ひっそりと発売を開始した「カタラーZ」ですが、

サロン業務では裏方としてなかなか良い活躍をします。

 

カタラーZに配合されている酵素の一種、カタラーゼは

過酸化水素(オキシドール)を劇的に分解する

働きがあります。

 

美容室ではヘアカラーの2剤や縮毛矯正の2剤、

それと、たま~にパーマの2剤としても

過酸化水素が使われています。

 

ヘアカラーやパーマの時には2剤という酸化剤が必要で、

この2剤がなければカラーは定着しませんし、

パーマも固定されません。

 

しかし酸化剤、とくに過酸化水素は、その酸化作用により

髪を傷める原因にもなりますので、

美容室の施術で過酸化水素を使用した場合は、

できるだけ取り除いてあげた方がお客様の髪は嬉しいはず。

 

そのカタラーゼですが、人間の体内でも作られている

非常に優秀な酵素なのはご存知ですか

 

人間は呼吸により酸素を体内に取り入れて

エネルギーと活性酸素を作り出します。

 

活性酸素と聞くと人間に対して「悪の根源」

的なイメージが強いと思いますが、

活性酸素がないと人間は生きていくことができません。

 

 

それは、外的なウィルスを体内で作られた活性酸素で

攻撃して自分の体を守る必要があるからです。

 

また、人間の体内で作られた活性酸素は

 

スーパーオキシド→過酸化水素→ヒドロオキシラジカル→

一重項酸素

 

と酸化されるたびに狂暴になっていきますが、

その過程で皆さんも良く使われるオキシドール

つまり過酸化水素が自分の体内で作られています。

 

不思議ですし、理解しにくいのですが

体内で発生するスーパーオキシドという活性酸素が酸化されて

あのオキシドールそのものが作られているのです。

 

その、体内で作られたオキシドールを除去するのが

これまた体内で作られた「カタラーゼ」という酵素です。

 

昔は擦りむいて血が出た時などにオキシドール

を傷口にかけて消毒していましたが

傷口につけたオキシドールがブクブクと泡を発生します。

 

これは体内にあるカタラーゼがオキシドールを酸素と水に

分解した時に発生する酸素の泡なのです。

 

この素敵な「カタラーゼ」ですが化粧品原料として

人工的に製造され販売されています。

 

その

カタラーゼ原料を高濃度のまま処理

したのが、この「カタラーZ」

 

不安定な原料のため、カタラーゼを配合して商品化

しているメーカーはかなり少ないのが現状ですが、

プラティコでは高濃度にすることで安定化させる

ことに成功しました。

 

使い方は、いたって簡単。

 

アプリケーターに50ccの水を入れてワンプッシュ(0.5ml)入れるだけ。

ロングの場合は100ccに2プッシュ(1ml)

 

これで1%濃度になりますが、これでも十分すぎるくらいの

濃度になりますのでご安心ください。

 

ヘアカラーの場合は乳化時にカタラーゼを塗布してもみ込んでください。

乳化をしないサロンさんでしたらシャンプーの時に手の平に1プッシュ。

これでもう十分です。

 

縮毛矯正の時は、2剤がついたままシャンプー台で塗布し、

よくもみ込んでからお湯で流します。

 

パーマの時も同じように2剤放置が終わったら

シャンプー台でスポイトで塗布するだけ。

と~っても簡単。

 

髪に2剤がたっぷりついた状態でしたら分解されて

ブクブクと泡が出てきますので反応しているのが分かります。

 

過酸化水素は毛髪に残留しますが、放っておいても

じきに酸素と水に分解されます。

 

ただ、お客様の髪の状態を考えるとすぐに除去してあげた方が

ダメージが進行しませんので、よいにこしたことはありません。

 

料理は手間をかければかけるだけおいしい料理ができますが、

ヘアケアも同じで近道はありません。

 

手間をかければかけるだけ髪の状態は改善されます。

 

そして、実際にカタラーZを使用した時の髪の質感は・・・

 

残念ながら、

 

さっぱりわかりません。

 

手触りが良く感じるのは被膜系のオイルやポリマー、

もしくは保湿系の原料のおかげです。

 

過酸化水素を除去することで髪質は改善されますが

除去されたところで手触りに影響はありません。

 

ただ、

 

ここが一番大切なのですが、
毛髪内部、インナーに関してはいろんなことをしても、
被膜系か保湿系の原料でないと手触りは分かりずらいはずです。

 

ですから”言葉”がとても大切なのです。

 

カタラーZをただするわけではなく、必ず”言葉”

を添える必要があります。

 

例えば

 

「ヘアカラーを自宅でしたことはありますか?

ヘアカラーは1剤と2剤を混ぜて使用するのですが、

あの2剤はオキシドールなんですよ。」

 

「オキシドールは髪を脱色できるくらい強い作用のある

お薬なんですが、それが髪の中に残っていると

自宅に帰られてからも髪の毛にダメージを与えます。」

 

「今からつけるカタラーゼという特殊な酵素で

オキシドールを除去しますので、ご自宅に帰られてから

ダメージがすすむことはないのでご安心ください。」

 

というような”言葉”をそえることで、お客様は

すごく安心しますし、その必要性を理解していただけます。

 

一番やってはいけないことは

 

なにも言わずにカタラーゼを使用することです。

 

手触りも特によくならないので何も感じてくれません。

 

何をするのもそうですが、

何か意味のあることをお客様にするときは

必ず”言葉”をそえてあげましょう。

 

お客様が安心しますし、喜んでくれます。

 

そして、このカタラーゼは

絶賛発売中です。

 

サンプルをご希望のサロン様は下記までお問い合わせください。

 

TEL 03-5761-3547

LINE@のID:@majimena

友だち追加