● 耳鼻科から学んだ事


こんにちは。



古賀雄大です。


=========

【無料メール講座】
『自分の本音に気づく習慣を作っていく5日間』

まず自分の本心に気づく事が自分らしい人生の一歩だと思います。
自分らしく軽やかに生きれるきっかけになればと思い作りました^ ^

詳細はこちらから
https://www.reservestock.jp/subscribe/79201

=========
 

 

僕は、耳掃除をしてもらう時間が昔からとっても好きです笑
なんとも言えない心地よさがあります。



溜まってなくてもしてもらいたいくらい笑



でも、最近奥の方に溜まってしまっているものが気になり始めたので、
この前何年かぶりに耳鼻科に行って来ました。




で、見てもらった結果溜まっていると思っていたのですが、
溜まってなかったのです。



ただ、綿棒で耳掃除をしたせいで、
奥の方の皮膚が傷つきいてしまっていたようです。





で、そもそも耳垢って取らなくてもちゃんと自然と出るし、
犬や、猫などの哺乳類は耳掃除をしないように、
人間だって掃除をしなくてもいいのに、日本人は耳掃除をしすぎる人が多いんですって。



やるとしたら2週間に一回程度、入り口を少しやればいいくらいなんだと。






なのに、なぜ耳掃除をしすぎる人が多いかというと、
小学校のときの耳鼻科検診で、
先生に「耳垢がある」って言われて事ありませんか?



それって、

 この人の耳には耳垢があり鼓膜の所見(中耳炎・穿孔・奇形など)を診察出来ませんでした。

って事で、

 耳掃除が医療行為になるからその場ではできないので、ちゃんと耳鼻科に行って診てもらってね。

という意味なんだそうです。



僕の場合は、その説明を聞いていないのか、されていないのか、

 耳垢あり

だけが印象に残っていて、耳垢が溜まる人間なんだって思い込んでしまっていたんです。



しかも先生が耳を見た瞬間「うわ…」みたいなことを言っていた記憶があり、余計に笑


今回病院に見てもらったおかげで自分の思い込みが間違っていた事に気づけました。






で、何が言いたいかというと(前置きが長い)、
こういう思いこみって他でもしてしまっていると思うんです。



今回耳垢の件だと、
「たまたま」その時に耳垢が多かっただけだった。


でも、「うわ…」のインパクトが強すぎて、
そういう人間って自分が捉えてしまっている。



他にも、


 話が下手とか

 喋るのが下手とか

 人見知りとか



何かの出来事が強烈に自分に印象を与えてしまい、
他人からは気にならないのに、
自分だけがそう思い込んでしまっている事があると思います。

 

 

 

 

(この記事とっても面白いです)




だから、
自分への思い込みを疑ってみるのもいいんじゃないかなって思うんですよね。



そもそも自分の中には色々な自分がいますから、
なりたい自分を演じてみるのもいいのではないかなって思います( ^∀^)

 

 

 




 

 



(沐浴の時は顔が険しくなる)
 

 

 

 

=========

このブログはリンクフリーです。
断りなくリンク、転載、リブログしてください。

コメントやメッセージも大歓迎です。
※頂いたものは勝手に公開してしまう可能性もありますので、希望されない方はその旨をメッセージに添えてください。

今日も最後までお読みいただき
本当にありがとうございます。

古賀雄大

=========
 
▶︎募集中のイベント
【オンライン版】自分らしく生きる一歩を踏み出すお茶会  
 ・12月20日(水)13:00〜15:00

【12月23日(土)】自分らしく生きる一歩を踏み出すお茶会
 ・12月23日(土)13:00〜15:00
 
▶︎無料プレゼント
【無料メール講座】『自分の本音に気づく習慣を作っていく5日間』
【無料メルマガ】古賀雄大メールマガジン
   
▶︎古賀雄大とは?
プロフィールはこちらから
 

読者登録もお待ちしています。
読者登録してね

AD