波動的しあわせ生活ブログ

IHMこと、株式会社アイ・エイチ・エムがお勧めする製品のご紹介ブログです。


テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

今回は、表題にある「黄金比」を皮切りに図形のチカラについて書いてみようと思います。

 

 

黄金比は、黄金分割という考え方で生まれる比率配分の法則ですが、黄金分割というのは、辞書によると以下のように書かれています(大辞林)

 

「一つの線分を二つの部分に分けるとき、全体に対する大きな部分の比と、大きな部分に対する小さい部分の比が等しくなる分け方。大と小との比は約1.6181で、古代ギリシャ以来最も調和的で美しい比とされた。

 

むむっ。よく分からない…。という方もいらっしゃるかもしれませんが、

以下の図でいえば、一番大きな四角形の底辺(これを一つの線分と考える)の比率を

絵のように11.618で分けると、そのバランスが自然の法則に則って一番美しいとされている、ということです。この比率はこの部分だけに見出されるのではなく、よくよく観察してみると縦軸にもありますし、マトリョーシカのような構造になっていることに気がつくと、その中にもありますよね。

 

 

この黄金比は、銀河系の形、太陽系の形、台風の形、植物の花の形、有名なところではアンモナイトの形、いずれの中にも存在している法則です。いわば宇宙法則の反映したデザインということになりましょうか。

 

たとえば絵画の世界でも、この黄金比は基本とされており、美しい絵画には、全体のレイアウト、各対象の配置、各サイズなりに反映されています。黄金比は、様々なところで応用されているものです。同時に、人の意識にも、この比率を持った形は「美しい」と誰もが認める力をもっているからこそ、この法則が認められているのであり、意識のセンサーに働きかける何らかの力をもっているのです。形が、です。いいかえれば、形がもっている、生み出す、「波動」があるからではないかと思われます。(科学的には証明されていないと思いますけれど)

 

一方でこの形は、無限に続けることができる「らせん形」をしていて、宇宙の星系などもその形を描くことで、何らかの波動、エネルギーを得ているのかもしれませんね。

 

蛇足ですけれど、

宇宙にはまだ詳細が解明されていないダークエネルギーなるものがあるそうですが、重力に対する斥力(反重力)などもその仲間かもしれないと想像します。

 

※参考 斥力を発揮するムー(物質)の結晶モデル図形

 

 

 

宇宙の創造活動を根本で支えるエネルギーが、陰陽、プラス・マイナスが拮抗しているゼロポイント、時代劇の関所のような場を通り、次元間を行き来している、といったことをどこかで読んだことがあります。この世は3次元、物質世界といわれ、ご存じのように4次元、5次元、さらにもっとと、多次元が存在していると考えられています。

 

例えば他の次元からこの3次元にそのエネルギー(当初の純粋なものからは周波数から何から変節を経ているかもしれません)が入り込むとき、右回りでこの次元に現われるそうです。一方この次元(3次元)から多次元もしくは高次元にエネルギーのらせん回転は左回りだそうです。

 

このようなエネルギーの次元間の流れによって、この世が存在しているのかもしれません。

 

普遍的な法則性が反映していて、さらに「らせん」状の働きがある図形というものは、何かしらの周波数もしくは波動を帯びていて、何らかの作用があるように思われます。黄金比が創り出すものが、素の良い例です。ここでらせん状というのは、立体的であったり、見た目平面的であったりしても、相似形が連なったり、重なりあったり、フラクタルな形状をみせていたりすること、すべてに当てはまるだろうと考えてみました。

 

そう考えると、以下の図系も何も良いことは起こしそうもないですが、少なくとも「錯覚」という作用を発揮します。これも形の力です。脳がその図形をみて混乱を起こすのでしょうが、見方をあえて換えれば、その図形から脳に混乱を与える波動がでているともいえるのではないかなと考えるからです。

 

 

たとえば、ピラミッドも立体ではありますが、図形によってデザインされたものであり、わかりやすく、うねりのある「らせん」は見いだせなくとも、その立体形自体が底辺から一定の比率をもって頂点へ絞られていく形状の中にその要素が隠れているのではないでしょうか。ピラミッドは四角錘ですけれど、それを円錐に置き換えて考えてみると分かりやすいかもしれません。らせんぽくなりますよね。クフ王のピラミッドなども、地面に立って眺めると四角錘ですけれど、真上から見ると、正方形が底辺が一番大きい正方形で上段になればなるほどサイズが小さくなる正方形の重なり、マトリックス状もしくはフラクタル(相似形の多層構造)になっていると思います。これはエネルギー集積作用に優れたあり方です。このようなものも「らせん」の延長上にあるものと考えるのです。

 

 

 

というように、そのような形(イメージできるかと思いますが)を知識&知性ある方々が見出して、いろいろな神聖なる建物や芸術などにデザインされています。意匠デザインなどにも見受けられます。いわゆる、神聖幾何学というものです。

 

その中でも有名なのは、

時の陰陽師、安倍晴明が好んだとされるペンタグラム(五芒星)。米国、国防総省の建物の形もそうです。またヘキサグラム(六芒星)などはダビデの星とか別名いわれ、伊勢神宮の灯篭にも刻印されていた(最近その刻印は見せないように、取り壊したりされているようです。何かあるのかしらん、と思ってしまいますね。逆に)のもこの形。

 

先ほどのエネルギー集積作用と六芒星=六角形の形の作用が合わさると、たとえばこんな形が出来上がります。図形の中心に意識を置きつつ、視野を外側の縁へと広げてみると何か感じませんか。何も考えないでボーっと捉えるのがコツです。空間の歪みみたいなものや、奥行き、もしくは何かのバイブレーション。脳の錯覚だって、立派な働きかけがあって起こっているのです。いずれにせよ、その方の意識のあり方に共振するので、疑問符をつけながらそれを行えば、疑問符なりの共振が起き、それが現実されます。逆説的にいえば、信じようが、信じまいが、「起きるべきことが起きている」のです。確実に。その方の意識のベクトルに沿った形で起きているのです。

 

 

個人的には、水の結晶が波動を帯びていて、何らかの影響を意識に与える、と考えられるのは、以上のような背景もあると思われます。

 

こういったものは、このほかにもたくさんあります。また、チベットなどの神聖なる力を持っているとされる図形デザインはヤントラといわれ、それらも上記の延長上にあると思われます。(こちらについてはこのページをご覧ください。)

 

しかし、最終的にはその形の力を、「力」にするのは、人の意識の力だろうと考えます。

 

意識の発信による入力?もしくは作用があって、初めてその形の力(形自体の力)が「有効に」出力されるのではないかと。その形と共振すること、という意味です。

 

黄金比など、宇宙、自然はいたるところに力の素を描いてくれていますが、それが認識できないと、もしくは意識をむけなければ、共振は起こらず、働きも不十分、もしくはそれ以下に。スピリチュアルグッズに多く存在する神聖幾何学図形、以上のような視点で眺められたら少し「認識」が変わってくるのでは、と思っております。(※ここではあくまでも純粋な形の力に焦点を合立ており、グッズの素材の力はまた別です)

 

 

意味ある形が生きている製品はコチラにあります。

図形についてこの記事より突っ込んだ記事も載っています。

 

 

また、こちらは、知る人ぞ知る、多層構造魔方陣の「共振」の方法内容です。

意識の深層に多局面において共振を起こす図形の応用製品といえましょう。

 

 

 

 

 

※‼‼‼※こちらの製品も黄金比が反映しています。

 

 こんな長くなって最後まで読まれる方っていらっしゃるのでしょうか(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

TVの報道などでみなさまもご存じのことと思いますが、TVドラマで小料理屋の女将の役としても人気のあった女優さんが、あろうことかドラマの役柄の反対の立場になってしまいました。

 

自分で使っていたのか、知人の男性のもので、自分のものではないのか、真偽のほどはわかりませんが、これで麻のイメージがダウンしてしまうことは必至です。その後もいろいろと新事実がでているようです。

 

問題となるのはTHCという精神作用がある成分であり、CBDにはその作用は一切ありません。これは薬理学的な研究においても明確になっています。

 

害があるとされているものと、害どころか有益なものがいっしょくたにされるのは、避けなければなりませんし、非常に残念に思います。ですが、これを逆にチャンスととらえましょう。

 

確かに、こういったサプリメントは、薬事法や医師法の法制があるので、製品をご案内する際にはそれらを守らなければなりません。

 

CBDとその製品について、限られた範囲であっても適切な情報を発信できれば幸いです。

 

現在の流れも必然であり、結果的にはポジティブな意味があることだと考えます。

 

そのような中で、

昨日、IHMオフィス近くの東京、中央区産業会館にてCBDをテーマにした水曜会が開催されました。内容はCBDの勉強会です。

 

 

講演者は、IHMがおすすめしている製品の原料メーカーの代表でいらっしゃる川満氏にお願いいたしました。

 

この講演では、波動ライフというカタログやWEBサイトではお伝えしていない、様々なCBDの働きについて具体的な例を挙げてお話しいただき、参加者の方々も理解がグーッと深まったようです。

 

 

また、このCBDの研究者である昭和大学のS教授も飛び入り参加され、研究の動機、目的、現状、未来について専門家らしいお話をいただきました。「日本人には日本人に適応するCBDを」このスローガンにおいて、講演者の川満さんとタッグを組まれ、いまでもよりクオリティアップを目指し、日夜研究活動をされております。その方から直接お話を聞けるというめったに実現しないこともあり、今回は大変貴重な会だったかと思います。

 

そのお二人も、今回の報道の件について、

「これは麻の本当のことを知ってもらえるチャンスである」と考えられています。

私もそう思います。

 

 

一般に認識されている「麻とはこういうもの」という思い込みに近いネガティブな面があることは事実と認めたうえで、CBDというTHCという物議を醸しだすものとは異なる安全で合法な別の成分が存在しているということ。CBDは世界中で膨大な基礎研究がなされ、薬理学上でも認められるポジティブな面もあることなど、それが私たちにどのような恩恵をもたらしてくれるかも含め、無害で人の役に立てる成分がCBDであり、これに集中する。

有害なものとははっきり一線を画す。政治的なことにも絶対加担しない。法を遵守し、適切な対応を旨とする。

そして、

純粋に日本人の健やかさの可能性を高める、このことのみに情熱を注ぐ。

 

そのようなお考えをあらためて語っていただきました。

 

会が終わり、最寄り駅まで参加された方をお送りする際にお話を少しうかがいましたが、大変喜ばれて満足な表情をうかべられていたのが印象的でした。

 

「知っているのと知らないのでは、全然違いますね。最終的には、あくまでも個人の選択ですけど、世の中に膨大な情報が流れている中でも、別格の情報ですよね。知る、ということだけでも、絶対、今後のためになりますよね。自分のアンテナに引っかかって、良かった」というようなお話でした。

 

一番満足げな表情をうかべていたのは、もしかしたらこの私かもしれません。

 

あらためて、ご参加いただいた沢山の方々に感謝申し上げます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

はてさて、「波動」という言葉でございますが、今節、皆様におかれましては、ことのほか馴染んで来られるようになられたのではと、存じます。

 

と、変な敬語で始めてみましたが、

 

このブログでよく量子力学などを引き合いに出して、背伸びして書いていますが、いわゆる私たちのいう「波動」という概念は、量子力学でいう波動方程式のなかの波動とは厳密には意味しているところのニュアンスが異なるようです。

 

ですが、量子力学でいう「光」を説明、記述する際の、

 

「光は、波であり、粒子である」

 

という部分の「波」に非常に近似値だと思います。

 

近似値というのは、波動には「意識(作用)」という要素も含まれていると考えるからです。

ですが、現象的あり方はとても近似値。

 

では、「光は、波であり、粒子である」という科学的、量子物理学上の考え方は、信頼に値するものなのでしょうか。

 

これは、1961年に始めて行われた、電子を2重スリットに通して行う「光の干渉」具合をみた「実験結果」から導き出されたもので、再現性のある事実であり、科学的論証がなされた結果です。平たくいえば、「ホント」のことです。「にわかには信じられないけれど、だってそうなんだもん。そうとしか結論できないんだもん。」という、その時実験を行った科学者の頭の中は葛藤があったと思われます(なんか想像すると面白い--)現象で起こってしまうのですから、認めざるを得ない。その結果です。

 

量子という超ミクロの世界では、この物質世界の常識とは違う現象が起きるようです。この物質世界って一体何なのでしょうね。

 

さて、この、光は、波であり、粒子であるということは、

IHM的には「光は、波動であり、物質でもある」という解釈になります。

ここで言及する心の余裕がありませんが、もっといえば、

「光は、意識でもあり、物質でもある(仮)」となりましょうか。

 

とりあえず、「光は、波動であり、物質である」ということは、

1934年に科学者のグレゴリー・ブライト氏と、ジョン・ホイーラー氏によって理論的に示されました。

 

2つの光子を衝突させたら、電子と陽電子が生成される。電子と陽電子は物質である。」

 

以上のような理論でしたが、実証は困難とされていました。

 

しかし、80年後、人間はスゴイです。

ロンドン王立大学(インペリアル・カレッジ・ロンドン)の物理学部のチームが、ついにその実証方法を考え出し、Nature Photonicsに論文を発表しました。まだ100%の確立までには至っていないようですが、後は実行のみ、道筋が見えた、そのようなところまではきているようです。

 

物理学者のRose教授は、このことに対し、公に次のようにいっています。

 

「イギリス国内に存在する技術で、光から直接物質を生成できると気がついたのには、正直私たちも驚いたよ。」「私たちは理論が専門なので、この理論を実行できる科学者に、今アプローチしているところです。」

 

記事タイトル:Scientists discover how to turn light into matter after 80-year quest

 

光は物質になる。

飛躍したいい方を恐れなければ、物質は光である。

 

これが実証的に現象として証明されれば、今の私たちのいるこの物質世界の実像と、私たちの認識がひっくり返りそうですよね。もう、それは、そこまで来ている感じです。

 

そうなると、光と物質と波(動)の関係性が、世の中に示され、真理の中の真理が目の前に現れることになるでしょう。

 

そうなると私たちの身体は、何?

光でもあるの?

そういうニューパラダイムが期待できますね。

 

だって、多くの方々は「直感」でそのことを既に認識しているだろうから、です。

 

100匹目のサル現象ではないですが、そうなれば一気に世界が変わりますね。

 

般若心経の空と色、この世は幻想であるという知見。

 

量子力学は、理論だけでなく、このことさえも実証してしまうかもしれませんね。

 

その時、私たちは、どうあるのか。

大変興味深いです。

 

その延長上において、

将来密接な関連性が期待できるのではと思える、こちらのニューパラダイムは、水が教えてくれます。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。