不妊の原因を探す | ダメ嫁ポチ子の不妊漫画 ~まさかの不妊治療~

ダメ嫁ポチ子の不妊漫画 ~まさかの不妊治療~

はじめましてポチ子です

2014年から
不妊治療始めました

現在も治療中です

素人丸出しのイラストですが温かく見守って下さい





(情報が間違っている場合もあります)






ずっと気になっていた

『エンドトキシン検査』


不妊治療をされている方のブログで見かけて

「え?何その検査?!」っと思い、色々と調べ




もしかしたら…

ワタシの子宮にもエンドトキシンが…?!

っと思っていました。





エンドトキシンとは


グラム陰性桿菌という細菌が死んだ時に
その菌体の細胞膜成分がエンドトキシンという毒として残ります

頚管粘液のバリアをくぐり抜け、子宮にバイ菌が入ることもありますが
子宮内は白血球や抗体により無菌状態に保たれます

ですが

バイ菌は死滅しても、それがグラム陰性桿菌だった場合
エンドトキシンとして子宮内に残ってしまい
強い毒素で受精卵を死滅させたり
着床の妨げになっている可能性があるという。


そのエンドトキシンが子宮内にどのくらい溜まっているか

それを調べる検査が

『エンドトキシン検査』です

(⇧自分で端折ってまとめたモノなので正確な情報なのかは曖昧です)





もっともっとザックリ言うと



『子宮に毒素が溜まってませんか?』という検査




エンドトキシン検査で陽性の場合は

抗生剤などで治療していくそうです。





ちなみに

“欧米の有名不妊論文で話題になった検査”
という事らしいのですが


色々調べていると


『エンドトキシンと不妊は関係ない』
『不妊に繋がる根拠が無い』と

お仰るお医者さんも多いようです。

(不必要だから検査をしない病院が多い。という説もあり)


実際
ワタシが通っていたクリニックでも

エンドトキシンの『エの字』も出て来なかったので…




結局


エンドトキシン検査を“している”クリニックの方針を信じるか

エンドトキシン検査を“しない”クリニックの方針を信じるか


どちらを信じるかは

患者次第になっているようです…





今ワタシは

2度の移植が陰性判定で

転院の初診待ちで治療もなく

リセット(生理)直前




これは


エンドトキシン検査をやってみるのに“この上ない”タイミング…




せっかくなので

トライしてみます。