1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009-10-09 00:31:14

人は墓守娘と云うけれど その10

テーマ:四方山話 家庭

#069


蝦夷鮑が鉄板の上で


踊っております


彼 ( ? ) 彼女 ( ? ) には


申し訳ございませんが


「 悔いのなき咀嚼なりけり蝦夷鮑 」


でございますです



「 えいと さんです


さの えいと 」


「 ほほう なる程 不思議なものですな


やはり気になる御仁とは相性が


よろしい様でありますな 」


「 相性はいいのですか 」


「 ええ さき程のメモを ・ ・ ・ 」



父と母の母音が並んだ下に


( 娘 ) 「 ゆきえ 」 ・・・・・ [ u / i / e ]


彼 ) 「 えいと 」 ・・・・・ [ e / i / o ]


と書き入れます



「 母音のかさなりは [ i ] と [ e ]


ユニークさの [ e ] のかさなりは


多いに結構であります [ e ] を


理解するには [ e ] がベストなのです


そして 彼の [ i / o ] のこだわりを


貴女の [ u ] が受け入れることが


可能なのです これは かなり強い


相性であると云えます


貴女には [ e ] をお持ち殿方が


あっていると思いますよ 」


「 ありがとうございます


とてもうれしく思います


昔の彼も [ e ] がありました 」


「差し支えなければお名前を


お聞かせ願えますか 」


「 いいですわ ひでおです 」


「 むむ 母音の構成はえいとさんと


同じですね 」


「 えっ あっ そうですね ・ ・ ・ 」


「 貴女のご心配はわかります


大丈夫ですよ えいとさんの


[ e ] は子音のないピュアーな


[ E ] です 云ってみれば真っ正直な


ユニークですから 」



この巻おしまい



墓守の疑惑は晴れて秋桜



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-08 01:24:01

人は墓守娘と云うけれど その9

テーマ:四方山話 家庭

#068


本日のメインイベント


蝦夷鮑が運ばれてまいりました


おお まだ動いているでは


ありませんか これをソテーして


薄切りにいたします


もう降参したごとく柔らかい


食感を楽しんでみることに


いたしましょう



「 わかこ伯母さまがやって


らっしゃるカルチャー教室の


事務方のトップの方が確か


あきこさんでしたよね 」


「 そうです 」


「 そして貴女の叔母さまの名前が


かつこさんでしたね 」


「 はい 」


「 皆さん [ a ] から始まるお名前です


この [ a ] は優しさを表しますが同時に


甘さやしつこさや優柔不断の面も持って


いるのです 特にこの方々が集団と


なった時のパワーは計り知れません


悪気はないのですから恨んでは


いけません 全ては愛情から出ている


ことなのです 」


「 それが 『 墓守娘 』 疑惑なのですか 」


「 たぶん その辺りからのことと


思いますよ 」


「 これからどうしたらいいでしょうか 」


「 わかこ伯母さまにはわたくしが


お伝えいたしましょう 貴女が 『 墓守娘 』 で


ないことを ・ ・ ・ 」


「 ありがとうございます 」


「 それから 『 墓守娘 』 と思われぬ様に


もっと愚痴を云ってください


どうも その辺りに 『 墓守娘 』 かどうかの


線引きがある様です もっと楽しむ


これが大切です あっ お医者様の


お名前を聞いていませんでした 」



明日につづく


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-07 00:40:43

人は墓守娘と云うけれど その8

テーマ:四方山話 家庭

#067


シャンパンからワインへ


メインディシュの前には


シェリーに辿り着きます


辛口と甘口のシェリーを


ブレンドしたのを一杯


正しい飲み方かどうか判りませんが


この葡萄のコースが若隠居の


お気に入りでございます



「 そうなのです わかこ伯母さまは


私がその 『 墓守娘 』 になってしまって


いるとお思いのようです 」


「 でしょうな 」


「 何故 そう思われたのでしょうか 」


「 貴女がお母様の云いなりになって


ご自分の人生を失っていると


お考えになったのでしょう 」


「 確かにあんなことがあって


母は心労から心の病気になりました


半分以上は私のせいだと思ってます


でも 親が病気になれば看病する


のは当たり前ではないでしょうか 」


「 確かにそうだと思います


ただ 貴女方親子は名前に


[ u ] をお持ちです それも


[ Y ] が付いた受け入れの


スペシャリストであられる


これは他人から見ますと


苦労を隠し 苦しみに耐え


ことに当っていると映るの


かもしれません 」


「 そんな大袈裟なことですか 」


「 それが相性なのですよ


それに 貴女の [ e ] のユニークさが


加われば 貴女の中では当たり前の


ことが [ u ] も [ e ] も持たない


わかこ伯母さまにとってはまったく


理解不能の出来事なのです 」


「 そう云えばいままでのことが


なんとなく判る気もします 」



明日につづく


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。