こんにちわ、プラティコスタッフの小川です。

 

先日、近所のデパート内に電気屋さんが開店しました。

家電製品はネットで購入したほうが安いし、送料無料が

ほとんどで、最近は電気屋さんに行くことも減りましたね。

 

でもそのデパートの買い物券があったのと、最近飼い始めた

インコちゃんが餌をまき散らすたびに掃除が大変だったので

急きょ、ハンディクリーナーを求めて行ってみました。

 

開店2週間くらいで、だいぶ人もまばら。この時期はエアコンを

相談している人が他より少し多いくらいでした。

 

さっそく目的の商品を決め、レジに行ったところ若い

男性店員さんが対応、その後ろにベテラン男性もいました。

 

まず、しょっぱなから不信感を抱いた会話がこちら

「会員カードはお持ちでしょうか、はーい」

 

???????

 

私が返事をする前になぜか店員が先に「はーい」と答えています。

 

話し聞いてない!( ゚Д゚;)エッ!?

 

思わず隣にいた妻と顔を見合わせましたが

若い店員はそのままレジ作業を進めます。

 

そのあともデパートの買い物券のシステムがわから

なかったり商品に対して持ち手が届かないくらい

小さいビニール袋に入れたり。。。

 

まあ細かいことは「新人さん」だから、ということで

大抵のことは許せますが、話を聞いてないって接客業では

あってはならないことです。

 

実はこのマニュアル通りの話しを聞かない接客、今回に

限らず、レストランでも美容室でも経験があります。

 

特にこの5月。

新入社員が入ってきてマニュアル通りにこなせるよう

になってきたこの時期が一番危険な香りがします。

 

マニュアルの前に接客業の心得を教えなければロボットでも

代用可能になってしまいます。(レストランの案内係は将来

AIに取って代わられる職業に挙がっていますし)

 

人と人が接して感情を動かすことができるのが接客業だと

思います。

その心を持ち合わせていない人は接客業には向いていない

のではないでしょうか。(あくまで持論です)

 

美容室でも「お湯加減いかがですか?」というのが良くある

マニュアルだと思いますが、「言うだけ」になっている人は

周りにいらっしゃいませんか?

 

せっかく技術が良くても、そういったところでリピートを

逃していることもあるかもしれません。

 

技術を習得するには時間がかかりますが、相手の話を聞く

ことや思いやる気持ちはその場で変えることができます。

 

リピートが思うように付かない方、サロンさんはこういった

ところに落とし穴があるかもしれません。

今一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ちなみに私はおそらくあの電気屋さんはもう利用しません。

接客もそうですが、まず会員になっておけばその日から

500円分引いてくれるサービスを先に教えてくれなかったから。

 

人は得することよりも損することのほうがショックなんです。

そういった相手の立場に立って、思いやる接客が増えることを

切に願います。

 

 

 

余談・・・

うちのインコちゃん、めちゃかわいいです(笑)