デジタルとアナログの交差点 | I can・・・ はちやまのヒーロー塾☆

I can・・・ はちやまのヒーロー塾☆

「がんばる」ヤツこそヒーロー!
未来は自分の手で切り開け!


テーマ:

あよん☆

 

昨日は学習塾協議会いしかわの総会だった。

 

夜型人間なので、朝の活動は少々きつい(笑)

 

 

でも、天気もいいしドライブがてらに車を走らせる。

 

 

総会ではネット事業のことが話し合われた。

 

今はほとんどの人がスマホを持っているから、常時ネットにアクセスできる。

 

10年前にはなかったことだ。

 

 

ネットのことも考えていかないといけない。

 

 

 

僕は普段はネットにどっぷり浸かっている。

 

子どもたちのことは言えない。

 

会議中だろうがなんだろうがスマホ、タブレットを触っている。

 

 

 

わからないことはその場で即調べたいし、

 

欲しいデータは保存してあるし、自分の考えをまとめたものも記録している。

 

 

だからといって、ネットがあればすべてオッケーかというとそうじゃない。

 

ネットはネットの良さがあるけど、できないこともある。

 

 

 

 

いろいろ試して見たけど、アイディアを出す時とかは

 

紙とペンで書いていった方が自由でいい。

 

 

Apple Pencilの反応も書き味も悪くはない。

 

でも、アナログの紙とペンの方がアイディアが出る気がする。

 

アナログで書いたものはデジタルで取り込んで保存しておけばすぐに引き出せるし、アナログでも不便はない。

 

 

 

 

勉強スタイルも変わりつつある。

 

デジタルで便利になる側面もあるし、直接ダイレクトに会わないと伝えることができないこともある。

 

これからAIだのなんだのってテクノロジーが発達するとは思うけど、デジタルとアナログの超えれない壁はこれからも確かにあると思う。

 

人間の感性ってのはデジタルで表せないからね。

 

 

たとえば、僕はデジタルでもアナログでも絵を描くけど、

 

デジタルでも微妙な表現は可能になって来ている。

 

 

 

 

でも、実際にチョークで塗り塗りしている感覚はまた別の楽しさがある。

 

 

チョークで絵を描くと指が汚れるんだぜ(笑)

 

やり直しが効かないんだぜ(笑)

 

 

 

でも、その不便さが「面白い」と思うのも、人間ならではの感性かも。

 

 

 

デジタルには便利さと現実にできないことができる可能性がある。

 

アナログには味わい深さと未知なものを創出する可能性がある。

 

 

 

だからこそ、どちらもバランスを保ちながら使いこなしたい。

 

デジタルとアナログの交差点に立ちながら考えてみる。

 

 

 

 

あと、石川県受験生必携本。

 

『合格Navi Vol.1』(通称ナビ本)が出来上がった。

 

IMG_5161.jpg

さっそく受験生たちに配りたい。

 

 

欲しい人は「学習塾協議会いしかわ」の塾に入塾してね☆

 

手っ取り早い方法は「はちやま塾」に入塾してね(笑)

 

じゃ、ばいやい☆

はちやまさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス