最近、美容師さんと話をしていると

年配の女性が薄毛に悩んでいる

というのをチョイチョイ耳にします。

 

 

年齢や遺伝的なものが一番関係するとは思いますが、

ヘアカラー(白髪染め)も少なからず影響している

のではないでしょうか。

 

ヘアカラー(白髪染め)を繰り返すと、

髪と頭皮の両方がダメージを受け、人によっては

頭皮が透けて見えるボリューム感のない

ヘアスタイルになります。

 

これはヘアカラーの2剤で使用する過酸化水素の

作用により、毛髪内部のタンパク質が流出し、

ハリコシのない弱々しい毛髪になります。

 

また、ヘアカラーを繰り返すと、毛髪だけではなく

頭皮にも影響を及ぼす場合があります。

 

1剤に含まれるジアミンやアルカリによる

カブレや炎症で頭皮や毛根がダメージを受ける

のはもちろんですが、

 

これまた2剤の過酸化水素により毛根が酸化される

ことでダメージを受け、新しく生えてくる髪に

影響を与えます。

 

毛根は酸化されることで老化が促進し、

毛がよれてクセが出たり、細くなったりと

健康で太い髪が生えづらくなる場合があります。

 

この様にヘアカラーを繰り返すことで毛髪内部の

タンパク質がなくなり、ハリコシがなくなるのと

 

毛根がダメージを受けることで健康な毛髪の育成

が阻害され、よれて細い髪が生える。

 

この二つの理由により、

ボリュームがなく、頭皮が透けてしまう様な

ヘアスタイルになる場合がある、と推測されます。

 

では、髪の毛1本1本にハリコシがあって

ボリュームのあるヘアスタイルにするには

どうしたらいいのか。ということですが

一番効果があるのは

 

ヘアカラーを止めることです。

 

これが一番効果があります。

でも、年々増えてくる白髪のことを考えると

そういう訳にはいきません。

 

最近はグレイヘアーが流行り始めましたが

やはり白髪が多いと老けて見られがちですので

どうしても白髪を隠したいと思われる女性は多いと

思いますので、そんな時にお勧めなのが

 

「ココふわカラー」

 

トリートメント剤に化粧品の染料である塩基性染料と

HC染料を配合したもので、2剤の過酸化水素を

必要としませんから、ブリーチ作用により毛髪の

タンパク質を失うことがありませんし、

 

頭皮全体を酸化することで生じる毛根の老化促進も

ありません。

 

 

また、ジアミンやアルカリ剤も配合されていませんので

これによるカブレや炎症などの皮膚トラブルもありません。

 

 

いかがでしょうか。

 

ココふわカラーの使用を続けていると、髪も頭皮も

ダメージを受けませんので、髪のハリコシが復活し

ボリューミーなヘアスタイルが可能となります。

 

 

そんな素敵なココふわカラーですが、欠点もございます。

 

・放置時間(30分)が長い

・色持ちが悪い(3週間)

・染めて直ぐは汗などで服などにつく場合がある

・カラーが2種類しかない(ダークブラウン、ブラック)

・頭皮に色がつく場合がある(数日でとれます)

・シャンプー台を洗うのが大変(メラミンスポンジで落ちます)

 

などのデメリットもありますが、頭皮がスケスケに

なってきて、髪もヘタってきたお客様の中には

喜んでいただける方がたくさんいらっしゃいます。

 

恐らく近所で「ココふわカラー」をメニュー化されている

サロンさんはいらっしゃらないと思いますので、

近隣サロンとの差別化も含めて、

ぜひこの機会にチャレンジしていただきたいものです。

 

また、発売開始してわずかの「ココふわカラー」ですが

店販でも結構販売されているサロンさんが

出てまいりました。

ココふわカラーはダークブラウンとブラックの

2色で業務用(500g)と店販用(220g)の

2サイズでの販売になり、

 

店販用はサロンオリジナルのラベルで販売が可能な

OEM対応の商品になります。

 

もちろん「ココふわカラー」としての販売も可能で

その場合は1本からご注文いただけます。

サロンのお名前などのラベルを商品に貼付し

サロンのオリジナル商品として販売できます。

 

しかも、2色合わせてたった12本からラベルの

デザイン、印刷、全て無料で対応いたしますので

ぜひご検討ください。

 

サンプルをご希望の方は下記までお問い合わせください。

 

TEL:03-5761-3547

 

※必ず2週間以内にお試しいただけるサロン様に限ります。