「武士の子育て」 | 「葉隠徒然」hagakure tsurezure by hidezo
2008-09-19

「武士の子育て」

テーマ:「葉隠覚書」oboe gaki


松永義弘訳 原本現代訳 「葉隠聞書第1-85」より
(尚、栗原荒野翁 校註「葉隠」においては「葉隠聞書第1-86」

「武士の子は、武士の子らしい育て方がある」

まず幼いときより勇気をつけ、かりそめにも脅かしたり
騙したりしてはならない。小さい時でも臆病の気が
あることは、一生の疵(kizu)になる。

 世の親は、無思慮にも、雷をおそろしがらせたり
暗がりへも行かないようにさせ、泣きやませようとしても
怖がることをなどを言ったりするのは、もっともよくないことだ。
 
 また、幼いときしかりすぎると、おどおどした子になる。
更に悪い癖をつけないようにしなければならない。
悪い癖にそまってしまってからでは、なおらない。

年齢によってだんだんに挨拶の仕方、礼儀作法を習わせ
欲心などを起こさないようにし、その他、育て方次第で
普通の生まれつきなら、立派に成長するものだ。

 また、仲の悪い夫婦の子は、不孝者に育つという。
もっともなことだ。
鳥獣でさえ、生まれ落ちてから、見たり聞いたりして
成長していくものだ。

 さらに、母親が愚かで、父と子の仲が悪くなることもある。
母親は、ただ理由もなく子を可愛がって
父親が意見すれば子をひいきして子の肩をもつので
その子が父にたてつくようになる。
母親の浅はかな考えから、将来を見込んで子を見方するからである。


世のお母さん達が聞いたら気分を悪くされるかも知れませんが
「葉隠聞書」にはこんな事も書いてあるのです。
でも、時代は変わっても変わらない教えでもあると思います。

羞恥心のつるの剛士さんが「オーラの泉」に出演した際に
こんな様なことを言ってました。

「自分の両親はもの凄く仲が良く、それを身近にみて
幸せに育ったので自分も親となった今それを第一に
心掛けて子育てをしている」


それを聞いた美輪さんも絶賛してました(^-^)/
たしかに尤もなことですね。

そんな自分はこの聞書を読んでから
夜なかなか寝ようとしない子供に対して

「早く寝ないとお化けがでるぞ~~~ひゅ~~~」

って言うの 止めました (^▽^;)

よい週末をお過ごし下さい。
週明け月曜日の夜は「あんどーなつ」最終話です。


葉隠壱七壱六 九拝

hidezoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス