ついに逮捕か?

テーマ:

朝日新聞にこんな驚くべき記事が。

https://article.auone.jp/detail/1/2/2/16_2_r_20190206_1549422851886931

 

ミルボン商品のロット番号(製造番号)を削って

ヤフーオークションで不正にネット販売したという記事。

 

店長を含めて3人が書類送検されたみたいですね。

首謀者以外はとんだとばっちりですな。トホホ・・・・

 

この記事に書いてある通り、

業界全体でこのネット販売には手を焼いております。

 

 

いつ購入したか分からない商品や開封してある商品等

怪しい商品もたくさん販売されています。

 

中には無料で差し上げたサンプルや初回の導入時に

ご使用いただくことを条件に

赤字同然でご案内した特別企画など、

 

「それ売っちゃうの?」

 

というやるせない場面も多く見受けられます。

 

プラティコでは信じられないくらいの労力と費用負担により

ロット番号を削ったりというような不正販売をする

サロンさんを片っ端から取引停止にして被害を最小限に

食い止めていますが、それでもポツポツとネットで

不正に販売する美容師がいます。

 

やってはだめだということは分かっていても、

他の真面目に営業しているサロンさんに迷惑をかけても

己の利益を最優先に考えてネット販売する美容師さんが

残念ながら全国にたくさんいます。

 

ちょっと悲しいですね。

 

不正に販売される方はお客様ではありませんので

今後はプラティコも顧問弁護士と警察に相談して

このような厳しい対応ができればと考えております。

 

各メーカーも厳しい対応をとることによって、

このような状況を業界全体で改善できればと願っております。

 

また、弊社には不正販売した美容室のリストが

100近くありますので、他のメーカー同士で共有

して未然に防ぐというのもいい案のような気がします。

 

プラティコが不正販売で販売停止したサロンのほとんどは

他のメーカーの商品もネットで不正販売していますので

 

本当は

あなたの大切な商品を不正に販売している人は

〇〇県〇〇市の〇〇という美容室ですよ。」

と言いたくてしょうがありません。

 

まあ、それは置いておいて

真面目に一生懸命販売されているサロンさんは

ご安心ください。

 

プラティコはこれからはより一層、

不正販売防止に取り組んでいきます。