2009-09-18 00:20:26

戦国時代もあいうえお その9

テーマ:四方山話 歴史

#054


関ヶ原敗戦を受け


上杉家は会津百二十万石から


米沢三十万石に減移封されることと


なりますが ほとんどの家来が


米沢に移ったそうであります


藩の経済は 当然逼迫状態


兼続は新田開発に力を入れ


表高三十万石のところ


内高五十万石と云われるほどに


藩の財政を立て直したそうであります


歴史に名を残した人物は


さすがでございますなあ



「 嫌いなのは相性だけでは


ないかもしれんな 」


「 ほかに何があるの? 」


「 上杉は武門では誉高き名門じゃが


景勝は謙信の実子ではなく


内紛を経て当主となった経緯がある


天下人秀吉は成り上がり者で


秀吉に頼りにされているうちに


いまの状況を苦労して掴み取った


と云う戦国の生き様が互いに


あったのじゃなかろうか 」


「 そうか 家康はもとから


お殿様だもんね 」


「 そして秀吉の天下は実は相続で


躍起になって天下を狙う武将は


このとき家康しかいなかったのじゃな 」


「 有力武将は皆死に絶えたか 」


「 いまのままでいいのに


何故また己の欲望のために戦を


するのかと考えたのじゃないかのお 」


「 お坊ちゃまのくせに


エゲツない訳ね 」


「 天下を狙う根性がいやらしい


第一 謙信公は天下には興味を示さなかった


と云う過去もある訳じゃしな ・ ・ ・


ああ忘れとった 父上に頼まれた話 」


「 いいよ 今度聞くから 」



この巻おしまい



会津よりいわし雲連れ米沢へ



*本日の相性学* 無かったねえ



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-09-17 00:18:51

戦国時代もあいうえお その8

テーマ:四方山話 歴史

#053


昨今の武将ブームは


「 花の慶次 」 と云う漫画からで


ありましょうか


「 前田 慶次 」 が上杉家に仕官し


兼続の与力であったことも


人気の一因かもしれませんなあ


それにいたしましても 皆偉丈夫で


ちと男前過ぎやしませんかねえ



( 昨日に引き続き相性学も兼ねておりますぞ )



「 そう [ I ] が強すぎたのだろうて 」


「 家康ってやることが強引だもんね 」


「 何がしかの子音があれば


イメージは変わってくるのじゃよ


関ヶ原後 家康への取り成しを頼んだ


武将のひとりが 結城 秀康 だな


家康の実子でもある 秀康の


母音構成は [ i / e / a / u ] で


父家康と一緒なのじゃよ


ただ主節音は 『 ひ 』 で子音 [ H ] を


持つだけでおそらく 景勝 ・ 兼続から


みると相性がいいわけじゃよ 」


「 でも二人は [ u ] を持っているから


[ I ] も受け入れることが可能よね 」


「 ちょいと無理じゃな 」


「 だって [ u ] は ・ ・ ・ 」


「 ピュアーな [ U ] なら可能かも


しれんがのぉ 彼らの [ u ] は


『 つ 』 で子音が [ T ] なのじゃよ


受け入れて理解することにムラが


あるのじゃな 」


「 じゃ やっぱり相性は悪いんだ 」


「 景勝はそうじゃろな


兼続は従節音も [ u ] で少しは


理解していたのかも知れんなあ 」


「 理解してても嫌いかぁ 」



明日につづく


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-09-16 01:06:29

戦国時代もあいうえお その7

テーマ:四方山話 歴史

#052


戦国武将ランキング


なるものが何種類かございますが


どのランキングにも上位で


ランクされている武将のひとりに


「 上杉 謙信 」 がおります




生涯無敗であるとか


川中島の激戦であるとか


毘沙門天の化身であったとか


理由はいろいろございますでしょうが


上杉家が綿々と続いたことも


理由のひとつではないでしょうかな


米沢の上杉の始祖は 「 謙信 」 公で


あらせますぞ



「 家康が嫌いじゃなきゃ


直江状なんて出せないもん 」


「 豊臣の家臣団の中であからさまに


天下を狙ったのが感に触ったのじゃな 」


「 先生 面白いことに気が付いたわ 」



「 さくら 」 ちゃんメモ用紙を取り出しますと


「 ひでよし 」 ・・・・・ [ i / e / o / i ]


「 いえやす 」・・・・・ [ I / e / a / u ]


と書きまして



「 似た名前よね 何故景勝と兼続は


秀吉が好きで家康が嫌いなの? 」


( ここから本日の相性学の始まりですぞ )


「 その下に景勝と兼続の名前もいれてごらん 」



「 かげかつ 」 ・・・・・ [ a / e / a / u ]


「 かねつぐ 」 ・・・・・ [ a / e / u / u ]



「 まず 秀吉と家康の共通点は [ i / e ] で


戦国武将に必須な母音を備えている


ただし 家康の 「 い 」 は子音の無い


所謂ピュアーな [ I ] でこの場合は


天下取りの名人と云える訳じゃな 」


「 そっか 秀吉はこだわりで


家康は名人芸かぁ 判るわぁ 」


「 判っていただきまして恐悦至極に存知まする


それでは核心のお話じゃよ


いいかい 家康から [ I ] を除くと


景勝 ・ 兼続主従と同じ母音の


[ a / e / u ] となるのじゃな 」


「 うそぉ ほんとだぁ でも 三つも


重なれば相性いいはずだよね 」


「 良すぎたのかもしれんな


景勝 ・ 兼続からみると絶対的に


自分等と同じ匂いを家康に


見出していたはずじゃな 」


「 じゃあ何故? 判った [ I ] でしょ 」



この娘暦女にしておくには


勿体ないほどの


「あいうえお」相性学の信奉者


後を継いでくれんじゃろか



明日につづく



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。