波の間に間に その8 | あいうえお相性学でお馴染み『甲子堂・若隠居“きねさん”』の縁側de世相チェック
2009-11-17 23:18:38

波の間に間に その8

テーマ:四方山話 釣りと

#092


中央高速大月J C T で


富士五湖方面へ




「 最初の奥さんの名前は


聞いたような気がしますが


忘れました 」


「 次がちあきさんよね 」


「 根性の持ち主で愛称は


いいんですが やはりぶつかり


始めますとね 」


「 長谷川りえちゃんとは


どうだったのかしら 」


「 彼女のユニークさも全て


受け入れていたのでしょうが


何か持て余した感じがしますね


もっとも本人に聞いてみないと


判りませんが 」


「 そしてりこさんか えっ


りえにりこ 彼は『り』好き? 」


「 まあ たまたまでしょうが


出てきた三人は主節音がみなさん


i ]でしょ 根性のある


女性がお好みのようですね


それぞれ特徴を一口で申せば


優しいちあき ユニークなりえ


そして賢いりこ ですか 」


「 女性も知的な時代ね 」


「 ??? 」




河口湖 I C から東富士五湖道路を


経まして山中湖 I C で降ります


いよいよ目指す山中湖のドーム船


以前は寒風に吹かれながら


かじかむ手で餌付けや取り込みを


いたしましたボート釣りでありました


が いまでは暖房バッチリぬくぬくの


大名釣りでございますよ


これでアルコールがいただけましたら


云うことはないのでありますが


なんせ水の上 終わって土の上で


存分に飲むことといたします




明日につづく







きねさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス