交野市市民文化財講座『遺跡からみる戦国時代の交野と枚方』が開かれました。 | モーゼの子のブログ

モーゼの子のブログ

CONTENTS
◆交野の自然・歴史・文化にふれる ◆生きようと行動することで生物は多様化する(理論生物学)◆美しい写真 ◆社会貢献活動 ◆こちらも どうぞ
http://www.hi-ho.ne.jp/ayakouji/iwabasiru.htm

◆11月29日 講演会『遺跡からみる戦国時代の交野と枚方』 が開催されました。

突然ですが、「提案:”私部城博物館”を建てませんか?」

 

1.報告「私部城跡の発掘調査速報2020」

 〇2020年8月から約1ヵ月、郵便局南側民地の発掘調査をした報告がありました。

①今まで私部城は、4郭まで存在が知られていましたが、今回、少し小さいが、5郭といえる廓の存在が確認され由です。

②大変興味深かったのは、私部城を築城するとき、戦国時代当時の土地にどのように手を加えて、城の掘、土塁、廓を構築たかが、手に取るようにわかる遺構として残っていたという報告です。

 

③私にお金があれば、今販売されている土地を、即、購入し「私部城博物館」を建てたいと思いました。

④地下に、今回発掘された戦国時代の土地、つまり私部城築城当時の地層の様子を、ちょうど淡路島にある「神戸・淡路地震記念館」のように展示して見せます。

▲発掘調査で出土した地層 ※私部城博物館では、この地層をそのまま見せます。

現代において、約400年前の戦国時代の地表が見られるってすごいことです。

⑤1階は、交野の物産、土産店、飲食店、2階は私部城関連展示場、3階文化・観光展示会場など。

⑥ちょうど、市庁舎も移るので、ここ私部城を中心に、私部のまちを盛り上げることできます。

⑦どなたか、この話、乗っていただけませんか?

 

⑧なお、興味ある方は、12月27日まで歴史民俗資料展示室で開催の展示と説明を、ぜひ、お聞きください。よくわかります。

 

2.講演「戦国時代の枚方─遺跡を中心に─」

〇講師の結びの言葉が心に沁みました。

「聖武天皇の御代、最大の力をもつ長屋王がいました。陰謀によって自殺に追いやられます。その長屋王の大邸宅跡が奈良市二条で見つかっていました。多数の木簡が出土し、奈良時代貴族の生活を知る上で大変貴重な遺跡でした。しかし、1989年、奈良そごう、イトーヨーカドーが開店するため、多くの反対を押し切り、遺跡を潰してビルを建てました。しかし、2017年、これらは閉店しました。たかだか30年しか利用しないビルのため、1300年の歴史遺産を潰してしまいました。

 私部城は、関西でも有数の貴重な平城です。奈良そごうの二の舞にならぬよう、保存をよろしくお願いします」

〇「タラ、ネバ」の話ですが、交野の車塚古墳群も同じことが言えると思います。

交野高校となって人材養成の重責を担っていますが、当時、英断をもって、この地を「交野車塚古墳公園」としていたら、交野市民の古文化への関心も大いに異なっていたことでしょう。

 

なお①講師の話された「枚方寺内町」に興味のある方は、

『「私心記」に見る枚方寺内町』       森田恭二

『枚方寺内町と枚方大隆寺について』   株橋祐史

をお勧めします。いずれも、インターネットで読むことができます。

②また、津田城に関して語られた内容は、12月27日まで歴史民俗資料展示室で開催の展示と説明を、ぜひ、お聞きください。よくわかります。

 

3.私部城跡見学

講演会後、私部城を活かし守る会による、「私部城案内」「城米、城いもの販売」「御城印の試験的配布」が行われました。

 

▲本郭でガイドを聞く参加者

▲「土の古城」の様子をよく伝える本郭西の掘(私有地)

▲城の掘で収穫した「城米」、と、「城跡住人」が収穫した「城いも」の販売。

 

 

◆「私部城を活かし守る会」では、今後、「城タケノコ」「城梅」「城ップ」(城梅で作ったシロップ」などの販売を予定しています。

 

◆ご覧いただき、ありがとうございました。