羽衣つたえ隊

静岡県立大学国際関係学部の教員と学生が、自ら制作にかかわった能「羽衣」の絵本をつかって、羽衣のお話を子どもたちに、国内外に広めていく活動です。


テーマ:
みなさん、こんにちは!
羽衣つたえ隊メンバー 3年の白鳥です。

6月12日
以前ご紹介しました、長谷川浅生様が、今回は藤枝市立西益津小学校にて読み聞かせをしてくださるということで、私と、鈴木先生、つたえ隊メンバーの川口さん、西田さんと一緒に、見学にお邪魔させていただきました!

私は、実際に読み聞かせをきく子供たちの様子を見るのが初めてでしたので、この日をとても楽しみにしていました。



読み聞かせの前に、まず長谷川様から三保の松原のお話が!生徒の皆さんにとっても身近な場所なのでしょう、興味津々で聞いていました。


そして読み聞かせが始まると、皆さん食い入るようにお話に集中して聞いていました。印象的な場面があると、隣のお友達と互いに顔を見合わせたりしている子達もいました。

今回、小学3年生のクラスにお邪魔させていただいたのですが、始めは小学3年生には少し内容が難しいところがあって大変かなと思っていました。しかし!全くそんなことないですね。最後まで集中して聞いてくれて、感動してしまいました。



読み聞かせが終わると、長谷川様が用意してくださった歌詞カード(これがまた綺麗な絵と一緒に書いてあって素敵でした✨)を見ながら、長谷川様のオルガン伴奏に合わせて、生徒の皆さんと羽衣の歌を歌いました!

皆さん初めて歌うようでしたが、どんどん声を出してくれて、数回の練習のあと、私たちも含め、みんなで合唱しました。私は中学生以来の合唱で、とても楽しかったです^ ^
そして、生徒の皆さんは元気いっぱいで素敵な歌声でした。




最後に、生徒の皆さんに印象に残ったシーンを聞きました。

「白竜がやさしくなったところ!」

ある男の子が、白竜が疑ったことを悔い改めて、天女に羽衣を返すシーンを挙げてくれました。
この「やさしくなった」という言葉が、とても純粋で素敵ですよね。
こんな素敵な感想を直接聞くことができた、それだけでも、今日来て良かったなと思いました。
こうして、今日のことが少しでも子供達の心に残ってくれたらいいなと思います。



また、私は今回読み聞かせをしてくださった長谷川様と静岡県立大学で同じ授業を受講しています(もちろん鈴木先生の授業です✨)。
身近に同じ気持ちをもって活動できる社会人の方がいることは、私たち学生にとって、とても貴重な経験ですし、大切にしたい繋がりだと感じました。機会があれば、またお話を伺いたいです!この場を借りて、改めてお礼をさせてください。ありがとうございました。

今回、実際に羽衣のお話が新しく誰かに伝わっていく瞬間を目の当たりにし、さらにつたえ隊の活動への意欲が湧いてきました!!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。