長女が、初の帰省を終えて また、関東へ旅たちました。

空港の停車場で、見送りました。

もう大人だしね。

彼女は、ありったけの笑顔で、「行ってきますっ!」って片手をショコショコ振って出かけました。

これって、安心してねのサインなのかな、なんて、こちらも、「おう、気張れよっ!」って、短い言葉で見送りました。

大きくなっていくんですね。

楽しみデス!

さて、髪の健康についてオハナシを続けています。

今回は、拡大鏡で見た時に どんな毛穴の様子で、どんな生え方が健康なのかをお話させていただきます。

健康な毛穴は、頭皮表面の髪の毛が生え出てくる部分、髪の毛の出口とでも言いましょうか、この部分が柔らかく、半透明で、穴の周りの皮膚がすり鉢状です。

そして、そこから生えている髪の毛の数が、2~3本です。

これが、健康な毛穴と健康な髪の毛の生え方です。

拡大鏡で見た時に ハッキリとその様子が見て取れます。

そして、特筆すべきは、その毛穴の出口あたりの毛孔と髪の毛の隙間。

髪の毛が、ギッシリと毛孔に隙間がないぐらいだと心配なんですね。

すこし、隙間があった方がいい。

髪の毛の柔軟な動きに対応できる隙間です。

薄毛予備軍、薄毛進行中の方の毛孔部は、脂やヨゴレで詰まっていて、隙間がありません。

頭皮が透けて見える人は、毛穴から髪の毛が1本しか生えてないんですね。

しかもその1本の毛しか生えていないのに隙間がない。

これでは、新生毛は生えてきてもヒョロヒョロの産毛ぐらいの太さしか無く、1センチ以上成長しないのがほとんどです。

この髪が抜けたあとが心配ですね。

はい、毛穴がふさがりやすい状態ということです。

こうやって、薄毛は進行していきます。

ハゲる前にスカルプケアをするという大原則がお分かりいただけると思います。

薄毛かもしれないんだけどという方は、まずは、診断をされてください。

くわしく、わかりやすく、ご説明させていただきます。

ハゲは、病気ではありません。

薄毛に悩む暇があったら、少しの勇気を持って 自信に満ちた未来のドアをノックしてみてはいかがでしょうか?

いつでも、お待ち申し上げております。

ただ、予約の兼ね合いが御座います。

私のところは完全予約制で、ひとりひとりの入れ替え制の秘密サポートをさせて頂いておりますので、まずは、お電話で、予約状況をご確認ください。

お待ちいたしております。

公式ホームページはコチラ⇒ http://kanzenhatsumo.com/