のスキル うちの協会の理事はかつてこんなことがありました。 コーチに「子どもにコーチングをしたい!」と言ったら、「子どもが、コーチングをしたい!」と返されたのです。 「子どもがコーチングをする」なんて考えもしていなかったのに急に降ってきたアイデアですよね。 でもそう言われて「子どもはコーチングされる側」という自分の固定概念が吹っ飛んだわけです。③行動すると決めたことを忘れず実行に移すための「構造化」のスキル せっかくコーチングで決めたことも、忘れちゃ勿体無い! ということで、忘れないようにメモしたりアラーム鳴らしたりして忘れないよう仕組み化するのです。 子どもが連絡帳を書く→宿題や荷物準備の際に見る、というのも漏れがないようしっかり構造化されてますよね。④結果を自分の口で説明する「確認」のスキル 決めたことをやってみてどうだったのか。または、やらなかったのはなぜか。 そういったことを自分の口で説明してもらうことで、次の学びに変えます。 できなかったことが悪いわけではなくて、どうしたらできたのか、じゃあ次回はどうするか、すべて次の行動のための学びにするのです。今日からでも日常生活に使えますので、ぜひ意識してみてください☆これは一体レビューだったのかなんなのか分からなくなってきましたが、ご愛嬌。笑ではまた!

      2
      テーマ:
  • 18Jan
    • コーチングで得られるもの

      こんにちは、コーチの大森友香です^^先日、日本親子コーチング協会のメンバーで、2018年の振返り&2019年ワクワク想像ワークをしました。今、私は28歳で独身。結婚の予定も今のところナシ!いつまで生きるかも分からないけど、長い人生の中でこの1年はどんな意味があったのか、そして2019年はどんな年にしたいのか。それを仲間と一緒にワイワイしながら認め合いながら進めていく、そんなワークでした♪以前にもブログで振り返りしましたが、今回も私の結果をちょこっとご紹介★2018年1〜3月は、ジェットコースターみたいな3ヶ月でした。スケジュール帳を見ながら進めるんですが、見返すだけでけっこう気持ちが落ちてしまう3ヶ月でした。最中は盲目的に走り続けていたのですが、振り返るとちょっと落ちる出来事の方が多くてビックリ!という感覚から、「ジェットコースター」にしました。ピットインカードで言うとコレとコレ。&2018年4〜6月は、繋がる・広がる・軽くなる 3ヶ月でした。なんとマイナスな出来事1つしか思いつかないという期間でした!(プラスは11こ出ました)背負ってた荷物が下ろせたり、新しく始めたことが4つもあったり。実は協会のコーチコースを受講したのもこの時期♪潤さん、ともち、しまりんと出会ったのもこの頃ですが、信じられない親密度!内面から湧き出る話を認めあえるからなんだな〜と改めて^^カードはこちら♪&2018年6〜9月は、心にゆとり子どもとふれあう準備期間な3ヶ月でした。テーマがだんだん標語みたいに・・・笑この時期は、仕事というより、旅行したり小中高生とふれあう機会があったり初キャラクッキー作ったり、リフレッシュしたようなゆったりとした時期でした。2018年10〜12月は、機は熟した。さぁ行くぞ! な3ヶ月でした。認定コーチや認定ピットインカードインストラクターの資格を取得し、コーチングを必要としていると感じられる人との出会いがちらほらあって、かなり勇気づけられました!PCや車など、身近な物も新調して引越し先の家も決めて、なんか「整った!」という感じ。2017年は自分と向き合うことが大きなテーマになった1年だったな〜というのに対して、2018年はかなり周囲の人とも関わり、輪も広げ、自分の価値観ができていくような、味わい深い1年になったなと感じます。そして2019年を終えるとき、私はこんな風に感じていたいのです。「幸せってこれか〜!!」※順位とかではなく、この顔の感じ!2019年内に何を完了していればそれが感じられるか。それを考えたとき見えたのは、「コーチングに出会えてよかった」という言葉をたくさん聞くこと。私にとって価値が大きいのはその想いや言葉たちなんです。今までももらってきた「なんか頭が整理された気がする」「スッキリしたかも」「聞いてもらえて嬉しかった」などなど・・・もちろんそんな言葉も嬉しかったけれど、それだけじゃまだまだ足りない。その先にもっと大きな価値を届けられるはずだし、よりよく生きるパワーを掘り起こすサポートがしたい。私が勉強したり経験したりするのも、すべてはクライアントさんに「コーチングに出会えてよかった」と思ってもらうため。それが私のモチベーションなのだと、このワークを通して気づけました。ワーク中のHighな感覚を日常的にずっと続けられたら、ほんとなんでもできちゃう気がします。Highになれるコツがたくさん散りばめられてるのだけれど、そんな場を気軽に提供していきたいし、日本親子コーチング協会の関西のコーチ陣で創りたいなぁというのもこのワーク中に思いました♪コツコツ準備していこう。よぉおおし!頑張るぞー!!!!!

      4
      テーマ:
  • 14Jan
    • 書初めと「大人になること」

      こんにちは、コーチの大森友香です。このもはや誰やねんて画像は香川県の父母ヶ浜に行ったときのものです♪日本のプチウユニ。さてと。遅ればせながら、2019年書初めをしました。筆で書くのなんて、大学の授業以来!(小学校の先生コースだったので、書道の授業もあったのです)そしてできた作品がこちら。 ※ここからは、「なかなか上手く書けた」ていで話を進めますのでご容赦ください 笑書いてみて感じたのは、見る力が上がったなということ。小学生の頃も数年間習っていましたが、最後まで書かずに諦めて次の半紙へ・・・なんてのもザラで。大学生の頃は、あまりにも字が半紙に収まらないので手本の上に半紙を乗せてなぞってみたり。でもなぞってみたときの感想はよく覚えています。「え、こんな細く書くんや!」と思いましたね〜手本を、見た印象と真似てみた印象のギャップです。そうか、細く書けば相対的に同じ大きさの半紙の中でも長く大きく見せられるんやな〜と発見したのです。今回は、スマホに表示させたお手本を横に置いて書きました。そしたら、見えてくるんです。「ふむふむ、この線はこの太さでこの位置から書き始めて、この角度で曲がってきてどんどん太くなって最終着地はこの太さでこの位置か。」子どもの頃も「お手本よく見て」と言われていたので書く前に見ていましたが、今思えば見ていたのはせいぜい書き始めるスタート位置くらいだったと思います。あとは頭の中のイメージのまま書いて、「うわ、お手本と全然違う・・・なぜ!」となる流れ。28歳の今は、「見て分析してから書き始める」という力が付いていました。しかも、大学生のときの「思ってるより細く!」も活きているという。あと、子どもの頃は少しのズレが気になってイライラしてたけど、今は「ここズレたから次でちょっと修正しよう」とか「まぁ100%お手本通りになんて難しいし、ハネもバランスもそこそこええんじゃない♪」と、できてないとこ探しから、できてるところ探しや帳尻合わせができるようになっていました。書初めひとつとってもこういう目線で見ると新鮮で面白いなぁと思ったという話でした^^笑今年もこうして生きれていることに!!ではまた^^

      4
      テーマ:
  • 07Jan
    • 窮屈な箱の中の、ぎゅうぎゅうな想い

      こんにちは、コーチの大森友香です。実は、この記事書くの2回目です。書いてる途中にPCのアップデートが勝手に始まり全消え・・・泣ける。いやしかし、こんな時こそ感謝を忘れず!「下書き」保存の重要性を教えてくれてありがとう。この考え方を教えてくれた本はまた後日紹介するとして。笑はい!本題へ。-----先日、1年ぶりに会う友人(学校の先生)とご飯に行ってきました。近況報告だけで時間がどんどん過ぎていく!そして、今働いている環境や状況にたくさん不満があることを話してくれながら、「まぁ変えようとしてもダメやったから諦めてるんやけど。」と友人。ここまではよくある話なんですが、なんだか違和感があって。その正体はなんだろな〜と思いながら聞いていると、あぁ、そうか!と。友人の不満は形こそ「不満」なのだけれど、中身がただの不満じゃなかったのです。口から出てくる「〇〇なのが嫌だ」には、実はけっこう明確な「もっと○○ならいいのに」が隠れてて、それって言い換えたら「ありたい姿」なんですよね。こういうのって意外と本人は気づいていないもんです^^しかも、そのありたい姿は「自分が損したくない」「自分が得したい」とかってことじゃなく、ちょっと大げさに聞こえるかもしれないけど「子どもの未来の役に立ちたい」とか「ここの仕組みが変わればこの業界はもっと良くなるのに」っていう視点の高いものだったんです。めっちゃ素敵や〜ん^^そんなふうに思える人ってそう多くはないはず。応援したい気持ちがついくすぐられる。私は聞きました。「もし思い描いたふうにできたら、あなたにはどんな良いことがありそう?」普段の会話でそんなこと普通聞かれないので「え〜、なんやろ…?」と戸惑っていた様子でしたが、「子どもが成長した姿が見られたら幸せ」と言うのです。そして、違和感のもう一つの理由。「諦めてると言いながら、こうやって口に出すのは本当は諦められてないように聞こえるけど、どう?^^」「ほんまやな!諦めてたらもう言わんもんな〜笑」と、素直なところがあらまた素敵。なんというかすごく、こうしたい、こうなれば良いのにって想いはたくさんあるのに、うまくいかなかった経験が壁となり囲いとなり箱となり、ぎゅうぎゅうに押し潰されちゃった、って感じがしました。こうやって想いがスレていくなんて・・・勿体無い!と伝えました。そして、「耐えれんくなったらいつでも辞めたるって覚悟!笑」と言う友人に、「じゃあ1回、周りとか関係なく好き勝手やってみるとかは?^^あとは、変えようとしてダメだったって言ってたけど、言い方変えれば伝わり方も変わったりするからね♪」とだけ無責任に伝えてみました。どんな風に伝わったかな〜自分の中で何を感じたかな〜なにかプラスになっていれば嬉しいな♪あなたの不満はなんですか?そこにはどんなありたい姿が隠れてますか?視点が高くある必要はありません〜2分考えてみるだけで発見があるかも♪ではまた^^

      1
      テーマ:
  • 06Jan
    • ワクワクさせてくる本!「しょぼい起業で生きていく」

      こんにちは、コーチの大森友香です。今回は初めてのレビュー記事を書いてみます。私はちょこちょこ本を読みます。ハマっている時期はガツガツ読むけどとんと読まない時期もあります。本の選び方にはこだわりがあります。多分たいして変わった選び方ではないと思いつつ、違う人もいるかと思うのであえて紹介してみます。「なんか本読みたいな〜」とか「移動中、読書する時間があるな〜」と思ったときはもちろん、友人との待ち合わせまで10分ある、とかいうときも本屋にふらっと立ち寄ります。今思えば、それが習慣化したのは「10分あれば書店に行きなさい」という齋藤孝さん著の本を読んでからかもしれません。いつ読んだかは覚えてませんが(笑)特に「こういう本がほしい」は決めずに入店。目についた棚から順に物色していきます。小説からビジネス、ハウツー、自己啓発、歴史物、資格系、女性の特集コーナー、旅雑誌、漫画などなど。気になったタイトルや装丁の本を、とりあえずパラパラしてみます。その中から、一番「この本好き!読んでみたい!」と直感で感じた本を購入します。好きだと思うポイントはそんなに意識していませんが、目次がピンと来るか、フォントや挿絵、ページの使い方(空白が多いとか)、文章の読みやすさ、作者に共感できそうか(言い回しや温度感など)、そんなところでしょうか。まあ、「相性」ですね!小説の場合は「○○賞受賞」と書いてあるものから選ぶことも多いです。気になる本が複数あっても、一冊だけにするようにしています。「こっちは後で」と寝かせたら読む気がなくなることが多いからです。それと、先に読んだ本により新しい価値観が入った自分は、もう後回しにした二冊目にときめかないかもしれないからです。そしていつもの如く、2019年1月5日に出会ったのが、えらいてんちょうさん著の「しょぼい起業で生きていく」でした。まずタイトルにドン惹かれ。(笑)そして「はじめに」をパラ見して、①著者が同い年で親近感が湧き、②朝起きられないから起業したで「面白い、いいね!」となって、③サラリーマン生活が嫌になったら起業しように同感したのです。そして何より「しょぼい起業」というタイトルに、自分自身の起業の仕方に名がついた、とピンと来た感覚がありました。感想から言うと、久しぶりにワクワクさせてくる本に出会えた!という感じです。正直序盤は「店舗経営推奨か〜」とか思いながら読んでいたのですが、角度が新鮮。そして程良い脱力系で、合理的だけど謙虚で人間味のある著者の人柄(私の個人的感覚ですが)が印象的でした!どうやら割と有名な方のようで。さらに読み進めて行くと、「ある人物」のなんともドラマのある人生が描かれていました。私も知っているんです。腹を決めてトライすると、その先に飛び込んでくる予想もしていなかったありがたいお話に出会えることを。今の私がまさにそうなので!その、まさに真骨頂のような物語でした(ノンフィクションです)。常々「ドラマのある人生を送りたい」と思っている私は、「うわぁあああ、いいなぁああ!!」とワクワクしました。そして数日前「行動したくてたまらない、という状態になりたい」をテーマにコーチングを受けた私は、「あぁそうそう、求めてたのはこの感じ!」と思いながら今PCをパチパチしております。さらに気づいたら早速3人にこの本を勧めていました。読んでくれるかはその人次第ですが、勧めたくなったということ自体が、この本がもたらしてくれた影響だなと。そう、こんな感じ。興味のある方は是非。私レビュー下手かも。(笑)ではまた^^

      5
      テーマ:
  • 04Jan
    • 中学生とのコミュニケーション♪ ★「私メッセージ」解説

      こんにちは。コーチの大森友香です^^(9月の写真なので服装が季節外れですが・・・)今日は男子中学生とのやりとりで、<コーチングマインド>体験!年に2回くらい会うイトコの子ども達のうち、今回は中学校1年生の次男くんとのやりとり。中学生って会話のキャッチボールをするのが難しい時期ですよね。小学校低学年のように「聞いて聞いて!」と積極的に話すには小っ恥ずかしく、大人のように相手に合わせて話すにはまだ客観性が育ってない、まさにマージナルマン。かと言って、せっかくたまに会うのに何も喋らないのは寂しいし〜というかコミュニケーション取りたいし〜ちょっとでも関係性作りたいし〜という私の個人的な想いから、コミュニケーションスタート♪コーチであるにも関わらず、新年の挨拶を済ませて早速「中学校、どう?」という月並みな質問をしてしまった私。「まぁ、楽しいかな。」という返事を聞いた時に「しまった、意識0の質問してしまった!」と反省(笑)その後、軽く会話を交わしていたら、お母さんが通知表を見せてくれました。それを見て、「あれ。意外やね〜!体育得意なのかと思ってた!」と伝えると、「違うんよ!・・・」と理由を話してくれました。「そっかそっか。嫌いな種目が重なったのか〜。」と言うと、うんうんと頷いてくれました。このやりとりができて私の内心は「よっしゃ♪」です。もしコーチングマインドを身につけていなければ、もしかしたら「あら、体育あかんやん〜。もっと頑張らないと〜!」とか「体育苦手なんだね、でも他良いからいいやん!」と言ってしまっていたかもしれません。違いは、決めつけられた!と相手に思わせてしまうかどうか。例えば、自分自身に置き換えてみて、「『この子は○○が苦手』と決めつけられた!」と感じてしまったら、どうでしょうか。感じ方は色々あるかと思いますが、私なら「言い訳するのも面倒くさいからそういうことにしておくか。」と適当に「そうなんですよね〜」と合わせておくかもしれません。そしてそれは、信頼関係を築くことと逆の行為と言えます。そうならないように、簡単にできるポイントとしては、「あなたメッセージ」を辞めて「私メッセージ」にすること。「(あなたは)体育あかんやん。(あなたは)もっと頑張らないと」や「(あなたは)体育苦手なんだね」を、「(私は)体育が得意なのかと思ってた」に変えるんです^^「ん???一緒やん?」と思いました?私も初めて私メッセージを教えてもらったときは違いを理解するのに少し苦戦しました。「思う」をつけるだけで主語が「私」になるんですね。そうすれば、「あなたは○○です」という評価表現が抜けるので、言葉を受け取りやすくなり、「違う」が言いやすくなります。だからこそ、それまでの一問一答のようになっていた会話から「違うんよ!」という言葉が出てきたのかも。そして「違う!」という言葉は分かってほしい時に使いますよね。そして言い分が続きます。言い分を言ってもらえたらこっちのもん♪コーチの得意技★「そっかそっか。」と受け止めます。その結果引き出せたうんうんという肯定は、「受け止めてもらえた」という気持ちに繋がります。関係性が+1UPした感じですね^^信じて「違うんよ!」と言ってくれた彼に尊敬&感謝の気持ちを忘れずに♪言ったって「それは言い訳や」などと否定されることだってあるかもしれないのに、言葉にしてくれた勇気は尊敬ものですね。こういう小さなコミュニケーションを周囲にたくさん散りばめていきたいなぁ。今日もありがとうございました^^

      2
      テーマ:
  • 01Jan
    • 2019年あけまして^^ 〜2018年振り返り〜

      2019年になりました☆明けましておめでとうございます。みなさま、2018年はどのような年だったでしょうか。私も振り返ってみようと思います!<1〜3月>経営者としての脳を身に付けに、大阪や東京に出かけまくりの3ヶ月!セミナーなどに参加し、脳を活性化!!!インプット中心の3ヶ月<4〜6月>子どもコーチクラブ(現・日本親子コーチング協会)のコーチコースに参加♪兄や友達の結婚式があったり、大学の友達と飲み会をしたり。仕事の方も満了したり新しく始まったり。出会い・再会の3ヶ月 <7〜9月>神鍋や城崎など、地元を観光して改めてよく知った時期!趣味で数学検定準2級を受けてみたり(笑)幼なじみがいるオーストラリアや、誕生日に大学の友人と香川を旅行したり♪キャラクッキーの始まりもこの時期。そしてそしてコーチングトレーニング20人達成☆とにかくよく動いた3ヶ月 <10〜12月>協会の認定コーチ入り!さらに講座を受けて、認定ピットインカードインストラクターに♪PCと車を変えました^^Macbookデビュー!新居も決めて、名刺もGET☆2019年0月に当たる3ヶ月 なんとも「起承転結」。この振り返り、私はスマホのフォトギャラリーを見ながらザーッとやりましたが、言語化してみると面白いですね。また、3ヶ月ごとに区切って【どんな意味のある時期だったか】を自分流に意味付けしてみると、「来年はこんなふうにしてみたい!」ということが見えてきそう♪私は2019年、体験コーチング100人を達成して、認定マスターインストラクターも取りたいなぁ〜!継続コーチングのクライアントさんは、目指せ10人★体験会の開催は、目指せ8回★・・・公言してしまいました。頑張ります!!!みなさまにとって有意義な2019年になりますように♪先着50名様に限り、無料で体験コーチングさせていただきます。現在:38/50名 終了♪LINE@ID:@aqo1383b

      1
      テーマ:
  • 30Dec
    • はじめまして☆まずは自己紹介^^

      はじめまして、大森友香と申します。兵庫県在住、28歳の女性です☆まずは<大森友香ってどんな人?><なんでコーチになったの?><どんな人を応援してるの?>というところをザクッとご紹介!お付き合いくださいな^^**ーー**ーー**<大森友香ってどんな人?>まずは肩書きから。一般社団法人 日本親子コーチング協会 認定コーチ/ 認定ピットインカードインストラクター学童スタッフその他保有資格:小学校教諭一種免許/中学校教諭一種免許(家庭科)/高等学校教諭一種免許(家庭科)日商簿記二級/二級ファイナンシャル・プランニング技能士教員免許や学童勤務経験のあるコーチです^^では略歴。幼少期、家族5人(父母と姉兄私)で3年間のシンガポール生活を経験しました。日本人学校だったので、シンガポール勤務というアクティブかつ優秀な親を持つ子どもがほとんどで、周囲に馴染むように積極性や活発性を身につけていったと思います。小学4年生で帰国し生まれ故郷へ戻ったところ、環境の違いにカルチャーショック!身につけた積極性は「仕切り屋」「出たがり」「痛々しい」と捉えられてしまったのです。生憎、平気でいるメンタルは持ち合わせていなかったので、怖くなり、周囲の顔色を伺う自分が始まりました。何かあったら自己否定を繰り返し、どんどんスレていきました。家にも学校にもどこにも自分の居場所がないと感じ、絶望感とともに、朝は身体が鉛のように重たく昼になるとお腹が痛くなる毎日を過ごした時期もありました。本当は色々「そんなことなかった」のに、自分でそう決めてしまっていたんですね〜。大学で大阪に出て、あっけらかんとした土地柄に少々緩和されたものの、考え方が変わるわけではなく、自己肯定感が低いままちょっとしたことで落ち込みやすい大人になってしまったのです。ココロの中は重暗くいつもぐちゃぐちゃ。もはや特技は「いつでも落ち込める」(笑)そんな中、26歳でコーチングと出会いました。先生と仲間に、「ガッツリ自分と向き合う環境」をもらったのです。それまでは周囲に責任転嫁もたくさんしたし、人と比べて劣っている「ない」ものばかりの大嫌いな自分だったけど、ありのまま認めて受け入れることができるようになっていきました。そしたらココロのなんと軽いこと!!「生きづらい」と思っていた世界は自分の思い込みが作り上げた虚像だったのですね。コーチングと環境と仲間のお陰で26歳のうちに独立も果たし、コーチングの効果をさらに実感!性格はといえば、面白さを大事にする、思い切りの良いチャレンジャーです♪ポジティブでエネルギーは高めです^^学ぶこと自体が好きで、閃きを生むのも得意です。けっこう元々コーチ気質だな、と自分で思ってます★**ーー**ーー**<なんでコーチになったの?>「変わる」きっかけをくれたコーチングの素晴らしさを身を以て経験し、「私も自分の望む自分になれる人を増やしたい!」と思い、自らもコーチになることを決意しました!自分自身が子どもの頃の出来事を契機に崩れていったことと、子どもが好きという単純な理由から「子どものためのコーチング」を学び始めました。学童に勤務し、小学生のリアルな日常にも携わり始めました。そして2018年、一般社団法人 日本親子コーチング協会の認定コーチおよび認定ピットインカードインストラクターとなりました。「自分の望む自分になれる人を増やす」ことが私のミッションだと思っています^^それを、叶える手段としてコーチングを選びました♪**ーー**ーー**<どんな人を応援してるの?>「自分の望む自分になりたい人」を応援しています★・これから輝く未来を創っていく子どもたちはもちろん、・自分の子どもに望む自分になってほしい!と思っているお母さん・子育てに自信を持ちたいと思っているお母さん・子どもとのやりとりに悪戦苦闘しているお母さんなどなどお母さんも応援しています♪そんなふうに悩んだりするのは、お子さんに向き合おうとしている証拠ですから。また、・子どもの可能性を引き出したい!と思っている先生・学級経営に自信を持ちたい先生・言うことを聞かない子どもに悪戦苦闘している先生・子どもに良い結果を残してほしいと思っている先生など、学校の先生や習い事も先生、スポーツのコーチも応援したいです!先生の関わり方で子どもたちは目の輝き方を変えます!!それから子どもから離れて、・もっと自分らしく生きたい・何か自分で始めてみたいことがある・今の自分から変わりたい!と思っている人も応援しています^^だけどやりたいことが分からない、やり方も分からない、という方も歓迎です。自分自身が20代でフリーランスになったので、特に・独身のうちになりたい自分を手に入れたい!という女性・子どもに関わる仕事を創っていきたい方は力になりやすいと思っています★興味を持ってくださった方は是非体験コーチングを受けてみてください^^私でお力になれるかどうかも判断いたします♪先着50名様に限り、無料で体験コーチングさせていただきます。現在:37/50名 終了<ブログでは・・・>コーチングマインドを身につけると→自己肯定感を高くなる→周囲との人間関係も円滑になる→自分で未来を拓くチカラに繫がります。しかして「コーチングマインドとはなんぞや?」ということで、ブログではコーチングマインドで生きてみたらこんなことがこんなふうに感じられました★みたいなことを中心にお届けしようかと思っております。もちろんそれ以外も型に縛られず、色々お届けします!興味を持ってくださった方は是非LINE@のご登録を^^体験コーチングの受付、お得な情報やブログ更新のお届けなどをしていく予定です☆LINE@ID:@aqo1383bでは、よろしくお願いします^^

      3
      テーマ:

プロフィール

大森 友香のプロフィール

大森 友香

性別:
女性
誕生日:
1990年9月17日
血液型:
B型
お住まいの地域:
兵庫県
自己紹介:
一般社団法人 日本親子コーチング協会 認定コーチ / 認定ピットインカードインストラクター 学童スタ...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ