事件です。

 

 

わたくし本日、娘と共に

人生、初の

宝塚歌劇団公演へ

行って参りました・・・・

 

もうね

 

もうね

 

「わたしどうしてもっと早く!

できればあと20年ぐらい早く!

宝塚を見なかったんだろう!!!」

 

って

 

「宝塚かぁ〜、見てみたいけど

チケット取るの難しそうだし〜

なんかルールあるらしいし〜

まあそのうちそのうち〜」

 

なんて

 

気がつけばもう40歳も半ば

 

先日、ふと

 

目にした「ポーの一族」のポスター

 

そして、これまた、ふと

 

「そろそろ行こう、行ってみよう」

 

と、娘を誘って

(小心者だから一人では行けない)

行ってみたらもう、どハマりですよ

 

まじでサイコー(語彙なさすぎ)

 

幕が上がった瞬間に

ゾゾゾゾゾゾゾゾー!!!!

って鳥肌が立ちましたよ

 

あの華やかさ

あの美しさ

あのきらびやかさ

あのカッコよさ

 

そしてまあ

 

くるくると舞台が回る回る 笑

 

サクサクとシーンも進み

 

(あらかじめ物語の予習は必須だと思いますが)

 

わかりやすい展開と

聞き取りやすいセリフと歌

 

そして男役のカッコよさ

 

この世の全ての夢を

宝石箱にぎゅうっ!と詰めたような

そんなひと時でしたよ

 

そして男役のカッコよさ

 

みなさんまあ本当に素敵

 

そして男役のカッコよさ

 

わたしの更年期は

こうなったらもう

宝塚の男役さんたちに

ホルモン補充してもらって

乗り越えていこう・・・

とまで思いましたよ・・・

 

と、今回はとにかく

男役のカッコよさにノックアウトされて

「カッコいい!カッコいい!みんなカッコいい!」

と興奮MAXで帰宅してきましたけれど

 

多分、もっと色々な組の

色々な作品を見たら

また違った興奮を覚えたり

違った楽しみも見出せるんだろうなあ

と、思います

 

今日は興奮冷めやらぬまま

 

また夢の中で

あの素晴らしい舞台を

見れたらいいのに・・と

 

お布団に入ることになりそうです

 

いや〜 宝塚サイコー!

 

また行くぞ〜!