スカルプケアって、なーに? | ヘアケアドクターMimotoの毛根は死なない!!

ヘアケアドクターMimotoの毛根は死なない!!

管理美容師+発毛技師=ヘアケアドクター。発毛、育毛の業界トップレベルの技能を持ち、髪の健康を考え、美しい髪にこだわるプロフェッショナル。髪の専門家。
公式ホームページ:http://kanzenhatsumo.com/


テーマ:

こんにちは

 

完全発毛・ヘアケアドクターの三本周生です。

 

今日のスカルプケアのお話です。

 

 頭皮のことをスカルプ(scalp)っていいます

 

ですので、頭皮ケアのことをスカルプケア(scalp care)っていいます。

 

 余談ですが、スカルプチュア(sculpture)とは、ネイル用語です

アルファベット表記の綴りが違い、意味も違います。

 

さて、話を戻しましょう。

 

 私のスカルプケアで活用しているのがバイオスコープです。

 

このバイオスコープは頭皮、毛穴周りを300倍〜1500倍に拡大して頭皮の状況を撮影、記録するために使ってます。

その画像をモニターに映して、クライアントの皆さんに現在の頭皮の状況を確認してもらって、説明や、アドバイスを行っています。

これをカウンセリングと呼んでいます。

 

頭皮や、毛髪の汚れの付着の有無や量、フケの出加減、脂の出方や汗の出方まで、細かく把握ができます。

当然、頭皮環境の健康診断ができるほど詳しく見ることが出来、一緒に確認していただけます。

 

最初は、ご自身の頭皮画像に、皆さん同じようにショックを受けられます。

 

なぜか?

 

頭皮が汚いからです。

 

「えっ、こんなに。。。汚いんですか、私の頭皮って(泣)」

 

という反応がほとんどです。

 

綺麗なお手入れをされていらっしゃる方が少ないんですね。

 

言い方を変えれば、正しい頭皮ケア(スカルプケア)ができている人が少ないんです。

 

原因は、昨今のインスタント食品の日常的な摂取、動物性脂肪の取り過ぎ、シャンプー剤が合わない、整髪料の付着、色々つけ過ぎ、洗わない(洗えない)日が続いて不潔とか、取り上げればキリがありません。

 

これを読んでいる今、ちょっと、簡単なスカルプチェックしてみませんか?

 

 頭皮を両の手で、指の先で擦りながら掻き上げてみてください。

 

そのあとの指や手のひらの状況を確認してみてください。

 

・ベタついてますか?

→脂性肌、脂性毛かもしれません。

 

・白い粉のようなものが、首から肩にかけてついてませんか?

→乾燥肌、乾燥毛、フケ過多かもしれません。

 

・ゴッソリと抜け毛がありませんか?

→異常な脱毛量と感じたら(正常値は一日100〜300本前後の抜け毛)

脱毛症かもしれません。

 

・爪の隙間に粘土のようなものが付いてませんか?

→頭皮のカス、垢、汚れだまりが異常な量です。洗浄不足、或いは、洗髪法の間違いがあるかもしれません。

 

などなど、自身で出来るスカルプチェックをしてみましょう。

 

その上で、肌質に合った、正しい洗髪方法、保湿方法を知る必要があります。

 

これらのことをスカルプケアと呼んでいます。

 

いかがですか、正しいスカルプケア、できてますか?

 

毛穴に脂がたまりやすい夏の時期、だからこそ、正しいスカルプケアを見つめ直してみませんか?

 

今現在、私のサロンでは、一日2〜3人の空きしかございませんが、予約可能です。

 

お一人さまずつの、完全入れ替え予約制で行っています。

 

45分〜90分のコースもございますが、これは発毛、育毛ケアの本コースの必要時間です。

 

今回案内してる、正しいスカルプケアのレクチャー込みのヘッドスパなら40分〜50分で出来ます。

 

シャンプー付き超音波スカルプケア、シャンプー付き頭皮ストレッチケア、

シャンプー付き液体洗浄スカルプケア、その時の頭皮の状態に合わせて、

これらのミックスメニューを提案・施術をご用意しています。

 

美容院にシャンプーブローに行くような、軽い感覚だと思っていただければいいです。

 

ライトな感覚で、頭皮が生まれ変わる体験をされてください。

 

私は髪のプロフェッショナルです。

 

期待していただいて大いに結構です。

 

本物のプロのスカルプケアをご体感ください。

 

御予約は、お電話 099-248-8557 までお気軽に。

 

その他、連絡先、お問い合わせは、こちらでご確認ください。

公式ホームページ⇨http://kanzenhatsumo.com/

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

完全発毛・ヘアケアドクターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス