槍ヶ岳 夜と朝とそして下山 | 喜早純也のアメブロ

喜早純也のアメブロ

恵比寿・代官山の美容室 belog chez vous
めちゃくちゃサロンへのこだわりがあります!
絶対にどこにも負けない美容室だと自信もって言える美容室であり
美容師をしています!


テーマ:

NGすぎる槍ヶ岳山行でしたが…

なんやかんやと無事に登頂もしました!




前田くんに

「朝一なら山頂まで着いていってあげるよ?」

とは言ってあげたのですが…

前田くん、どうやら目の前の絶壁にビビったようで…


男前田
槍ヶ岳を目の前にして

断念!!

(笑)




とまぁ、

怖がりな前田さんには無理だったようでした
(笑)


見てください
マインドは弱いけど、太ももだけは人一倍ゴツい(笑)



山は登って来れるポテンシャル(笑)




でもほんと、高いところ苦手だと無理かもです。


40階建てのビルくらいの高さらしいです!







で、そんなこんなで3人が揃い






時間は夕暮れの6時前。

陽が沈むのを眺めながら




明日、無事に帰れますように!

と。


焼ける山に願いを込めて。



色が変化していくのを見届けながら





夜を迎えていきました!


二人はとても感動をしてましたね(^^)

なんと言っても3000メートル越え!
登ってこそ見れる景色ですからねー!


ご飯を食べて

山荘では登山者の方と語り合い

外に出れば

満天の星のご褒美に感謝!




ビール片手に語り合って

朝を迎えました!




朝ごはんを食べて
6時半に出発!


気温は−1度。


超絶冷えてます!!


それでもスタートするとすぐに温まりますから

服を早めに脱いでいかないといけません!

汗をかく前に脱ぐ!!

これは登山での鉄則です!!

僕はスタートからおきまりの半袖!!


だけど、この二人は寒すぎるから嫌だと…


その気持ちはわかりますが、

絶対に暑くなるぞ!!

と警告はしました!

降るほどに気温も上がるし、時間が経つほどに陽が当たってくるからな!

と。


2日目はありがたいことに前半は晴れているのですが、予報としては午後から雨。



雨が降ると下山は極端に足が重くなります。

めちゃくちゃ滑るからです。

だから、可能な限り先に進んでしまう方が良いんです。

だから、着替えなどの時間はとてもロスにもなります。

晴れていればゆっくりと降りたら良いのですが、
雨だとわかっているならば、先手先手が勝利の道です!


タイムリミットは僕が決めるのではなく、自然がそう言っているのです!

「雨が降るから早く降りなさいよ!」

と。


空を見れば

厚い雲が覆いかぶさろうとしています。


ここで天気を見極めるのが自然と遊ぶための必須項目。

雲のスピードを計算すること。

「10分後には雲がどれくらい進んだのか?」

そのスピードを割り出して、いつあの厚い雲が辿りつくのか?

それを見て判断します。


気温が変われば流れも変わるので、その辺りも見極めます!


とにかく、山の天気は変わりやすい。

雷も出てくる可能性もあります。

沢があれば増水することもあります。



雨が降るまでに下山する意識が大切なんだよ!!



そんなことを伝えているのに…





あっちー!!!

って(笑)

だから言ったじゃん!!

なんで言うこと聞かないかなー


しかもそのことを言っても
前田さんは無視してきます。。


これだけで5分はかかってますからね。。


この前の結婚式の着替え

スーツを着るという、あれだけで30分かかりますから。。



みなさんこれが僕たちの仲ですからね!!

僕はいつも無視されています!!

証拠としてアップしておきます!!!!


で、

キッドが先に行って動画撮ってくれてたのですが…





マジで遅い(笑)



言っておきますが、
普通の速さなら急かさないですからね!


キッドはその点スムーズに行動しますから。


で、

よく見ると


これ絶対に肩が疲れる背負い方(笑)

というか、
なんで一泊なのにこんなに荷物が多いの??

ほんとよくわからないなー。。






とにかく急ぎましょう!


かといって、走ったりするなんてのはご法度!

僕は絶対に走りません!!

慌てずゆっくりと、しっかりと、ペースを保って進むだけで確実に早くつきます!


そういった早さこそが安全のためでもあるのです。

走って怪我したら意味がないですからね。

周りの登山家にも迷惑です。


で、

何度も着替えを繰り返す二人。。


歩けば暑い

脱げば寒い


そんなもんなんですよ。

仕方ないんすよね、山なんだから!!


もう、割り切りが大切なんですよ!!


マラソン大会だと思って

潔く半袖一発で行こうぜ!!


と言いたいところなんですが、、、、、


実際はめちゃくちゃ寒いですからね😵


僕の感覚押し付けるのは良くないので、言われるがまま着替えに付き合います。


が!!!


「急げー!!」


と言わないとダラダラするのと、雨降られたくないのでね…

難しい子達だぜ。。







何回も脱いで、何回も着て…。

二人とも気温にうるさいんですよねー。




だからさー


半袖一発で行けばいいんだよ!!




どうですか?

ややこしくないっすか??



女性にはめちゃくちゃ優しくしますよ。

「寒くない?」

って何度も聞きますからね!

もちろん、ゆっくり待ちます!!




でも、

やっぱね

男なら潔く!!

半袖一発っ!!




その方がカッコよくないっすか?

本当に無理してるわけではないんすよ。

気温のキャパシティというところだと思うのです。

40度からマイナス5度くらいまでは、行動している限り、全て半袖オッケー!!

これは僕の気温のキャパシティ。

ここまで広い必要はないのですが、そのキャパシティを知るだけでも何かあった時のデータとなりますからね。


ちなみに、僕は子供の頃、
真冬なのに半袖パンツ一枚で、さらに窓を開けっ放しで寝ていました。

海風最強の家で。

今はだいぶ寒がりになりましたが、キャパシティは広いままです。


と、
僕の体質はともかく、
ほんと、この辺りは理解をしてもらいたい。

登山でいうのは
「汗冷え」が一番アウトなんですよね。

それをするために、着たり脱いだりもセオリーではあるのですが、もはや最初から半袖ならばそんなことをしなくて良い。

経験的にマイナス5度くらいまでは登りならば半袖でオッケー!

降りならば休憩以外は半袖でオッケー!!

冗談じゃなく、慣れです慣れ!

そもそも汗かかなければ良いんですから。

冷えること無し!!

合理的な方が、最後に強くなります!


半袖一発のみ!

その半袖だけ着替えるくらいの形が絶対にオススメ。






で、

早めのスピードで降り



二人もなかなか疲れがきてる様子。


もう、

前田君は思うように足が進まなくなってきているので


自分のペースで来るようにしました!






僕とキッドはお昼ご飯を先に食べ🍚
前田君を待ちます。


待っている間にティシャツ着替えました。

ちなみに、この日上高地の温度は15度くらい。

周り見たら、もちろん冬服です。




登山をやるにあたっていろんなことを語りましたが、特段強くなくてもできるとは思うのです。

ゆったりと楽しめば良い。

そんなことを偉そうに指南するほどのことも何もない実力ですし、語る事もどうかなと。

んでも、
やっぱり一つ言えるのは

3000メートル超える山ってのはそれ相当の「体」が必要。

帰り道、何人も足を取られてこけている方がいました。

息切れしすぎで登ってくる人も。

時間がギリギリな人もたくさんいました。

これに、雨、風、気温が関わってくるからとてつもなく過酷です。

だから、登れる人が限られている山なんでしょうが、ギリギリで挑むことの危険てのをもっと理解した上で準備をしていた方が良いはずです。


もちろん、それがロマンではあるのでしょうが、余裕を作ることはいろんな知恵や意識でできることです。



何度も着替えるからロスも生むし疲れる。

荷物の出し入れでチャックも開けっぱなしになりがち。

落し物もする。

散漫もする。

息切れする体力しかないから、足を奪われるし、怪我もしやすくなる。

意識も朦朧とする。


それを言い出したら過酷な要求かもしれないけど、


やりたいことがあるならば
行きたいところがあるならば
人生を充実したいならば
幸せを分け与えたいならば


その計画を逆算し、体を鍛え、準備やシミュレーションを徹底しておくことです。


それをめんどくさがらずにやるほど、本当に得たいイベントの時に、最高のコンディションで迎えられるものです。


余裕があるからこそ、景色を眺める事もできるし、
何よりも、人にも優しくなれて、自分にも優しくなれる。


遊びとはそういうことを学ぶ時間。


五感がフルに活かされるコンディションで挑むことこそが、大人の遊び方なんじゃないかな?



それを学べるのが自然だったりするから、
これからもどんどん活かしてあげたいかなとは思う。


うるさい僕だけど、一緒に行けたことには本当に感謝です!

————————————

なんか、いろんなことありましたが

めちゃくちゃ楽しかった山行でしたね!



標準タイムで9時間ほどを
休憩込みで5時間で降りてきました!



このあたりは二人にチャレンジさせ、今後の経験に活かすようにさせました!


二人とも流石の脚でしたねー

登りは体力的にキツかったと思いますが、下りが早いのは良いことです!

もしもの時には、しっかりと降りてこれる力が必要ですからね!

雨がその後すぐに降ってきましたねー!

20キロほどの距離を降りて来る登山なんてのは滅多にないですから、本当に良い経験になったと思います!

変なところが多いですが、そういうところはマジでリスペクト!

文句言わずに頑張ることに集中してくれてました!

素晴らしい!!


で、

無事に下山した僕たちは

上高地の温泉に〜



行きに預けた荷物をキッドが取りに行ってくれました!

優しい男です!!


NGな所ばかりを紹介しましたが、二人ともたくさん僕には気を使ってくれます!

が、

二人に言います。

その気持ちは嬉しいが、
僕はもう一人で完結できているから、まずは自分のことをしっかりとやりなさい!
そして、よく行動を見なさい!
ありがとう(^^)

と。


二人とも大満足はしてました!


また企画立てて行きたい!と言ってましたね!




松本について〜



無事終了!



槍ヶ岳
ずっと悪天候で延期してましたが、
紅葉も堪能できて、本当に最高でしたね!


前田君への誕生日プレゼントでもありましたしね。

あらためておめでとうございます!


また連れて行ってあげるかー( ̄◇ ̄;)










P.S.

帰りの松本への電車にて





そして、山手線にて






動画撮ってないところでも、何回もチャック開いてましたね…


とことん忘れるんだよなー


言いたくないけど、、、、

ほんと直していかないと、いろんな物失くしてしまいますからね。。

チャック一つ。確認一つ。

キッド的には今回の動画を見て

「初めて客観的に感じて、ホントやばいなと思います。。」

と言っていました。

毎回、イベント毎に落し物してますがね。。


直したい気持ちあるので、優しく見守ってあげてください!



さてさて

NG大賞はどちらの手に!?







・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めての方にはぜひご覧いただきたい記事!!↓

http://kisou.hair-belog.com/0blog/sinkitop1.html 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
喜早純也とはどんな人?

喜早純也とはどんな美容師??

個人メディアが絶賛公開中!!

http://kisou.hair-belog.com/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

- SALON imformation by belog chez vous -

▪️第2.第4火曜日定休▪️

火曜~金曜日 12:00~22:00 (カット受付最終20:30)
土・日曜日 10:00~21:00 (カット受付最終19:30)
月曜日・祝日 11:00~17:30 (カット受付最終16:30)
※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

※ご新規の方は喜早指名に限り 

初回のみ指名料1万円戴いております。


サロンホームページ 

スタッフ紹介

TEL.03-5794-8072 
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F
mail@hair-belog.com 

喜早 純也さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります