【1月17日-1】個人演説会のご連絡!中学校給食を任期中に実施します!! | 高橋まさかず「秦野を変える新しい風」

高橋まさかず「秦野を変える新しい風」

秦野市で38年間行政の現場を多岐にわたって経験し、
「ふるさと秦野づくり」に携わってまいりました。
今こそ、新しい市政の創造に取り組む力が必要です。
皆様方のご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。


テーマ:

こんにちは!

 

本日は「はだのじばさんず」前などで早朝よりご挨拶させていただきました。

 

また、昨日は大根公民館と鶴巻公民館で個人演説会を開催し、多くの方々に

高橋まさかずの思いを伝えさせていただきました。

多くの方々から応援のお言葉をかけていただき、誠に感謝申し上げます。

 

<個人演説会の予定>

以下の日時、会場で個人演説会を開催いたします。是非ともご来場ください。

 117日(水、本日)

            (時間)1630分~1730分 、(会場)渋沢公民館

            (時間)1830分~1915分 、(会場)堀川公民館

 118日(木)

            (時間)1800分~1900分 、(会場)本町公民館

            (時間)1900分~2000分 、(会場)東公民館

 119日(金)

            (時間)1800分~1900分 、(会場)JA本所

            (時間)1900分~2000分 、(会場)北公民館

 

 

 

<中学校給食>

本日は「秦野市で中学校給食の実現を目指す会」から質問がありましたアンケートへの

回答を紹介させていただきます。(1)~(7)の7つの質問がありました。

 

(1)秦野市の中学校完全給食について、任期中の実施を公約とするか。

     ⇒はい

 

(2)秦野市の中学校完全給食を実施する場合、検討対象とする方式は何か。

     ⇒自校方式、センター方式、親子方式、その他の方式

地域活性化、官民連携事業、NPO法人の活用等を踏まえた秦野版の

給食方式を考えていきます。

 

(3)秦野市で中学校完全給食を実施することにより複数の影響があるが、あなたが考える

優先したい(こういう給食にしたい)点を3つ挙げて欲しい。

⇒学校給食法に定められている7つの目標を実現する給食であることを大前提とした上で、

  次の3つをめざす給食像とします。

    安全・安心・安定の学校給食

・食の安全は全ての基本であり、学校教育全般にわたる安心に繋がります。

また、年間を通して計画的に安定した給食の提供が、食教育の充実を支えること

になると考えます。

    温かい給食

・冷たく冷えた米飯やおかずは生徒たちの食欲を減退させるだけでなく、食育の効果を

半減させてしまいます。

・秦野の小学生と同じように中学生にも温かい給食を提供できる小中一貫給食を

是非実現したいと考えています。

    地産地消の食材を活用

秦野産の食材に関心を持つことで郷土愛を育むことになるとともに、中学校における

キャリア教育につなぐ機会にもなります。

 

(4)中学校完全給食を実施するにあたり予算をどうするか、また工程や実施時期など具体的に

考えている点がありましたら記載して欲しい。

    予算

具体的な方式の検討に併せて必要な見積もりを行い、重点施策としての予算措置

を講じます

    実施に向けた計画、見通し

・ 市長就任後、速やかに中学校給食実施委員会(仮称)を構成し、具体的な方式、

予算、実施計画の策定に取り組みます

・ 準備期間を含め、すべての中学校9校が一斉に実施できるようになるには2~4年

を考えています。

 

(5)その他、子育て世代に向けて実現したいと考えている政策がありましたら3つまで教えて欲しい。

    地域医療の充実・強化

・ 秦野赤十字病院における速やかな分娩業務の再開

・ 同病院における小児医療やがん治療などの専門医療を充実・強化

    妊娠から出産~育児までを支援する「子育て世代包括支援窓口」の創設

    小児医療費の助成拡大(中学3年生までの医療費の無料化推進)

 

(6)子育て世代に限らず秦野市としてどのような市になって欲しいか。

  秦野は、私にとって魅力と可能性にあふれた自慢のふるさとです。

しかし、全国的に人口減少、超高齢化が急速に進む現在、秦野市でも、これまでの

「人口増加を前提としたまちづくり」から「持続可能なまちづくり」へと意識改革していくこと

が求められています。

     水と緑に育まれた大地、そして歴史と伝統の下に営々と築かれてきた文化を大切にした

夢や希望にあふれる「水とみどりに育まれた人にやさしい元気あふれる都市」を目指します。

 

(7)問6を実現するにあたって具体的に考えている政策は何か?

私の政策集「秦野みらいづくり構想2018」にお示ししたとおりです。 

 

(8)市民に一言

秦野を変える新しい風がこれからの秦野には必要です。

中学校給食は市の行政課題、重点施策として予算化するという決断をすることで実現できます。

秦野市にはこのように新しい風によりマンネリを活気に変えることができる課題がたくさんあります。

「秦野みらいづくり構想2018」へのご支援、ご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

<高橋まさかずHP> https://takahashi-m.jp

<秦野市長選挙>http://www.city.hadano.kanagawa.jp/www/contents/1485491521952/index.html

   「高橋まさかずの5つの誓い」をやり遂げるために、秦野市市長選挙に立候補はしています!

 高橋まさかずに任せてください!!

 投開票は2018年1月21日(日)、期日前投票は2018年1月15日~20日

高橋昌和さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス