「端的只今-tanteki tadaima」 | 「葉隠徒然」hagakure tsurezure by hidezo
2008-05-23

「端的只今-tanteki tadaima」

テーマ:「葉隠覚書」oboe gaki
「葉隠聞書」からの抜粋。

「端的只今(たんてきただいま)の一念より外(ほか)はこれなく候(そうろう)。
一念一念と重ねて一生なり」…人生は、「今」現在の一瞬に徹して生きるという一念、つまり「端的只今」が大事である。一瞬、一瞬の積み重ねが一生である。ここに気がつけば、右往左往することもなく、他にもとめるものもなし。この一瞬を大切にして生きるのみである。
人々は、そこのところをほったらかして、他に何事かありはしないかと探し求め、悟る人はいない。 
一瞬一念の覚悟を守り、失わないようになるには年功をつまねばなるまい。
しかし、一度その境地にたどり着けば、常日頃は忘れたようにしていても、
その境地から離れることはない。
一瞬一念が、全生涯を決定するということをよくよく理解すれば、その人の人生は安定し
かつそこに忠節もそなわるものである。-「葉隠聞書第2-17」

まさに「一日一生(いちにちいっしょう)」ですね。
毎朝目が覚めた時が生まれた時であり、夜眠るときが死ぬ時である。
だから朝目が覚めたときに「命」の有り難みを感じる事ができる。

「あ^^~~~今日もまた生まれてきたぞ~~~神様仏様ありがと~~~今日も一日がんばろ~~~」
って毎朝思う人もなかなかいないかもしれませんが(笑)
そうやって起きると毎日が新鮮に感じられるのも事実です。

その日限りの命と思って「今」を大事に一生懸命生きていれば「明日からはきっと」
とかのばしのばしにしていることもなくなり日々の「後悔がない」

「いつかはきっと」と思っていることも一念一念の積み重ね。
その為にはそれなりの努力と実行が伴わないとだめだし、重い腰を奮い立たせるのも自分次第
今この一瞬からでも思っていたことを行動に移せば物事は少しずつでも変わるはず・・・。

ここに一筆申しおき自分自身への戒めとし候

「日々感謝」-合掌

hidezoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス