凍結胚盤胞移植 判定後の話し | ダメ嫁ポチ子の不妊漫画 ~まさかの不妊治療~

ダメ嫁ポチ子の不妊漫画 ~まさかの不妊治療~

はじめましてポチ子です

2014年から
不妊治療始めました

現在も治療中です

素人丸出しのイラストですが温かく見守って下さい


テーマ:













凍結胚盤胞移植の陰性判定を受け



また

採卵からやり直しとなります。



生理が来たら

すぐ採卵の周期に入れるようで

「都合の良い周期の、生理3日目に来て下さい」
と言われました




クリニックを出て

「美味しいモノを食べよう!何が食べたい?何でもいいよ!」と

旦那が明るく励ましてくれるので

食事をしてから帰る事にしました




悲しくてもお腹が減る…



“悲しくて食事が喉を通らない”という人も多くいらっしゃるのに



落ち込んでいる時でも

食事を『美味しい』と思う自分のタフさに驚きました






でも


どうしても


この陰性判定後すぐの生理で

採卵に取りかかる気持ちになれなくて




不妊治療治療をする環境にも

治療が出来る事自体も恵まれているのに


何を弱い事言ってるんだろう。とは思いつつ






少しだけ

体外受精を休憩する事にしました。





旦那に

「少し休んでいいんじゃない?」と言ってもらえて


少し

ラクになった気がします





ポチ子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス