どうしたら?「小2の孫 計算が苦手」 | 赤ちゃんとの愛着関係を深める おむつなし育児とベビーマッサージの教室 ハハコノ/愛知

赤ちゃんとの愛着関係を深める おむつなし育児とベビーマッサージの教室 ハハコノ/愛知

短い赤ちゃん期の密なふれあいが、コミュニケーション能力を高めます。
妊婦さんから乳幼児子育て中の方に向けて情報発信をしています。

こんにちは♪

ハハコノ駒林です。

ご来訪ありがとうございます。

 

10月15日 中日新聞 子育て「どうしたら?」

計算する様子を側で見ていると、スピードが気になりますよね。
 
まずは、10になる組み合わせを覚えることからではないでしょうか?
1と9
2と8
3と7
・・・
のように、10になる相手が何か、瞬時に言えるように覚えると、少しスムーズになると思いますよ。
 
指あそびで、「1」を出したら、「隠れている指は何本?」
など、紙に向かわなくても頭で計算する練習もできます。
 
10ではないですが、例えば、サイコロなら、表と裏では必ず7になります。
サイコロをふって「3」が出たら
「この裏側は、何の数字だ?」
なんていう数当てゲームなども面白いと思います。
 
「計算」という言葉がすでに「苦手」意識を持たせているかもしれませんから、ドリルを離れた日常の中で、数字に触れる機会を作ってあげられるといいのではないでしょうか。