いいだしっぺ

テーマ:

えー。はちたまごな生活言いだしっぺのめろんです。


いいだしっぺが書かないとまずいだろうということで、僕のバイト経験を…。


僕の最初のバイトは英検の試験官でした。


まあ、大体の方はお分かりになるんじゃないでしょうか?


用紙を配って、回収する。そんなお仕事です。

サークルの先輩に誘われてやってみました。

朝早かったので、先輩の家に泊まっていきました。

最初はすんごく緊張しました。僕に出来るのかと…。

ちなみにスーツでネクタイ着用でした。


朝早かったり、スーツだったりしますが、僕はこのバイトが大好きです。本当に…。

年に3回しかないのですが、

なんだろうな?

試験用紙を配って、回収するという一連の流れが大好きなのです。

昔先生になるのが夢だったから余計に。


試験を始めます。用紙を配ります。バイトなのに、夢気分です。


でも前回行ったら、役割が変わっていました。


自分自身落ち着ついてることが待つということが苦手なので、今回の役割はちよっと大変でした。

元の役割に戻りたい。とかおもいつつもこんな僕でもお役に立ってるのかなと思うと、うれしいかも。



でも複雑。かなり複雑orz



なんかね、好きなことをしたいけど、それを僕が我慢すれば、お役に立てるんならいいか。

と我慢していました。


給料をいただいて、雇っていただいてるので、お役に立てれば本望なんですが…。
でも、なんかなえてきました。

なんか、そのバイトに行っても、もう用紙配りはないんだなと思うと…。


あーあ。




もう、寝ます。

英検のバイト以外に、派遣バイト、某ハンバーガー店店員などの経験がありますが…。


また今度。

AD

プールの監視員を務めた大学1年の楽しい夏休みも終わりに近づき、そろそろコンスタントに仕事が出来るアルバイト先を見つけなあかんなぁと思っておりました。
そこで僕が応募したのは…













警備員。






警備員をやろうなんて思う学生はそんなにいないと思います。
大体、僕の周りの学生も、飲食店やら、商店やらでアルバイトしています。
そんな中で、なぜ警備員なのか。


僕は昔から警察官に憧れがあって、警備員ならそれと似たような仕事が出来るんちゃうかと思って、応募しました(保安業としては共通しているんですけど、実際働いてみると、警察官と警備員の仕事の内容は異なるものなのです。)


で、警備会社に電話してみたら、履歴書を持って面接に来てくれとのこと。


指定された日時に面接に行きました。
警備員という仕事、アルバイトとはいえ、採用に当たっては法律的な条件を満たしていなければいけません。
そのため、採用前には身辺調査が行われます。(実際のまともに行われているかどうかは知りませんが)




第3条
次の各号のいずれかに該当する者は、警備業を営んではならない。

1.成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの

2.禁錮以上の刑に処せられ、又はこの法律の規定に違反して罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から起算して5年を経過しない者

3.最近5年間に、この法律の規定、この法律に基づく命令の規定若しくは処分に違反し、又は警備業務に関し他の法令の規定に違反する重大な不正行為で国家公安委員会規則で定めるものをした者

4.集団的に、又は常習的に暴力的不法行為その他の罪に当たる違法な行為で国家公安委員会規則で定めるものを行うおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者

5.精神病者又はアルコール、麻薬、大麻、あへん若しくは覚せい剤の中毒者

6.営業に関し成年と同一の能力を有しない未成年者。ただし、その者が警備業者の相続人であつて、その法定代理人が前各号のいずれにも該当しない場合を除くものとする。

(以下略)

第7条
18歳未満の者又は第3条第1号から第5号までのいすれかに該当する者は、警備員となつてはならない。

警備業者は、前項に規定する者を警備業務に従事させてはならない

(警備業法より抜粋)






つまり、禁治産・準禁治産宣言者、自己破産をした人、前科がある人、暴力団関係者、精神病者、アルコール・麻薬依存者は警備員にはなれないのです。
また、18歳未満の人も警備員になることができません。

まぁ、警備という仕事の性質を考えれば当然の条件だと思います。


で、面接から数日経ってから採用の電話が入りました。

僕は見事に上記の条件をクリア(てか、クリアしてないと困るのですが)。
晴れて採用です。
しかし、これですぐに現場の第一線に立てるかというと、そうではありません。
新しく警備員になった者は、法律で「新任研修」という、新人研修を受けることが定められております。
4日ないしは30時間、この研修を受けないことには現場に出ることが許されないのです。
ということで、研修を受けることになったのですが、そのお話はまた次回。

AD

バイトの話ですね。


僕は大学1年の夏休みに、初めてアルバイトというものをやりました。


夏休み前、何かアルバイトをしたいなぁと思いながら、日々地元の求人広告を見ておりました。
そしたら、とある広告が目に付きました。
それは小学生の頃通っていたスイミングスクールが出していた広告。
内容は、市民プールの監視員の募集でした。


面白そうだなぁと漠然と思たので、応募してみました。



面接の結果…








即採用。
次の日から早速勤務開始。
制服は「○○市民プール監視員」とデカデカと書かれたオレンジ色のTシャツに、海パン、草履、赤いキャップ、サングラス(自前)です。
目立つことを優先としたデザインです。

仕事柄、スタッフは体育会系の人が多いです。
「~ッスよ!!」なんてでっかい声で陽気に喋る、ノリの良い爽やかなお兄さんがいます。
日ごろ、どちらかといえば文化系の人間と一緒にいる機会がおおいので、新鮮に感じました。



で、仕事内容はプールで溺れている人がいないか、プールサイドを走ったり、飛び込んだり、危ないことをしていないかを監視し、注意します。
1日中ひたすら監視。
屋外プールなので、真っ黒に日焼けします。


客層は殆ど小学生。
休み時間には小学生とプールで遊びます。これが楽しいんだなぁ(^^

子供好きにはたまらないお仕事でしょう。ただし、日焼けと暑さに耐えられるのが条件ですが…
炎天下で1日中働くので、死ぬほど暑い。
ですが、子供達の笑顔を見ると、遣り甲斐を感じます。
暑さと日焼けさえ我慢できるなら、夏の良い思い出になる、お勧めのバイトです。



さて、バイトを聞かれて「プールの監視員してます」なんて言うと、80パーセントの確立で「水着ギャルがいっぱいおるやろ?」と言われます。





はい、居ます。





小学生の水着ギャルがねorz


ギャルっちゅうより、女児か。



いやぁしかし、最近の小学生の中にはビキニ着てる子も居ます。
ビキニじゃなくても派手派手な水着を着てる子が多いです。
僕らが小学生の頃は、みんなスクール水着だったような…(田舎でしたから)

AD

ビックリ!

テーマ:

ぎょ!!なんか変わってるし!!



ビックリして耳が大きくなっちゃった!!






って、お前の耳は元から大きいやろ!!!と突っ込まれそうです。
福耳のすいかです。






バイトォ?

う~ん…



3職兼務してるので、どれから書いていいのかわからん(笑)



あっ、一応、警備員と講義の助手とハンバーガー店店員を掛け持ちしております。
警備員は始めてから2年やってます。講義の助手は本年度から。ハンバーガー店店員は先週から始めております(めろんちゃんに半強制的に入らされた!)。


警備員は、商業施設の駐車場の交通誘導とか、巡回、立哨(立って警戒すること)、監視等色々やってます。
講義の助手では、パソコンを教えています。
ハンバーガーの店員は、ご想像の通り、スマイル0円で「いらっしゃいませ」とやってるあれです。


詳しくは、次からお話いたしましょう。

趣旨・テーマ変更

テーマ:

えー、皆様こんにちは。

長らく更新されていなかったはちたまごですが、このたび趣旨、テーマを変更することにしました。


プログの趣旨がある程度、固まっていたほうが、更新とかやりやすいかなと思い…

思い切って趣旨やテーマをがらり変更することにしました!



で、早速ですが、今月のテーマは「バイト」です。

バイトにまつわるいろいろなストーリーを書いちゃってください。


ではでは。