先日・・・

テーマ:

ミニッツのカード数年にわたり貯めていたのが9枚になって京商にカードを送った。

景品の名前はK賞

ほんとにこれがほしかった

なぜなら・・・・・・

 

フジウラさんのクロさんリンク付Cカーと交換してもらう貢物

更に銀モーターも付いてくる。

やっとGP走らせれる。

きのう、フジウラさんと魔○○死さんのGPを初めて運転させてもらった。

うーん、握りすぎw

そして、とっても速---い  きもちいーーーーい  早く自分ので運転したーーーーーい

でも、2台乗らしてもらって車って好みで全然仕上がりが違うのを改めて認識した

ニュートラルで自分を持っていかないといけないのも再認識

まだ、まだ、速くは走れる人間にはなってないし足りないことだらけなんで慢心、おごり、昂ぶりは自戒、自戒

早く来ないかなー K賞

リンクのグリスはどれぐらいが自分にマッチするかなー 楽しみ

AD

やっと完成

先月中旬から作り始めてたXray。

1ヶ月以上かかってやっと出来た。

なんか、僕みたいなのが組んでもFサスアームがスルスルパタパタでキャスターが左右勝手に

寸分の狂いもなく組めた・・・さすが高いだけはある。

取敢えず 備忘録として基本のセット書いとこ(デフォルト取説通り)

Fキャンバー -1.0

Fキャスター 5.0左右

Fトー +1.0

バンプステア ナックル上3.0ワッシャー 1G状態でほぼ水平(デフォ)

仰角 5.0(デフォ)

車高等ワッシャー サスアーム上 0.5 ナックル上1.3 ナックル下 0.2

Fリバウンド 0.2

F車高 タイヤ41mmの時 3.7

Rリバウンド 1.0(ここはそれよりも縮めれないのでダンパー内に詰め物が必要っぽい)

R車高ワッシャー 左右1.0

R車高 タイヤ42mmの時 3.5

やっぱり、元の組成がいいのでほぼ考えることなく車高やリバウンドが来てるね

まーある人からバネもほぼ変えないで走るんで腕を上げなさいとの指令が来てるんで

バネもあまり変えません。

リバウンド設定とタイヤ径、車高、グリップ剤をメインに走る練習をして行こう。

取敢えずモーターもyokomo M 3(無負荷4.0A) プルトニウムV3(無負荷3.3A)でじっくり

やってみる。

あーでも、ちょっと忙しくてボディーが出来てないなー

最近は僕の塗師itto氏が依頼多すぎて自分でとうふ塗らないといけないのが憂鬱だ

でも、カットとかもっともっと精度出す練習にもなるんで塗ってみよう。

 

AD

魔○○シさん

テーマ:

昨日は、ラジ天でフジウラさん、うおさん、魔○○シさんとのんびりしながらミニッツをした。

いろいろ、話や修行を付けてもらいながら、雑談をしたんだけれど

ぼくは、基本的にラジコンを含めドMな部類に入ると自分でも思うw

しかし、魔○○シさんは昨日の話を聞いているとドドドーーーーS

プロポのハンドルに詰め食い込ませて指の形を付けてみたり

ハンドルをビキーンと切って曲がれー 曲がらんと許さんかったり

アクセルをバイーンと入れて滑るなー 縦に蹴るだけ蹴れーだったり

ここでは、書けないワァーオンと効果音なりそうなことだったり

でも、あんなことやこんなことをいろいろ話して面白かったw

また、お願いします。

ドMより ゲロー

AD

面白いミニッツ

テーマ:

昨日は、ラジ天に行きフジウラさんが面白い試みのミニッツを製作されていて運転させて頂いた。

構造としてはフリクションプレートでのロール規制とロールスピードの制御をフリクションダンパーでの前記述の制御。

感想は・・・

すごくいい

Tバーでのピッチング及びロール面圧制御は変わらないのだが、

無駄な規制が掛からずフロントの切れて向きが変わるのをリアがまったく邪魔しない。

オンザレール状態

僕が運転していたのは少しチューブのグリスが固めだったんでロールスピードがあってなくてインリフト気味で失速はしていたとは思うが、でもこれでもすごく走りやすい

僕は、メインカテは1/12でいつもミニッツは少し特殊な運転をしないと走らせられないと感じていた。

それは、カテによる運転方法がリンクしてなので逆に1/12を運転すると動きすぎると言う方もいると思う。

でも、このミニッツはかなり近い動きになってミスが減る。

年寄りなんで運転が切り替えられないんだねw

フジウラサンにちょうだい頂戴攻撃をしてしまいましたw

うーん、ほんとに欲しい

XRAY X12 2018

のんびり作っているX12 2018

途中、ロアアーム、サスブロックをフルパワーでネジ切ったりしながらも、キットとしては組み上がった。

でも、すっごーく樹脂パーツが硬い

どこで打ち止めなのかわからないくらい手前の状態でかたくなってきて、もう一廻しするとズルッとなめた感じ。

それで本来樹脂パーツをフルタップするとゆるゆるになってネジロック打たないといけない状態になるのだが、XRAYはフルタップ打ってもかっちりしまる。

どんだけ硬いいんだ・・・

しかし、作り終わってみると、芯精度がすごい精密

いままで、気にしていたリア軸の円心精度とかホイルつければ勝手に来るしー

これはクラッシュやパイロン乗りしても絶対ズレそーにない

一つ一つのパーツに理由があるのだが、それが人にやさしい車なんだねXRAYは

作り込んでいくときにあれしないと精度こないとか

これしないとガタまみれとか

ここだけは社外品いれないといけないとか

こんなの一切ない 純正を当たり前に組むだけ

走るかどうかは腕次第

言い訳できない環境は出来てきたね

後は一番苦手なメカ積みとウェイトバランス

まー急いでないしゆっくりやろうw