こんにちは、プラティコ技術担当

オージローです。

 

ここ2回、ココふわカラーで染めさせて

いただいたモデルさんですが、

大きくうねる髪のクセがあり、いつも

大体束ねてしまうとのこと。

 

特にバックの内側がグイっと

強い癖があるので下ろせないと

おっしゃっていました。

 

でも、まっすぐストンとなるのも

動きが無くて寂しい(ご本人の

雰囲気を見ても髪の癖が良い

感じでしたので)とのことで

まさに、酸熱コスメストレートの

モデルにピッタリ!

 

ココふわカラーをしている方で

酸熱コスメストレートをしたら

どのくらい色落ちするか、という

のもわかりそうですね。

 

まずはビフォーの状態です。

(2021.11.16)

表面はそこまでではないですが、

内側が大きくうねるため、

ふくらんでいるのが気になるので、

 

毛先のクセは伸ばしすぎない

ようにして柔らかい雰囲気の

まま、扱いやすくなるように

していきたいと思います。

 

 

施術の詳細は動画をご覧ください。

 

大まかな流れとしては

1.真面目なミネラルで前処理

2.バック全体に酸熱コスメストレート❶塗布・10分放置

3.残りのサイド塗布・20分放置

4.中間水洗

5.マジミネ塗布、ツインブラシブロー、アイロン160℃

6.2液塗布・15分放置

7.ゼロケア・水洗

8.仕上げ

 

そして仕上がりがこちら(ハンドブロー)

毛先の柔らかさを残しつつ、

かなり収まり良くなりました。

これなら日々のスタイリングは

楽になりそうですね!

思ったよりココふわカラーの色も

落ちなくて良かったです。

 

それから1か月半後の状態はこちら

1か月半経ってもハンドブローで

おさまりが良い状態をキープしています!

カラーもココふわカラーなので

ほとんどダメージは感じないですね。

キレイなツヤが出てます☆

 

ご本人も扱いやすくて朝が楽!と

喜んでいただいております!

ウェーブバックに悩んでいる方は

酸化処理を長めに放置して下さい。

 

ダメージをかなり抑えながら、

扱いやすいスタイルにすることで

お客様の満足度は非常に高いと

思います。

 

縮毛矯正よりも伸びないからダメ、

というのではなく、縮毛矯正よりも

ダメージ少なく、扱いやすくなる

というご案内の仕方で矯正と

同じ価値を感じていただける方は

いらっしゃると思います。

矯正と同じ工程をしているので、矯正よりも

安い価格にする必要はないかと思います。

 

 

 

 

【酸熱コスメストレートの勧め方】

酸熱コスメストレートは中性のストレートに

酸性のトリートメント成分を加えた

ハイブリッドなコスメストレートです。

 

ですので、きっちり伸ばすという

よりは柔らかいクセ感を残しながら

髪を扱いやすくするものです。

 

縮毛矯正、ストレート、と聞くとまっっっすぐ

サラサラなイメージを持たれている方が多く、

そこまでまっすぐにしたくないという願望も

多くあるようです。

 

クセの悩みを持っていても、

縮毛矯正のパツンとしたまっすぐは

苦手という方がたくさんいらっしゃるのです。

 

そういった方に

・まっすぐしすぎない

・朝の手入れが楽になる

・手触りが柔らかくなる

とご案内していただくと、やってみたい!

というご要望をいただけると思います。

特にメンズには喜ばれると思いますよ。

 

ですので、

”いままで縮毛矯正をかけていた方に”

ではなくて、

”いままでなんとなく放置していた

うねり・ふくらみのある方に”

朝のお手入れが楽になる提案として

酸熱コスメストレートをご利用ください。