県職員採用試験 技術職10職種中7職種で欠員! | あみなかブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

県職員採用試験 技術職10職種中7職種で欠員!

 令和2年度県職員採用試験において、土木職などの技術職10職種中7職種、保健師などの資格免許職4職種中3職種で採用予定数を確保できていないことがあみなか肇の委員会質問で明らかになりました(辞退者数等の状況は2月10日時点)。
 特に、上級土木職は採用予定数76人に対し確保数は47人で欠員数29人、上級林業職は採用予定数14人に対し確保数は6人で欠員数8人などとなっています。
 また、獣医師は採用予定数20人に対し確保数は7人で欠員数13人、保育士は採用予定数25人に対し確保数は9人で欠員数16人などとなっています。
 新型コロナなど感染症対策における疫学調査等にも従事する保健師、鳥インフルエンザ対策にも従事する獣医師、児童虐待対策等にも従事する児童指導員及び保育士、こうした現状、最も重要な県政の課題とされている業務に従事すべき現場の職員が軒並み欠員となってしまっています。
 県に対して、人材の確保・育成策のより一層の推進、魅力的な職場づくりと働きやすい職場環境の整備を強く要望しました。

 

千葉県議会議員

あみなか肇