先日の水木の休みに

こちらに行ってきてしまいました!!

一般登山道の中で
日本最難関と呼ばれる

剱岳へ!!



難易度最高の90!!!!


ヤバいレベルです…

ちなみに、
富士山はこのレベルとされてます!




剱岳がどれほど難関なのか、

数字で比べるだけでもヤバ目です!




まさに
威風堂々の

男山!!






テレビでもお見かけする超難関山!

登山家の憧れの剱岳!



だけど…

誰でも登れるわけがないとのこと。。



なので、

色んな本やビデオで勉強しました!


すると

こんな風に書いてあります↓




登るべからずの山と!!

それほど人を寄せ付けない山だとのこと!
( ̄◇ ̄;)


実際、この1週間でも死者が3人いました。。

(ご冥福をお祈りいたします。)


そんな剱岳

簡単な説明ではこんな感じ↓




なんとも険しそうな感じですよね。。


必要な要素は全て。

体力、知力、技術力、判断力、経験、運。

そして、

恐怖心を持たないタフな心。


どれが欠けても登頂はできない。



2999メートル。
酸素は地上の7割らしく
その状況下でこの急登を登り続けるのです。



降りるのだって難しい。


こちら、難所と呼ばれる所↓





落ちれば死ぬ以外にありません。。。




直登50メートルほどを手足を使い登ります。



これだけではなく、

足場の悪さ、落石、天候、急登。

いろんな要素が絡むからこそ
日本最難関と呼ばれる山です。



それがテント場からだと標準で8時間くらいの山行となるのです。


そんな男前の剱岳。

日本百名山を目指している僕としては、必ず挑戦する場所なんだろうなと憧れを抱きながら過ごし、

「来年ごろに行ってみようかな?」

と考えていたのですが、

プロの登山家から

「喜早さんなら余裕でいけますよ」


そんな風にも言われましたので

そっか…

試しに行ってみるか…

もしも

無理なら無理ですぐに引き返してこよう!

と。

とりあえず

体力測定の気持ちでチャレンジしてみよう!

と思い

行ってくることになりました!



そう、
実際疑問だったのです。

自分の今の感じはどれほどなのか?

登山もそうですが、いろんな面で。

フルマラソンの距離を走ってみたのもそうですし、
過去の経験もそう。

「今の自分はこの山を超えられるものなのか?」



元々膝を壊してしまっていた自分がいて、それを克服するように鍛えてきたわけですが、いつのまにやら自分が思っている以上に力もついてきて、

もしかしたら昔みたいにやりきれるところまで来たのでは?

と。


20代の頃、富士山をほぼ往復といった距離を歩いた事もあったり。

台風の中富士山を登ってしまったり。

一日400キロの距離をママチャリで走破したりと、

気ままにやりきれていたポテンシャルがあった若き頃。

そんな自分の脚力的なところに戻りつつあるのかなと。

そんな単純な疑問を抱いたのです。

だから、日本最難関と呼ばれる山で今の自分の力を試してみたいなと。


とはいえ、相手は難関と呼ばれる山。

体力は当然。

知識、技術、経験があってこそです。



そのためにも、するべき事はやっておかないといけません!!


だからこそ、

それを埋めるように日々トレーニングを重ねて来ました!


知識の面ではあらゆる本を読み、実行し、体得し。

技術の面ではボルタリングなどのクライミング技術からアプローチしたり。

また、体力面でもマラソンや筋トレ、様々な面からアプローチして準備を備えてきました。

経験に関しては、いろんなケースを想定して登山を繰り返してみました。


過去10年間も膝が曲がらなかった事もあってか、足が動かないケースだとしても降りてこれる歩き方も体得してもいます。

道具にしても、何かあった時の対応のための準備も揃えてきました。

保険もそうですし、
「ココヘリ」という、もしものためのヘリコプターとの契約。


これから登山やスノーボード、いろんな冒険のためにも入ってみました。


登山家の憧れである剱岳に対して失礼のないように、そして、無事に帰ってこれるように。

しっかりと準備してきました。


こんな話をすると嫌がられるともわかっていますが、、、、



お願いです!

止めないでください!!

止められると


内緒でやるだけでブログにも書けません!(笑)


何をするときも
常に決めていることがあります!



少しでも余裕を感じなければリタイアし、潔く戻ろうと!


約束です!




そんなわけで、事後報告ではありますが、


通常2泊3日の山行らしいのですが、

一泊二日の男テント泊!

単独で行ってきました!




山の殿堂剱岳!


それでは!

朝一に立山駅に到着



そこから室堂まで1時間

トロッコとバスで乗り継いで向かいます!






10時立山に到着



最高の天気!!

素晴らしい景色!!




こちらから
寄り道をしながら劔沢のテント場までいきます!

しかも、

またもや
今回もテント泊!笑

今回、背中にはしっかり荷物の量を削り落としての12キロ!


全ての荷物を計り、最軽量で挑む事にしました!




ちなみに、
僕は数年前にこちら立山に登ったことがあるのですが、

ここは本当に素敵な場所!


特に室堂は誰でもその雰囲気を堪能できる場所で

歩いているだけでも最高の気分になれます!



マジでオススメ!


そこから4時間くらいで一山を超えて↓

こちらを超えて行くのです!




こちらの頂上から見えてきたのが!!


剱岳!!






この頂上を目指すわけです!!


てか

遠すぎるってば!!笑


あんなとこまで行けるのか??

ほんと不思議な気持ちになります!


ひたすらテント場に向かう⛺️


そしたら

滅多み見ることのできない雷鳥が!!



僕は何度も出会っていますが、かなり希少なんですよ!


まさかの道を塞いでいましたね(笑)

近づくと子供とはぐれるので軽くスルー



無事子供と旅立って行きました(笑)


そんなこんなで

1時半ごろにテント場に到着!


ヤバイよ!!



目の前に剱岳!!

この山、かっこよすぎるぜ。。



翌日朝の4時にアタック予定!!


が、、、


台風接近のため
計画を変更する事に!!!


続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めての方にはぜひご覧いただきたい記事!!↓

http://kisou.hair-belog.com/0blog/sinkitop1.html 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
喜早純也とはどんな人?

喜早純也とはどんな美容師??

個人メディアが絶賛公開中!!

http://kisou.hair-belog.com/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

- SALON imformation by belog chez vous -

▪️第2.第4火曜日定休▪️

火曜~金曜日 12:00~22:00 (カット受付最終20:30)
土・日曜日 10:00~21:00 (カット受付最終19:30)
月曜日・祝日 11:00~17:30 (カット受付最終16:30)
※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

※ご新規の方は喜早指名に限り 

初回のみ指名料1万円戴いております。


サロンホームページ 

スタッフ紹介

TEL.03-5794-8072 
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F
mail@hair-belog.com