大型で非常に強い台風10号の北上に伴い、台風の経路から離れた当地でも、朝から時折突風が吹いています。

 

昨日も、台風の影響で大気の状態が不安定になり、フェーン現象で気温も上昇し、雨もパラつきました。

 

 

昨日は、まず午後1時より白山市別宮出町・八幡神社の秋季大祭を奉仕いたしましたが、白山麓は少しは涼しいかと思いきや、気温は33℃で残暑きびしい中での祭典となりました。

 

マスクを着用しながらも、集落の方全員にご参列いただきました。

 

 

引き続き、白山市渡津町・八幡神社の秋季大祭に向かいました。

 

渡津町は、閉鎖となった旧鳥越高原大日スキー場へ行く途中にある集落です。
 

 

上の画像と大体同じところから撮ったものですが、豪雪地帯なので神社へと続く参道は、3年前の大雪の際は4月の始めでもまだこれだけ残雪がありました。


はじかみ神主のぶろぐ


神社までは134段の階段を昇らなくてはなりませんが、当社の方がもっと石段の数が長いので、たいして苦にはなりません!。
 

 

途中の踊り場で少し息を整えてからふたたび昇りました。
 

 

神社に到着して、階段を振り返るとこのとおりです。

 

高台にあるので風も心地よく、装束を着てもあまり汗をかきませんでした。

 

 

さて、3日前、コウちゃんが会社帰りに我が家へ立ち寄り、牛のサガリを持参の牛刀で塊をさばいてくれました。

 

牛のサガリをブロックでいただいたのですが、さすが食肉のプロだけあって、てきぱきと肉とスジを切り分けていました。

 

 

サガリは、サシが少なくしっかりとした赤身ながら柔らかい肉質が特徴で、肉の塊で見ると細長い形をしています。

 

 

で、「サガリ」は図のように内臓の中でも横隔膜の一部分で、助骨の部分にあたります。

 

サガリは一頭の牛から1kgほどしか取ることができないので、とても希少な部位で、ローカロリーでヘルシーなので女性に人気なのだそうです。

 

 

さばいたサガリはタッパに2パックとなりました。

 

 

さっそく、夕食で焼いて食べてみました。

 

まいう~♪。

 

 

そして、切り分けた際に出る牛スジですが…。

 

 

大量の牛スジは、2袋に分けて冷凍保存しました。

 

それにしても、スジとは思えないくらい赤身で上質です。

 

 

そして、一昨日、女房が牛スジのアクを取りながら弱火でゆっくりと煮込みました。

 

 

ひと晩寝かせたあと、塩胡椒、醤油、味醂、砂糖少々を加え、味を調え、牛すじラーメンのスープの完成です。

 

 

翌日のお昼、まず生ラーメンを茹でました。

 

 

丼を用意し…。

 

 

牛すじラーメンの完成です。

 

牛スジからコクのあるダシが出て、本当においしいく頂戴いたしました。

 

 
m(。-_-。)m ↓おねがいします! 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村