「ちゃんと時間どおりに帰ってくるね!」

 

 

 

 

9月6日の地震から6日目。

 

 

 

 

 

子供達は各々の自由を楽しむことが出来るようにε- (´ー`*)フッ

 

 

 

 

 

この6日間は子供達にとって一生忘れられない経験となりました。

 

 

 

 

 

未だライフラインの復旧が進んでいない地域もあり、

 

 

 

 

 

被害の大きさに開きやバラつきがあります。

 

 

 

 

 

負傷された方は早期の回復を、

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

亡くなられた方へ心よりお悔やみを申し上げます。

 

 

 

 

 

 

東日本大震災の頃に感じた、

 

 

 

 

 

「いつ何が起きるかわからない。」

 

 

 

 

 

「今を生きる。」

 

 

 

 

この言葉を胸に、

 

 

 

 

 

大げさに聞こえてしまいますが、

 

 

 

 

 

8年間覚悟をしながら生きてきました。

 

 

 

 

 

夜中の激しい揺れのさ中、

 

 

 

 

「とうとう、この日が来てしまったんだ。」

 

 

 

 

と動揺と裏腹に、冷静な胸中を感じるわたくし達家族。

 

 

 

 

前回のミサイルの件でも同様に、

 

 

 

 

わたくし家族は緊急時の行動力の速さにいたっては、

 

 

 

 

かなりハイレベルなものだと自負しております。

 

 

 

 

災害グッズも年々増えていき、

 

 

 

 

 

主人の自衛隊で鍛え上げた行動力が

 

 

 

 

 

ここぞと発揮されます。

 

 

 

 

 

毎日のように、

 

 

 

 

 

「悔いのないように。。。」

 

 

 

 

 

と口癖になっている我が家にとって、

 

 

 

 

 

「備えあって憂いなし。」

 

 

 

 

 

は教訓として生かされています。

 

 

 

 

 

停電時も、

 

 

 

 

 

「インドアキャンプだね!」と

 

 

 

 

 

前向き発言(;・∀・)

 

 

 

 

 

不安を口にしないメンタルに感謝です(ノ_・。)

 

 

 

 

 

一夜明けて間もなく、

 

 

 

 

 

「外の様子が見たい」

 

 

 

 

 

というリクエストが絶えないため、

 

 

 

 

 

信号機の機能不全な道路を

 

 

 

 

 

 

ドキドキしながら徘徊することに(´_`。)

 

 

 

 

 

まず向かったのは、我が家の次に大切なお店「チセ」へ。

 

 

 

 

 

シャッターを開けるまで家族皆ドキドキ。。。

 

 

 

 

 

「あれ、たぶん割れてるかも。。。」

 

 

 

 

 

「あそこヒビ入ってないかなぁ。。。」

 

 

 

 

想像が駆け巡りますヽ(;´Д`)ノ

 

 

 

 

 

シャッターを開けてみると。。。。。

 

 

 

 

 

「アレ?」

 

 

 

 

 

 

なんと!

 

 

 

 

 

カラー剤の箱が数個落ちている程度。

 

 

 

 

 

「良かった~(。>0<。)」

 

 

 

 

 

散らかった物品を整え、

 

 

 

 

 

今後の災害にむけた準備をし、

 

 

 

 

 

わたくし達はお店を後にしました。

 

 

 

 

 

スーパーやコンビニは長蛇の列。

 

 

 

 

 

断水されている方々は給水袋をもち、

 

 

 

 

やむをえず避難所で過ごす人々。

 

 

 

 

 

帰りがけに寄ったコンビニが絶妙のタイミングで開店と、

 

 

 

 

 

物品補充ができる良い機会に見舞われました(・∀・)

 

 

 

 

 

前日にガソリンを満タンにしていたおかげで

 

 

 

 

 

スタンドに並ぶことなく済みましたが、

 

 

 

 

 

その日に買い込んだ冷蔵庫に眠る食品の調理に

 

 

 

 

 

翻弄されるわたくし。。。。。(´;ω;`)ブワッ

 

 

 

 

 

全部で9品。

 

 

 

 

 

災害時に、、、停電中に、、、9品。。。

 

 

 

 

 

日が暮れるのが早く感じました(ノ_-。)

 

 

 

 

 

次々に料理を食べつくした子供達は

 

 

 

 

 

睡魔に襲われ19時就寝。

 

 

 

 

 

真っ暗の中することもない父と母も

 

 

 

 

 

20時には就寝しました。

 

 

 

 

 

明るさに敏感になったわたくしは

 

 

 

 

街灯の明るさで目が覚め、

 

 

 

 

通電確認にブレーカーをON!

 

 

 

 

 

電源OFFを確認してなかったわたくしのおかげで、

 

 

 

 

 

すべての部屋中の明かりがMaxに点灯(ノ◇≦。)

 

 

 

 

 

 

喜びも束の間、

 

 

 

 

 

イモムシ状態の家族たちにお詫びをしながら

 

 

 

 

 

一つずつOFFにしていきました( ´(ェ)`)

 

 

 

 

 

翌日からはだいぶ通常に近い生活に戻り、

 

 

 

 

 

余震がある度にドキ!っとすることもありますが、

 

 

 

 

 

「こういう風に固定したほうがいいんじゃない?」

 

 

 

 

 

「これ、代用できるかも(・∀・)」

 

 

 

 

 

主人と息子は防災に力が入ります。

 

 

 

 

 

ピアノの発表会が近い娘は猛練習。

 

 

 

 

 

家中に癒しの音色が流れます(*v.v)。

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

お店が停電のためお客様に連絡をする主人。

 

 

 

 

 

明日通電したらどうしようか。。。。。

 

 

 

 

 

いつ営業を再開しようか。。。。。

 

 

 

 

 

悩んでいるうちに夜が更けてしまいました(。-人-。)

 

 

 

 

 

翌朝、日が出て間もなくお店に向かう主人。

 

 

 

 

 

「通電したよ!!」

 

 

 

 

 

一度キャンセルされたお客様に連絡し、

 

 

 

 

 

予約されたお客様は続行で営業再開となりました(*v.v)。

 

 

 

 

 

「もし、断水しているお客様がいたらシャンプー無料でしてあげたいね(´∀`)」

 

 

 

 

 

「何なら、うちのお風呂使ってもらってもいいよね(o´・∀・`o)」

 

 

 

 

 

お店再開と共にわたくし達の胸の中で、

 

 

 

 

 

様々な希望が生まれていきます。

 

 

 

 

 

その後すぐに停電等の復旧が進んだようで、

 

 

 

 

 

お客様もだいぶ落ち着いたようでした(´・ω・`)

 

 

 

 

 

来店されたお客様は皆さん元気そのもので、

 

 

 

 

 

更に元気を充電して帰られていきました(*v.v)。

 

 

 

 

 

ホント、すぐにお店を開けて良かった。

 

 

 

 

 

全てに安全が一番かもしれないけど、

 

 

 

 

 

 

そのためには心も元気でなければ!!

 

 

 

 

 

その間、スタッフルームに居た子供達。

 

 

 

 

 

どのような気持ちでこの画を観て聞いているのだろうか。

 

 

 

 

 

 

何かを感じているのだろうか。

 

 

 

 

 

翌日、登校が再開される子供達。

 

 

 

 

 

定期テストを控えた息子は

 

 

 

 

 

災害中もちょこちょこ時間をとって勉強していたおかげで

 

 

 

 

「完璧!!保体以外は。。。(声小さめ)」

 

 

 

 

と自信にみなぎり、

 

 

 

 

みっちりキックボクシングのトレーニングを続けてきた娘は

 

 

 

 

 

「あー思いっきり動きたい(≧∇≦)」

 

 

 

 

 

とヤル気満々(*´ω`*)

 

 

 

 

 

明日が楽しみでならない娘は早々と就寝。

 

 

 

 

 

息子は、テストの他にもう一つ控えた、

 

 

 

 

 

生徒会立候補の「立会演説会」の原稿を考えることに( ´(ェ)`)

 

 

 

 

 

「この状況で、何も思いつかないよ。。。」

 

 

 

 

 

と少々困惑気味。

 

 

 

 

 

 

「この立会演説会は学校の歴史に残るかもね(・∀・)

 

 

 

 

 

この状況で考えられた演説は名演説になると思うよ!」

 

 

 

 

 

父と母のフォローで息子が覚醒されます。

 

 

 

 

 

「この状況で経験したことを生かせるようにしよう!

 

 

 

 

みんなが共感できるような、、、

 

 

 

 

例えば、、、物のありがたさや、感謝すること、協力する大切さ、、、

 

 

 

 

な~んて、どう??(*゜▽゜ノノ゛☆」

 

 

 

 

勢いに任せ、一気に書き上げる文章がどのようなものなのか、

 

 

 

 

母は少し心配ではありますが、

 

 

 

 

 

経験を活かし、人と分かち合う生き方ができることは

 

 

 

 

 

とても素晴らしいと思いますε- (´ー`*)フッ

 

 

 

 

 

 

辛い出来事として心に収めてしまうだけでは勿体ない!

 

 

 

 

 

心の底に響く言葉も沢山残し、

 

 

 

 

 

希望や勇気を与えることだってできる。

 

 

 

 

 

今後、どのような方向へ人生が進むのか誰もわかりませんが、

 

 

 

 

 

ひたすらに、この状況に身を委ね、今を一生懸命に生きる。

 

 

 

 

 

名演説、楽しみにしています。

 

 

 

 

 

希望から生まれた分かち合う言葉が、

 

 

 

 

 

ひとつの勇気につながることを祈って*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

 

 

 

*****追伸*****

 

今回の震災の影響で不具合があり、変更等もありましたが、

 

わたくし達はなるべくお客様のご要望をお聞きできるよう、

 

努めてまいりたいと思っております。

 

出張美容も承っておりますので、ご要望の方は遠慮せずご相談ください。

 

9月のお休みですが、日曜定休となります。

 

また、29日(土)は午前のみ営業になり、10月1日(月)はお休みとなりますので、

 

何卒、宜しくお願いいたしますm(__)m

 

今後秋も深まり、気温も低くなってまいりますので、

 

体調管理にお気を付けください。

 

チセは皆様のご来店を心よりお待ちしております゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆