銀行員の資質

テーマ:

こんにちは、税理士・資金繰りコンサルタントの萩原です。

 

先日、顧問先のお客様が設備投資資金を借りたいとのことで、

試算表をとある金融機関に提出しました。


その試算表を見て担当の方は

「銀行員が好きそうな試算表ですね」 とおっしゃったとか。


いわく、「経営者であればもっといろいろ(悪さを)できるでしょうに」。

 

・・・。


顧問先のお客様は

「そんなことをしていたら、いざ業績が悪くなった時に貸してくれないでしょ?」


はい、お客様の圧勝。


なんで「真面目に経理されてますね!」とか、

「これなら融資もスムーズです!」とか言えないんでしょう?


我々税理士や会計事務所の職員が顧問先の帳簿をチェックする時、
「これはプライベートな支出ではありませんか?」と指摘をするのに

どれだけ勇気を振り絞っているのか、ご存知ないのでしょうね。

 

場合によっては、

「友人の会社では経費にしてもらっている」などの反論を受け、

顧問契約解除になる可能性も覚悟した中での指摘なのに。


就職戦線が圧倒的な売り手市場になっている今、

金融機関とはいえ資質を疑ってしまうような職員が増えています。


前回のブログにも書きましたが、一行取引を避けるのは、

質の低い担当にあたってしまった時への備えでもあるのです。

 

 

萩原会計事務所