こんにちは、水野です。

9月に、子育てカウンセラー協会のマスターインストラクターとなりました。

現在、その資格を活かして、とある保育園の新規プロジェクトに関わらせて頂いています。

詳しくは、まだお伝えできませんが、

子どもたちの個性にあった、環境作りをし、自然と創造性のある子どもを育てるための活動です。

このブログでもお伝えしてる、赤ちゃんともちは、生年月日から、その子のうまれもった個性や才能が分かる統計学です。

しかし、全ての性格が分かるものではありませんし、性格を決めつけるものでもありません。

また、生年月日だけで、その人の性格全てが分かるほど、人間は単純じゃありません。

性格は、環境によって大きく変化します。

この環境を作っているのが、親です。

この子に合っている「だろう」という子育て。

これが、適した環境ならば、その子の個性はどんどん伸びていきます。

しかし、伸びるはずの個性を、ダメな所と判断してしまえば、子どもは自信をなくし、怒られないように育ってしまいます。

つまりその子は、本当の自分らしい生き方から、どんどんと離れていってしまいます。

「創造性のある子どもたちをつくる環境をつくる」


こんにちは、水野です。

今日はこの方に逢う為だけに、土砂降りの雨の夜に出かけました。

みなさん、同じ目的のようで、サインをもらうために並んでます。


朝ドラの「半分、青い」は、まもなく最終回を迎えようとしていますが、こちらの方は全身青い。


通りすがりにすれ違ったこちらの方は、半分赤く。半分、青かったです。(ブレブレ)


場所は、上前津駅徒歩2分ぐらいのビル内にある、TOLANDさん。

サインも書いてもらいました!


本のタイトルは、破天荒フェニックス。


可愛いサインですね^ ^


もう一つサービスで、Letter pot の文字と絵。


ん?Letter pot?


ちょ、まった。

この本の著者ちゃうし!

オンデーズ社長ちゃうし!!


本書いた人でないのに、本人じゃない人が他の人の方にサインするってどゆこと?

しかもLetter pot って何!?

実はこの方、Letter pot(レターポット)というサービスのオーナー「きざきちひろ」さん。

この日の本当の目的は、そのレターポットを広める為の会議で集まってます。


もともとこのレターポットというサービスは、キングコングの西野亮廣さんが生み出した、信用を可視化するサービス。


で、レターポットとも関係なく、本の著者でもないんだけど、なぜかちひろさんは、この本を12冊もカバンに詰め込んで歩いている。

めちゃくちゃ面白い本だからという理由で、人に勧めるために、こんな分厚い本を12冊も持ち歩いていました。

…てなわけで、女性にそんな重いものを持たせてはいかんと、レターポット会議に参加した名古屋メンバー、全員お買い上げで完売(笑)

名古屋のレターポットメンバー、でら最高すぎるがね!!


もちろんこの後、レターポットについて、あーしたら面白そう!こうしたらもっと色々な人に使ってもらえそう!と、アイデアが出まくってました。


VRを使った広め方についての、プレゼンまで用意されてた!すごー!!


年齢もバラバラだし、色々な職業の人がいて、それぞれの個性を生かして、アイデアを自ら発表しあえる環境ってやっぱり見ていて気持ちがいい!

このレターポットもそうだけど、やっぱりみんなが共通理解して楽しんでるものがあると、お金とかじゃなく自然と動きたくなるんですよね。


ここのオンラインサロンって、小さい頃に遊んでた公園みたいなんです。


あそこの公園行けば、友達は誰かいるし、大人数で遊ぼうと思ったら、同じ公園内にいる知らない子らや、兄弟とか混ざったりして仲良くなったり。

公園のオーナーいなくても、勝手に遊び方考えたり、公園ルール破って池から落ちたりして、大人に叱られたり(笑)

西野さんは、その公園でもっと楽しんでもらうために、次から次へとコミュニケーションが広がりそうな遊具を開発してくれる人。


あ、作られた遊具というより、自然な木みたいなものに近いかな^ ^

そこで登ってみたり、隠れてみたり、ダルマさんが転んだしてみたり。


このレターポットも、そんな未完成なものをどういう風に楽しもうかって、固い頭の大人達が真剣に考えるわけだから、よけいに面白い。

なんか、そんな昔の公園みたいな場所が、オンラインサロンという場所で成立してる感じなんですよね。



話がオンラインサロンにぶっ飛びましたが、今このレターポットを、大学生の就活とか、企業の求人募集にも活かせないかなとも考えてます。

まーまたこの話は長くなるので追い追い。

皆さんもレターポットって面白そーって思ったらぜひ使ってみて下さいね。

こんにちは、水野です。

昨日は、ISD個性心理学の講演会を名古屋で開催。


講師は、ISD個性心理学協会の代表理事(代行)でもある南光先生。

20年以上も前から、この学問の素晴らしさを世の中の人に広めようと、全国250講演以上回られています。

南光先生は、もともと芸人をやっていた事もあり、

自分と相手の違いに、悩んだりストレスだった事が、笑いに変わるような、爆笑講演会です^ ^

初めて講演会を聞かれた経営者の社長さんも、大爆笑されてました(←これは面白すぎる!って即受講される事が決まりました)


職場や家庭で、相手とうまく円滑なコミュニケーションを取ろうと思って選んだ言葉が、相手を知らず知らずに傷つけてしまった人。


言わなくてもいい事を言ってきて、傷ついた事がある人。


人間関係でストレスになる時に、よくある話ですよね。


でもこれって、どちらも悪気があった訳ではないんです(中にはそうでない人もいますが💦)


しかし、自分と相手との明確な違いが分からない事で、合わない人という差別をしてしまいます。


でも本当は、合う合わないではなくて、

原因が分かると「あ〜だからか〜」って、自分が受け入れられるように変わっていくんです。

だからこそ、自分と相手との違いを知る必要があって、ISDによって、自分らしさとは何かを知るきっかけになってもらえたらと思います。


初めてISD講演会を聞いた方の感想








たくさんのご感想、ありがとうございました!



こんにちは、水野です。

昨日、ゆめのたねラジオの収録へ行ってきました。




実は、ついこないだゲスト出演させて頂いたばかりだったんですが、またまたこの方に呼んで頂きました!



そして今回は、ゲスト出演ではなく。

川添さんの番組に来て頂いた、ゲストの方の診断をするといった立ち位置での登場^ ^

ゲストに来て頂いたのはこの方。



たくろうさんとは、はじめてお会いしたのですが、優しさの中に、とても熱いものを感じる方です。

放送中に、生歌も披露して下さったんですが、透き通る声に、力強さがあって、鳥肌がたちました。

パーソナリティーの川添さんも、はじめて生演奏を聴いた時、嗚咽がでるほど涙が止まらなくなってしまったんだとか。


たくろうさんのこれまでの生き方も本当に熱く。

今、目の前の壁にぶつかって、少し立ち止まってる人に、ぜひ聞いてもらいたいですね。

めちゃくちゃ勇気がでると思います^ ^



今回のOnAirは、10月毎週月曜 朝6:30〜7:00に視聴できます。

番組名「曲がりくねった道も素敵じゃない?」


こんにちは、水野です。

3連休最終日は、朝から近くの公園でのんびり過ごしてます(^^)

天気も良く、風もあって気持ちー!


3連休といっても、特に遠くに出かける事はなく、どちらかというと近場でのんびり過ごす派です。

飲食業をやっていたので、平日休みに慣れすぎて、混んでる所にいきたくないからかも(笑)

皆さんは、3連休どのように過ごされましたか?

「うちの旦那、連休なるといつも家でゴロゴロしてるんです。」

「うちなんて、すぐどっか行っちゃって、家の事ちっともやってくれないんですよ。」

「家族で遊びに行っても、疲れて帰ってきて家事やるのはいつも私。」

もしかして、この3連休で、余計にストレス溜め混んでいませんか(⌒-⌒; )

実は生年月日からも、あなたが休日にリフレッシュできる方法が分かります。

でもまず大切なのは、パパにも家事をやってもらう方法を知る事。

パパから積極的に家事をやらせるには、まずは家事に関心を持たせる事が大切です。

人の個性には、それぞれ大切にする事の優先順位というものがあるからです。

例えば、ゲーム感覚が楽しめて達成感を味あわせると、家事に積極的になる人。

一緒になって家事をやらせたり、人に喜んでもらえる事で、家事に積極的になる人。 

気分でやったりやらなかったりする人(笑)

パパの個性を知って、うまくのせてあげる事で、自らが進んで家事を取り組むようになりますよ(^^)