1052人の編集者が惚れた著者の最新刊です。

テーマ:

あかん!

 

 

本日のめぐりがよくなる本は

女性の膝ばかりが気になって気になって

別のところのめぐりが良くなってしまう・・

 

 

そのような本ではありません(笑)

中谷彰宏さんの通算1052冊目の著書です。

 

商業出版の場合、世の中にはゴマンと企画があって

それが出版社や編集者の元に届きます。

まずは編集者が惚れる企画でないと商業出版への道は険しい。

編集者が惚れた企画でも、出版社の営業サイドで

ボツになる企画もゴマンとあります。

そして出版されたとしても、書店が少なくなっているなかで

多くの本が数日書店に並べられて返本の運命となります。

 

そんな厳しい世界で1052冊です。

1人の編集者が複数冊、編集されているとしても

中谷さんに惚れた編集者がのべで1052人いるわけです。

 

逆にいえば、中谷さんの本を読まれてその良さや魅力が

発見できないのであれば、自分の眼はフシ穴か?と疑っても

いいと思います(笑)

 

冒頭に「この本は、3人のために書きました。」とあります。

 

1.色気を出そうとしたら、いやらしいと言われた人。

2.色気のお手本がまわりにいなくて、色気がわからない人。

3.おじさんではなく、大人になりたい人。

 

では、ちょっと気になったところをピックアップしてみましょう。

 

・「いいね」を集めようとした時点で、マジョリティーに

入っていきます。みんなと同じようにすると「いいね」と

言われます。みんなと違うと「死ね」と言われます。

違いを恐れていては、色気は出ないのです。

 

・まずは、自分の好きなものを信じることです。

何を自分の神様に持ってきてもいいのです。

それがその人の自信になり、色気になっていくのです。

 

・他者から何かをしてもらおうと思うと、ハリは生まれません。

他者に何かをしてあげようと思う時にハリが生まれるのです。

仕事を通して職人的な生き方をしていくことで、自由と

開放感を得られます。

他者から何かをしてもらおうと思っていると、束縛と閉塞感しか

生まれません。

 

・話したいと思っている上司の話は、部下は聞きたくありません。

 

・色気のない人は、「これをしたら得、これをしたら損」と

すべてムダなく生きています。損得の軸できっちり分けているので、

わけりやすいです。お金のために生きている人は、簡単につき

あえるのです。好き嫌いで生きてる人はなかなか手ごわいです。

損得の放棄が色気になるのです。

 

・「色気のある人」と「詐欺師」には自信があります。

「一発逆転を狙う人」には自信がありません。

この自信のなさを詐欺師がだますといおう構造になっています。

詐欺師は、人をだますために、コツコツしています。

そうしないと、だませないからです。

一発逆転を狙う人は、コツコツが嫌いです。

 

ページをめくるたびに、ハッとさせられたり、うなったりと、

中谷彰宏ワールド全開です。

 

 

by カエレバ