【1月19日-2】秦野市各地でのご挨拶!教員の労働問題について!! | 高橋まさかず「秦野を変える新しい風」

高橋まさかず「秦野を変える新しい風」

秦野市で38年間行政の現場を多岐にわたって経験し、
「ふるさと秦野づくり」に携わってまいりました。
今こそ、新しい市政の創造に取り組む力が必要です。
皆様方のご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。


テーマ:

こんにちは!

 

秦野市長選挙も終盤に差し掛かってきました。

秦野市各地を選挙カーで回り、高橋まさかずの思いを秦野市民

の皆さんに伝えさせていただいております!!

  

 

 

本日は以前、コメントで質問がありました秦野市の小学校教員の労働問題について、

高橋まさかずの考えを紹介させていただきます。

 

現在の学校教育は、子供のしつけや教育力の低下した保護者への対応、反社会的

な生徒たちへの生活指導や警察対応、学校行事や部活動への対応、文科省や市教委

の指示による煩雑な事務仕事の増大などで教員の負担が増大しており、教科指導への

十分な時間が取れていないのが現実だと思っています。

 

特別な支援を必要とする子供の増加や通常学級での受け入れにより、担任の気配りには

限界があること、能力別少人数編成には、差別であるとの保護者の反対があること、

教員数が少なく、個別対応や放課後の指導などができる状況にないことも承知しております。

 

そのため、教員個々の実践的な指導力向上のための施策、新しい学びを想像する

有効な機器やソフトの導入、個別支援や対応を充実するための人的支援策の推進、

先進校や地域から学ぶプロジェクトの施設など、教員の労働環境や教育水準の改善向上

に向けた施設を幅広い知見を集める中で積極的に推進していきたいと考えております。

 

 
<高橋まさかずHP> https://takahashi-m.jp

地域医療の充実・強化」、「中学校給食の完全実施」、「教育水準の改善・向上」、

小田急4駅周辺のにぎわい創造」、「新東名・246バイパスの最大活用」、

これら5つの誓い秦野市のトップリーダーとして実現します!!

 

<秦野市長選挙>http://www.city.hadano.kanagawa.jp/www/contents/1485491521952/index.html

  投開票は2018年1月21日(日)、期日前投票は2018年1月15~20日

 あなたの1票で秦野市を変えることができます!

 18歳以上の秦野市民の皆さん、秦野市長選挙の投票に行き、

 高橋まさかずに1票をお願いいたします!!

高橋昌和さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス