こんにちは、プラティコ技術担当オージローです。

 

酸熱コスメストレートで

「色落ちは結構しますか?」

「カラーと併用できますか?」

というヘアカラーについての内容もよく聞かれます。

 

これもおそらく、酸熱トリートメントですと激しい色落ちや

後でヘアカラーが入りにくい、ということがあるようですので

”酸熱”というキーワードに引っ張られていますね(-_-;)

 

今回は縮毛矯正と酸熱コスメストレートで色落ちが

どのくらいするものか、といった実験をしてみました。

 

これはお客様のカットした髪を美容師さんから譲ってもらいました。

それを激しくブリーチしてあります。

他の実験でも使っていたのでムラってますがご了承ください。

 

それを6トーンのカラーで染めまして

こんな感じにしたものを

 

半分は酸熱コスメストレート(黄色いテープ)、

半分はマジストHにSSでパワーを弱めたもの。

これで8分放置、❷のブロムクリームで15分放置。

 

そして結果が・・・

どっちも色落ちはありますが、マジストよりも色は

残っている感じがします、よね?

 

少なくとも、マジスト(縮毛矯正)を施術したのと

色落ちはほぼ変わりない、とは言えますね。

 

プラティコの酸熱コスメストレートは”中性”ですので、

アルカリカラー後でもpHが大きく変動するわけでは

ございませんので、このくらいの色落ちで済んでいます。

 

ですが、色落ちは確実にしていますので、同時期に行う場合は

先に酸熱コスメストレートが良さそうです。

 

今度は酸熱コスメストレートをした後のカラーの入り具合に関して

実験してみたいと思っております。