疲労の犯人は…ではない。 | 波動的しあわせ生活ブログ

波動的しあわせ生活ブログ

IHMこと、株式会社アイ・エイチ・エムがお勧めする製品のご紹介ブログです。


テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

ストレスフルな現代、お疲れの方はたくさんいらっしゃると思います。年末近くになると忘年会だなんだと、参加イベントも増えて夜遅い帰宅が続いたりする一方で、ビジネス的にもお金が動く時期でしょうから忙しさも増して、よりお疲れがたまる状況ではないでしょうか。盛り上がって集中しているときは、その疲れはホルモン分泌によって一時的に隠れていますが、ふと気を抜くとド~ンと恐怖の疲労大王が降ってくる年齢を経れば「経る」ほど、疲れは「減る」どころか増えるばかりで、その蓄積によって下手すれば、まさに「Hell(地獄)」の様相をかもしだす場合もあります。

 

大人の4割は慢性的な疲労に悩んでいるそうですが、もはやそれが当たり前のようになってしまっている方々が多いのではないでしょうか。ストレスは自覚できるもの以上に無自覚な領域に影響を与えているものですから、疲れがなかなか抜けないのだろうと思います。 

  

この状況を打破するには、心身の調整能力を上げることで乗り切ることができるでしょう。と、このように展開するとCBDの方へいってしまうのですが、今回はそうではなく、生体システム活性そのものは大変重要である前提のもと、疲労の物質的な原因の方に目を向けてみたいと思います。

 

疲労の原因と聞くと、ある物質の名前が頭に浮かびます。

「乳酸」です。「乳酸菌」とは全然違います。ヒドロキシ酸という物質です。少し前までこの乳酸は「疲労物質」と失礼なレッテルを張られていました。疲労は、乳酸が生成され起こるとされていた「常識」は今ではもろくも崩れ、むしろ、乳酸は「疲労回復物質」であり、疲れを緩和してくれる物質だと分かったのです。これは医学的、生理学的に分かった事実です。人は筋肉を動かしたりするときに、エネルギー源として糖、グリコーゲンやブドウ糖が使われる際に、代謝されつくられる物質で、疲労そのものとは実は因果関係はないそうです。

 

ここからは推測になりますが、疲労を回復してくれる乳酸も、ある程度の範囲で生成されていれば本来の働きをみせてくれるのでしょうけれど、それが過度に生成されすぎてしまうと、酸ですから、違う部分を酸化させる働きが生じてしまうのではないかと思ってしまいますが、ホメオスタシスの働きによって上手くコントロールされているのでしょう。この乳酸、特に脳神経系のエネルギー源となったり、筋肉疲労を抑えてくれる実は有難い物質なのです。

 

さて、疲労の犯人は何か、話を戻したいと思います。

疲労の犯人は、みなさま、ご存じ、「活性酸素」。現在の学説的見解。

 

先ほど糖を代謝し、グリコーゲンなどのエネルギー源を使う際に、乳酸が同時に生成される、というお話をいたしました。その際、実は別のモノもこの時生まれています。それが「活性酸素」です。活性酸素はいつも悪者にされてしまいますが、免疫の働きのなかで、ポジティブな重要な働きをしてくれるのが本来の?姿。です。「過ぎたるは及ばざるがごとし」がこれほど当てはまるものはないだろうと思える存在です。

 

心身の抗酸化システムが及ばなくなるほど活性酸素が生じてしまうと、今度は活性酸素の悪魔の面が顔をもたげはじめます。悪いことに、そういう場合こそ、身体を酷使したり、脳を使いすぎたりした結果ですから、調整能力がダウンしてしまっています。それで、増えすぎた活性酸素は、太り過ぎた(失礼)彦●呂さんのように「疲労状態は活性酸素のデ●ニーランドや‼」と、有難くない大活躍をしてしまうことになります。細胞や神経細胞が傷つけられてしまうのです。脳にも大きな影響を与え自律神経などへ余計なことをしてしまうのです。

 

これを回避するに、内側からのアプローチはCBDの働き、体内の活性酸素をコントロールする生体システムを活性化させます。一方、外側からは優秀なスカベンジャー(活性酸素を除去するもの。沢山あるがビタミンCやポリフェノールなどがこれにあたる)を摂ること。優秀なスカベンジャーとしては、いろいろ抗酸化物質(栄養素)はありますが、活性酸素の種類によって対応種類が異なるので、オールマイティなものがベター。

 

そこで、括目したいのが「水素が消えない水素水」です。一般の水素ガスが充填してあるものは、封を開けると水素は気化してしまいますが、これは水素がお水と一体化して特殊な分子構造で溶け込んでいるもの。はっきりいって全然違うモノ。だから心身の隅々まで消えることなく、分子構造的に安定したくて暴れている活性酸素に安定の材料である水素イオンを届け、自らはお水となります。今のところ知る範囲では、ホンモノの水素水はこれだけではないでしょうか。

 

このアイテム、活性酸素の除去に関しては即効性が非常に高いので、健やかな新年を迎え、コンディションを整えてスタート、その後もフォローということなら非常におススメです。CBDでシステムを整えつつ、これを利用していれば、かなり元気に貢献できると思います。相乗的な一種促進剤となると思われます。疲労回復のスピードが違ったり、その他にもCBDの働きと実は共同的に働くので様々なポジティブ結果がのぞまれます。ストレスに対抗する大きな武器ともなるからです。「疲れた時にこの一本」といったものより、本質的なケアができます。結局は気分レベルで終わってしまうよりは、本質的で実効があるものを選んだ方がお得ですよね。

 

疲労、老化、美容、生活習慣からくる不調、メンタルを外側から中へサポート

プロトンの恵み

 

NASUBIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス