努力無しの時代に必要なのは効率化に特化した努力 | 喜早純也のアメブロ

喜早純也のアメブロ

恵比寿・代官山の美容室 belog chez vous
めちゃくちゃサロンへのこだわりがあります!
絶対にどこにも負けない美容室だと自信もって言える美容室であり
美容師をしています!


テーマ:
明日は日本戦ですね!


昨日も
ドイツ メキシコ戦
ついつい見入ってしまいましたね。。

メキシコ!
初めてドイツに勝ったらしいですね!




いやー

おもしろい!!

僕はめちゃくちゃ楽しみっす!


ワールドカップ好きな人も
そうではない人も

オリンピック好きな人も
そうではない人も

マニアックな人も
にわかな人も
嫌いな人も

好みはそれぞれだけど

きっと何かに頑張っている姿は好きですよね!





今日は努力について
スタッフと話したことを書いてみます。


テレビを見ていた時の話でした。



自分たちは、努力を重ねて結果を出す姿に期待し、感動します。


仮に結果が不甲斐ない形であれば、叩いてしまう世の中でもあったりします。



だけど、
自分のことだとそれは別物と変わります。

努力を避けたり、

努力を強要することを悪としたり、

競争を悪としたり。


マイルドにマイルドに。

優しく優しく。

厳しくないように育てることを善とした社会になっているという、この矛盾。


なんか不思議だと思わないかな?


テレビを見ているときは期待して感動して、結果にならなければば叩くのに、
自分たちの目の前の社会においては、マイルドにマイルドに、競い合うことなどを止めるような風潮になっていて…


冷静に考えてみたい。



僕たちは一体なにがしたいんだ?


都合と都合がぶつかり合いすぎています。


仕事でもなんでも「努力」をしないとダメなことは誰もがわかっていて

だけどそれをできるだけ避けるように工夫を懲らそうと社会は流れていて


「努力は悪」のような書物を手に取ることも多くなり


だけど、
努力無しで成果が上がる確率はとてつもなく低く。

そんな事を書いている著者は著者で
その本が売れるための努力の答えが
「努力なんてしない方が良い」という本を書くこととなっていたりして。


僕たちは何をしたいのか?



蓋を開けてみれば、
生放送であるオリンピックやワールドカップの視聴率はめちゃくちゃ高い。

AKBの総選挙でも視聴率が高い。

政治の選挙よりも熱量が高いという。。



動物の本能としても
強いものに惹かれていくのであって


やっぱりそこには「努力」をする事が必須なのではないかなと。

好き嫌いは別として

そこを変化球で誤魔化しても
その答えは永遠に変わらないような気がします。


その努力の質に目を向けるべきなんですよね。


その中で「甘さ」を作るとするならば、
「効率」によって解決して行く事だと僕は思う。


そして、絶対に継続する行動力がないとダメ。




昨日、ある人が言っていました。


行動のない人に結果が有るわけがない

ミーティングで黙っていて変化が起こるわけがない。

何もせずに人気者になるわけがない。

行動にはいろんな負荷があるのだろうけど、それを全て飲み込み、それ以上の行動がある人が残る。

無難に過ごしても誰も見向きも記憶もしない。

と。

老害と言われるような大人が語ったのではなく、
若い子の社会で語られた言葉です。


なんだか厳しめな意見ですが的を得ていて

もはや、
こんな事は誰でもわかっている事ですよね。

行動なしでは変化は起きない



行動と努力は同じこととするならば

プロの世界だと、それが職業でもあるからこそ
生きていくために必要なのは「努力」です。



趣味でやる範囲はプロではないので
好きなペースでやれば良いのですが

プロとして生きていくとしたら
その方程式は永遠に変わらないのかなとも思う。


「どの辺りで満足なのか?」

は本人が決める事なので
満足ラインまで努力すればとも思う。


とにかく努力の積み重ねがなければ
上に上がる事はないんだという事。


何もしなくて
なにかの技ができるような事は一生ありえないわけですからね。



それはどの仕事でも同じことですよね。

料理屋なら料理屋なりの
販売なら販売なりの
政治でも、公務員でもコンビニでも
受験でも、自分らしく生きるとしても
動物の世界でも。


生き残るためには
「生き残れる側に入れるなりの努力」をしていなくてはいけない。


そして少なくとも

努力をしている人のことを美しく見えるのは確かです。

オリンピックがそうですし。

売れる品には企業努力が隠されています。


努力ある所に人が集まる。

なのになぜ、

努力って、いつから悪になってきたのかな?




「頑張りすぎない」

それはとても良いことなんだろうけど


極端にサボりすぎる傾向になっていることもある。


仮にそれをしたいとしたら

日本を出てしまう方が良いのかもしれない。


世界的に見ても極端に資本主義な社会です。


それをどう立て直そうと
社会を緩ませたとしても


やる人はやるDNAを持ってしまっているから
めちゃくちゃ格差が生まれる。

能力格差
人気者格差

それに加えて

努力した人格差


結果、収入の格差としても出てくる。



収入はともかくとして

この日本の中でその「努力批判」の社会性を新たに作ろうとしても
絶対に格差にしかならないと僕は思うんです。


繰り返しますが、
努力を美学としたDNAが残りすぎているから

やる人はやるんです。

今日本は団体競技よりも個人技の方が世界に通用している。

卓球、バドミントン、ボクシング、フィギアにスノボに水泳にスケートに

それこそアートの世界でも
ピアノもバイオリンも美容も。


これが意味する事はなんだろう?


そういう点からも未来を予測して見たくなる。



人はネガティブなことに引き寄せられやすいと聞きますが

まさにそういう点もありますよね。


一人がサボるとその影響は計り知れない。

サロンでもそう。


今は無くなりましたが、
一人がサボっていたりするだけで
みんなが掃除一つサボります。


それぞれが、自分の夢の事だけのことを考えていたりすると
意外とそんな事はなくなる。



僕が美容師になり始めた頃

周りはめちゃくちゃサボっていた。

とにかく酷かった。


だけど僕は一ミリも影響受けなかったと思う。


周りが何していようと、僕がやるべきことは努力でしかなかったから、気にもしなかった。


おかげさまで、仕事が多くなり、成長に繋げられていた。


その頃のスタッフは全員美容師じゃなくなっています。

美容師としていられなくなってしまっている。。

自殺した人もいる。



足を引っ張り合うのは結構ですが、

責任は自分にしかないことを知った上で選ばなきゃいけない。

とある著者の書く「努力無し正解論」は
著者の儲けとなっているだけで、誰もその責任は取るわけではないことも忘れてはいけない。


努力をしない、サボる
学校でいうとヤンキーみたいな話ですが

それに影響を受けても、誰も責任はとってはくれない。



団体戦だろうと個人戦だろうと


戦うのは自分対自分。



それを分かった上で

「そんなに頑張らなくていいんだよ」

と言ってあげていますか?


頑張らなかった結果を

生活も、心も、未来も
全て面倒見れる上で言っていますか?


もちろん、頑張りすぎて心が壊れるようでは意味がない。。

頑張れ!

と簡単に言える世の中ではない。



難しいですよね。。


結局のところ

日本はそんな国。



誰もが勝者に偏り、集まる。

だけど、
その競争に疲れている。

だけどやっぱり
勝者こそが美徳としてしまう空気は大きい。


それは、競技などの競争だけではなく

努力をしない医者に病気を見てもらうよりは
努力をしている医者に見てもらいたいでしょう。

グルメでもそう。



これからさらに生まれる「努力格差」。




そう思うと

テレビをつけて
選手が頑張っていて


よし!!
俺も私も頑張るぞ!!


そこに損はないと思う。



僕は背中を押せる人になりたいし

頑張りすぎてる人に休息を与える人にもなりたい。


その子が描いた夢にたどり着かせることを、第一の使命として接してあげることだと思っています。


その努力をどのように質を高め、効率よくして行けるか?

それが今一番大切な思考だと思う。


自由な時間、ストレスフリー、仕事が楽しい

どれを取っても

効率化を今こそ徹底的に目を向ける時代です!


と、
僕はそんな思いで自分に対しては突き進んできていました。

30年前から提唱しています。

自分なりではありますが
効率化された点においては満足度は非常に高い。


努力の時間に無駄がない。

結果にリーチしやすい。


これは一夜にしてならずの能力や思考だと思いますが

身につけてしまえば、本当になんでもすぐに成果に結びつくと思います。

そこに信じて、その効率化という分野に努力を重ねてほしいなと
スタッフに思う今日この頃でした。

努力無しの時代に必要なのは

効率化に特化した努力です!




そして

{3D0D5884-BAEB-4D1D-B7E0-F67934A20413}



・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めての方にはぜひご覧いただきたい記事!!↓

http://kisou.hair-belog.com/0blog/sinkitop1.html 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
喜早純也とはどんな人?

喜早純也とはどんな美容師??

個人メディアが絶賛公開中!!

http://kisou.hair-belog.com/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

- SALON imformation by belog chez vous -

▪️第2.第4火曜日定休▪️

火曜~金曜日 12:00~22:00 (カット受付最終20:30)
土・日曜日 10:00~21:00 (カット受付最終19:30)
月曜日・祝日 11:00~17:30 (カット受付最終16:30)
※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

※ご新規の方は喜早指名に限り 

初回のみ指名料1万円戴いております。


サロンホームページ 

スタッフ紹介

TEL.03-5794-8072 
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F
mail@hair-belog.com 

喜早 純也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.