昨日は午前中、地元小学校3年生の自転車教室がおこなわれたので、交通整理のため交通推進隊の仲間の隊員とともに、会場となる金沢市新神田の交通公園へ車で向かいました。

 

すると、子供たちはすでに到着していました。

 

 

児童たちは、引率する教頭先生や担任の先生方と共に、貸し切りバスでやって来たのです。

 

 

金沢市では毎年4月~7月の間に、市内全校の小学3年生がここで自転車安全教室を受講することになっています。

 

 

この交通公園というのは、他の自治体にはあまりないのではないでしょうか?。

 

 

交通公園は、市民センターや金沢地方法務局(登記所)などが入っている、金沢新神田合同庁舎の向かいにあります。

 

 

サイズ別の子供用自転車がたくさん用意されています。

 

 

この交通公園は、実際の交通標識が設置されており、踏切の遮断機や…。

 

 

模擬信号や横断歩道も実物大に置かれています。

 

 

本来は、模擬信号や横断歩道を実際に歩いて、確認してから実技に移るのですが、昨日はあまりにも暑かったので、熱中症対策のため、木陰での指導となりました。

 

 

自転車の正しい乗り方、自転車の危険な乗り方、点検等の指導のあと、自転車に乗っての実地練習がおこなわれました。

 

 

信号、横断歩道、止まれの標識、踏切などでは必ず止まり、前後左右の安全確認をおこなってから進みます。

 

 

これは、学校のカリキュラムに含まれていて、子供たちにルール・マナーを学び、自分で自分の身を守ることを理解してもらえればと願った次第です。

 

m(。-_-。)m ↓おねがいします! 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村