こんにちは圧倒的丁寧な美容師の斉木です!

 

みなさん癖はありますでしょうか?

 

くせ毛ではありません 癖です!

 

僕ならワイルドな男であごひげにあこがれているので

顎を触って「あごひげよ!目覚めろ!生えろ」と思いながら触っています

 

無意識の状態で顎を触っているので顎を触る癖が僕にはあります!

 

そしてその癖よりさらに上位の存在があります

 

 

それが呪いです!

 

 

今回は何故こんな話かというと

 

僕の周りに呪われた美容師がいたからです

 

僕の先輩にとんでもなく すきバサミを使ってスカスカにする先輩がいました

 

彼はいつも「梳いてしまう癖がある」と言っていました!

アウトだろ!!

 

完全にクレームものです!

 

よく手直しを依頼されたものです!

かなり悲惨です

 

毛がないのですから

 

失敗カットは修正に時間がかかります!

ひどい時なら一年です!

 

※失敗される前に正しいカットをしてくれる美容師さんにお願いしましょうね

 

 

先輩があまりにもすきバサミを使って根こそぎすいていくので

 

斉木

「そんなにすかなくても正しいカットが出来れば軽くなりますよ

 

お客さん自身もスカスカにされて困っているじゃないですか?

 

僕もまだまだなので一緒に学びませんか?」

 

先輩

「そうだな、確かに俺はすきバサミを使って梳きすぎてしまう

一度基礎カットを見直そう!」

 

自覚してたのかよ!!!とツッコミを入れたかったですね!

 

そこから二人で学んでいたのですが

 

先輩はそれでも髪の毛を梳いていきます

 

実際の接客!!

 

先輩「今日はどうしましょう」

 

お客さん「毛が細いので すかないでください」

 

先輩「わかりました」

 

と言ったのに関わらず

先輩はすきバサミを使って挙句の果てに スカスカ

毛が細いのでペタンとなりやすい髪質なのに余計にペタン

 

普通に怒られていました!

当たり前でしょ!

 

斉木

「なんで梳いたんですか?

僕聞いてましたけど お客さんは梳かないでって言ってませんでしたっけ?」

 

先輩

「我慢できないんだ!梳いてしまうんだよ なぜか重たく見える

止まらないんだよすきバサミが!」

 

斉木

「なるほどその癖治りませんね! よし!病院に行きましょう!」

 

 

今思い返してみれば

 

僕はいつも先輩にカットをしてもらっていたのですが

 

僕が梳かないでくださいと言っているにも関わらず

 

「ちょっとだけ梳いてもいい?」と言われ

 

気づけばめっちゃ梳かれています

 

まあいいか?感覚だったのでほっておいたのでですが

 

彼のすきバサミでスカスカにするのは癖ではありません

 

 

呪いです!!

 

 

先輩は呪われたのです!!!

 

だから治らなかったのです!!

 

あなたの周りにいませんか?

 

すきバサミは使わないでと言ったのにも関わらず梳いてしまう美容師

 

もしかしたらすきバサミの魔力に呪われているかもしれません!

 

すきバサミが常識となっているため

 逆に「梳きますか?」と聞かれないパターンも確認されています

 

先日のお客さんがそうでした

 

勝手に梳きバサミで梳かれたそうです

 

彼等からしたら当たり前の事なんでしょうね

 

怖すぎますね!

 

 

 

 

 

スカスカにされると 修正に時間がかかるので
やめていただきたいですね!

 

 

 

こうならない為にもご自身で美を学んでいただきましょう!

 

このブログを見ていただければ 学んでいるので

 どんどん自分で選択できるようになりますよ

 

学んだあとは何をするか?

 

行動あるのみ!!

 

※すきバサミが悪いわけではありません

 

使い方の問題です

 

 

ではでは!

 

お前のカットはどうなんだ?

 

信用できねえ!

 

となりますので

 

信用する判断材料として

こんなものをつくっています

ホームページです

 

良かったら見てください!

情報量が多いですよ

 

なんたって自分が本当にこうしたい!

お客さんをこんな素晴らしい世界に連れていきたい!という想いで

作っていますので

そこら辺の美容師には負けません!

 

圧倒的丁寧な美容師