うれしいお手紙☆ | レンガヤ店長のブログ

レンガヤ店長のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

先日 お店にご来店いただきましたお客様から

うれしいお声を頂き、恐縮ですが ブログに上げさせていただきます。


ある日常の中での一コマ・・・・

スタッフのさりげないおもてなしの気持ちが

お一人のお客様のお声となりました。






2012年2月28日


0000 0000コラム
仕事の打合せの為ある美容室を訪問しました。
代表者の方が来客中だったため、お店の受付の
椅子で待たせてもらいました。待ち時間は10分でしたが、
とても素敵な10分間でした。スタッフが、待ち時間も
退屈しないように話し相手になってくれた事が第一点。
気遣いが伝わって来ます。石垣島への研修旅行の話だとか
店舗拡大の話はとても楽しく興味深いものでした、
実力を身につけて独立を希望する社員さんを支援していて、
県内各地にお店が広がっています。
技術を身に付けて独立を希望するスタッフを支援するのは
お店の利益よりも、スタッフの将来と各地でこの技術を待っている
お客さんの事を思っての事です。度量のある経営者の姿勢が
伝わってきます。

そして感動するのはこれからです。10分間の間に2人のお客さん
が来店されました。スタッフのお迎えと姿勢がとても素敵でした。
『いらっしゃいませ。お待ちしていました。前回に話してくれたご旅行
は如何でしたか。楽しかったと思いますのでお聞かせ下さいね』と
お迎えしています。お客さんは気持ち良さそうに「とても楽しかった
ですよ」と笑顔で奥に進みます。
二人目のお客さんがこられました。「コートお預かりします。寒い中、
ご来店頂きありがとうございます」とお客さんを迎えました。
丁寧にクローゼットにコートを掛けて、お客さんを案内しました。

この2件の応対に接して感動しました。スタッフは笑顔で、
そして自然な姿勢でお客さんを家族のように迎えているからです。
来てくれたというよりも帰ってきてくれたという感じで迎えて
いるのです。

その後、事務室に入り、スタッフの素敵な対応が気持ちよかった事を
伝えました。代表者が目指しているものは、お客さんを心から歓迎
すること。そして気持ちのよい時間を過ごしてもらう事です。
「そのことをスタッフに伝えています」と話してくれたように、
そのサービスが出来ている事は当然の事だと捉えています。

そしてお店では、スタッフが今日交わしたお客さんとの会話の内容
をパソコンに記録する方法を取り入れています。「2月にハワイに旅行行く」
、「次回の来店時までに誕生日を迎える」、「今年のバレンタインデーを
楽しみにしている」などの会話を記録しておくのです。そして同じお客さん
から予約が入り、来店の当日を迎える前には、前回の会話の内容を全て
思い出している状態になっています。ですから来店時にはスムーズ
に「旅行は楽しかったですか」などの会話から入れるのです。

自分の事に関心を持ってくれるサービスは感動します。
この美容室では技術と気持ち良さ、そして感動をお客さんに提供
しているのです。カットに要する時間をぎゅっと濃縮しているのです。

スタッフ一人が、「ここに来られるお客さまは皆さん綺麗になります」
と自信を持って答えてくれました。プロの技術とサービス、そして
それをお客さんに提供できることの自信が溢れています。そんな姿勢が
お客さんにも、接している人にも感動を与えてくれます。


K様 大変うれしいお手紙ありがとうございます。

これからもスタッフ一同がんばりますので

よろしくお願い申し上げます。


             統括部長 榛原真野子

レンガヤ店長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス