あなたの豊かさが、世界を変える。「Stand by me Company」

あなたの豊かさが、世界を変える。「Stand by me Company」

本当に頑張ってるのに、何か「見えない力」に邪魔されているような…そんな「生きづらさ」から脱していこう。「自信」を味方につけ、本来の「美しさ」をより輝かせていこう。愛と豊かさで満たされますように。

「自分がなぜ、こんなに、
苦しまなくてはならないのか、わからない」

理由がわからない不安や悲しみ
いや、
それさえも感じたくないと
感情を無くしてしまった時

気づく。

「本当の私は、どこへ行ってしまった?」


そして今、あなたがこれを読んでいるという事は
「自分をなんとかしたい」
「諦めたくない」
「1人では、もう無理だ」
と、感じたからなんだと思います。


そう思った時には、
もう「一歩」が進んでる。

大丈夫。
歩き始めてますよ。
【からだじかん】
【バストリシェイプセラピー】



久々のセルフケア講習。





決して無理に動かそうとしない
でも、奥にある骨や流れに意識は向ける

無理に自分を動かそうとしない
自分の奥に感じる流れに意識は向ける

身体のケアは
心のケア
誰よりもなによりも

自分が向き合うことが
1番喜ぶ

セルフケア講習、
やっぱり楽しい
準備整えて、やっていきます。







#StandbymeCompany
#からだじかん
#バストリシェイプセラピー



この桃は、皮に茶褐色の斑点があります。





「せん孔細菌病」という、
桃の病気の一種だそうです。

それでも皮を剥けば、
ほんのりピンクの、ツルっとした桃肌!

「今年の桃はあんまり甘くないんだよ」
なんて声も聞かれる中で、
今年一番甘くて美味しい桃でした。




ちゃんと知っていれば
全然美味しく食べられる。

このことを教えてくれて、
「規格外だから…」と
この桃を送ってくれた農家の方に
感謝とエールを送りたい。



むしろ、
こういう取り組みは増やすべきだと思う。


知らないから不安なだけ。
私たちがもっと農作物の事を知れば
農家さんの声をたくさん聞けば
美味しいは増えて、
廃棄も減っていくと思う。


だってみんな、美味しい物が
大好きでしょ❤️





#福島の桃
#頑張る農家さんを応援したい

3日間、森の中にいたあと
今朝、ラジオをつけたら
いつものラジオ番組なのに
そこから流れるニュースに
違和感があった。

情報で身体を拘束される感覚。
これでは、身体は、細胞は元気に働けないと
直感で感じた。


八ヶ岳滞在3日のうちの最終日
ネイチャーゲームに参加した。
そのうちのひとつに、
自分自身がカメラとなって風景にシャッターを切る、というワークがあった。

しばらく目を閉じた後、
ポンと肩に合図を受けてパッと目を開けると
それまで見ていた風景だったはずなのに
より鮮やかで
鮮烈な色を放っているように見えた。
まさに目の中に
「色が飛び込んできた」のだった。





目から入ってくる情報は膨大で鮮烈だ。
耳から入ってくるものもそうだ。


森で感覚が研ぎ澄まされている時には、
それが特に強く、感じられた。
強く、強く焼き付けられていく。






2日目、白駒池の辺りを歩いて、
本当に必要以上の音がしない世界を体験した。



鳥の声や自分の血流の音
地球の自転の音までもが聴こえてきそうな空間。
ちょっと耳に手を添えるだけで、
もっと遠くの木の根の下を流れる水の音が
かすかながらに聴こえてくる。



「普段、どれだけ多くの音が
周りに溢れているのか、わかるね」







耳は、24時間、聴きっぱなしなのだ。
目のように閉じない。
音を聞くだけじゃなく
アンテナとしても働いている。


例えば、冷蔵庫のようにずっと鳴ってる音は
「要らない」と思えば
脳内で「気にならない」部類へと送られ
まるで聞こえていないかのような
反応になる。


ラジオ番組やテレビ番組のように、(スイッチは自分で入れるけれども)勝手に流れてきて勝手に脳内に刺激を与える物からは、どんな影響があるか、いちいち気にしてはいられない。
どんな影響を受けやすいか、
わからないまま受け取っている。


わからないまま受け取っているけれど
情報は耳に入っているのだから
身体や心は反応する。



もし、そこに
「?」や恐れに近いものを感じたら
それは自分の反応として認めて
信じていいと思う。


聞く必要のない音を
選ぶことはできる。


怖いけど聴き続けていたら
どんどん怖さは上塗りされ
焼き付けられていくだろう。


聞く必要のない音を
選ぶことはできる。




選ぶことで、心を守っていきたい。